今さらだけど「AirDrop」って何? 低リスクで結構儲かるって本当?

AirDropというと、人によってはiPhoneのファイル共有サービスを思い浮かべてしまう方もいるかもしれませんが、そちらのAirDropではありません。

こちらでご紹介するのは、仮想通貨のAirDropです。この仮想通貨のAirDropは少しだけウレシイ思いができるかもしれないサービスです。

さて、世間ではゴールデンウィークも終わりました。新生活にも馴染んできたので、ちょっと遅いかもしれないけれど、仮想通貨とかを親しんでみたいと思っている人もいるでしょう。

そのような人の中で、臆病で、資金も超少ないので、できるだけリスクを取りたくないという人は、このAirDropをもらうことからスタートしてみるのもおススメです。

AirDropをもらったりしているうちに、だんたんトレードに関する情報が入ってくるでしょう。そして、うまくいけば資金が少し大きくなっていくかもしれません。

では、ちょっと楽しいAirDropについて、ご説明します。

AirDropとは

AirDropとは、に無料で仮想通貨とかトークンとかコインと言われるものを配布することです。

このAirDropは、希望したら誰でももらうことができます。

といっても、AirDropが実際手元に入るようにするためには、少々、しなければならないことがありますが、特に難しいくないのが普通です。
少々面倒なくらいのモノが多いという感じでしょう。
無料でもらえるのですから、そのくらいの手間は当然といえば当然ですね。

実際には、登録して、Twitterをフォローしたり、リツイートしたり、いいねしたらもらえるとか、そのくらいの軽い手間くらいのモノが多いです。
少しずつ見慣れていって自分でいい物を見つけ出せるようになると、ちょっとよいことがありそうです。

AirDropをする理由とは

なぜ無料でお金に値するものを配るのかといますと、主な目的は宣伝効果です。

そして、少しでもホルダーを増やして、自分達の影響力を増すためです。

ホルダーが少なければ、発行者は自分達の影響を与えることができうる人数も少ないということで、ビジネスをするには効率的ではないからでしょう。

AirDropはどんな時に行われるのか?

AirDropはICO前に行う場合もあれば、ICO後に行う場合もあります。

また、ICOそのものを行わないで、いきなり上場するということもありますが、その場合、上場の少し前に配られることが多いようです。

上場後にすぐに価格が上がれば、とてもラッキーですね。

筆者自身も上場後の様子を時々見ていることがあるのですが、乱高下するモノもあれば、あまり変化しないものもあった気がします。

でも、間違いなく、上がっているコインもありました。

AirDropで手に入れてもぺんぺん草も生えないかも?

このAirDropをマメに拾っているうちに、大当たり出るかもしれません。

ただし、AirDropといっても、そんなに長い間連続して配布していないモノもおおいので、タイミングよく、良いAirDropを拾えればラッキーです。

なお、いわゆる「草コイン」といわれるものすごい安いコインしかもらえないことも多いですが、このようなコインは、時々、なぜか爆発したように値が上がることがあります。

しかし、「ぺんぺん草すら生えない」つまり、草コインにすらなれないようなコインもあります。

つまり、上場すらもできないコインもあります。その辺は「いとをかし」ということですね。

無料で手に入れたのですから、笑い話のネタにしましょう。

AirDropには危険性はないのか

AirDropには危険性はあるのかないのかといいますと、かなり安全な方ではありますが、ないわけではありません。

というよりも、危険では常にあると思っておいたほうが安心です。

まず一般的に危険なパターンを覚えてきましょう。

1.秘密鍵について聞かれたりする

秘密鍵は絶対に誰にも教えないようにしないといけません。
この秘密鍵について何か聞いてくるようなら、怪しいと思ってさっさと離れたほうがいいです。

2.個人情報

AirDropをもらうために、個人情報をかなり詳しく入力しなければならない時もあるかもしれません。

これはKYC(KnowyourCustomer)という、運営者にとってはユーザーについての情報を知っておくということになるので、当然のような気もします。

しかし、その運営者に悪意がある場合、自分の個人情報の多くを盗まれてしまうということになります。

ただ、なかなか見分けは付かないと思います。

AirDropくらいで危ない思いをするのはもったいないので、できれば、簡単にAirdtopをもらえるモノで慣れていったほうが安全です。

AirDropは稼げるのか

AirDropは稼げるのどうか聞かれますと、良いトークンなどをもらえれば稼げるでしょう。

といっても、ほんの数百円かもしれませんし、5桁以上になる可能性もあります。

可能性もありますというよりも、実際に5桁以上儲かった人も知っています。筆者はなんで教えてくれなかったのかと問い詰めておきました。

その人は「こんな銘柄、上がると思ってなかった」と言っていましたが、本当かウソかはわかりません。

ただし、草コインのままのものが圧倒的ではあるようです。

それでも、無料なのですから、あまりめんどうなことをしなくてももらえるのであればもらっておいたほうがよいでしょう。

そういうAirDropを見つけただけラッキーかもしれません。

AirDropはどこで見つけるの?

初心者の場合は、AirDrop情報はネット検索をして、実際に自分もAirDropをしている人のを参考にするのが手っ取り早いでしょう。

Twitterのフォロワーさんがたくさんいるインフルエンサーさんなどの情報も参考にしてみるのもおススメです。

あとは自分の判断になります。

TwitterにはAirDropについて、色々投稿しているアカウントもありますので、参考にしてみてもいいかもしれません。

AirDropをもらうために必要なもの

そのAirDropによって違いますが、一般的には以下のようなモノです。

  • メールアドレス
  • Twitterのアカウント
  • ETH(イーサリアム)アドレス
  • テレグラムアカウント

テレグラムのアカウントはいらないところも多いですが、これを持っていたら、運営者側などとコミュニケーションが取れるようです。

最初は難易度の低いものから挑戦し、まずはもらってみるとよいでしょう。

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea