ヒラタマイ一覧

ゲームと投資が同時に行える?Gamecashが気になる!

イーサリアムのスマートコントラクトシステムが採用されているため、効率的で迅速な資金の取引が安全に行えます。 通常ゲームの開発には開発費をまかなうために、まとまった資金やスポンサーが必要です。 順調に資金調達ができればいいのですが、中小企業やベンチャーでは資金面がネックとなって、計画が途中で頓挫してしまうという事も珍しくありません。 最近では、クラウドファンディングなどオンライン上で資金を集める手法もありますが、トークンを利用するメリットはどんなものがあるのでしょうか?

ロシアが国内初のブロックチェーン研究所を設立

ロシアの国営銀行であるVEBは、2017年9月に首都モスクワに国内初のブロックチェーン技術の設立を表明しました。 イーサリアムとExonumの専門家チームを迎え、ブロックチェーンについて本格的な研究をする予定なのだそうですが…このニュースには一体どういった意図があるのでしょうか。

ユニオンペイがIBMとブロックチェーンで特許取得

銀聯カードの名で知られるユニオンペイが、IBMとの共同研究によりブロックチェーン技術を応用し、ポイント交換プラットフォームの開発に成功したと発表しました。 中国人観光客が爆発的に増加した2015年以降、日本でも取扱店が増えたり、三井住友銀行をはじめとした有名銀行が発行して利用者は日々増えています。 今回はこの技術の詳しい説明と、今後の可能性について解説したいと思います。

【エストコイン】初のエストニア政府発行の仮想通貨は実現するのか?

何かと噂のエストコイン。 初の政府発行の仮想通貨は実現するのか?2017年8月某日、とあるニュースがいたるところで話題となりました。 それはエストニアが、政府として仮想通貨を発行する可能性があるという驚きのものでした。 このニュースはネットだけでなく新聞各紙でも伝えられたほどで、ちょっとした騒ぎになりました。 なぜエストニアが?なぜ驚きなの?という点をこの記事で詳しくご説明いたします。

イーサリアムから新登場するイーサリアムプラスって?

2017年8月15日にICOでリリースされるトークン、イーサリアムプラス。 最近は市場価値下落などのネガティブなニュースが目立っていましたが、起死回生の救世主となるのでしょうか。 イーサリアムベースのコインはこれまで数種類も登場しましたがそれら既存のものとの違いや、開発の目的などを分かりやすくご紹介できればと思います。

仮想通貨とトークンの違いって?

Tokenという英単語を直訳すると、記念品や引換券という意味が記載されていますね。 使われている界隈によってその意味は変わってくるのですが、仮想通貨においては代替貨幣という意味で使われています。 ビットコインなど決まった発行者がいない通貨をカレンシータイプと呼ぶのに対して、各種トークンなどの発行者がいる通貨をアセットタイプと呼んでいます。 つまりトークンという名前の仮想通貨があるわけではなく、少し乱暴ですが新しく作られた電子通貨がトークンであるというと分かりやすいかもしれません。