ブロックチェーンの銀行?DatariusのICOの概要

仮想通貨の経済市場が広まっていくにつれ、従来の銀行サービスでは対応しきれない部分も出てきました。
その中でICOやトークンでも、ビジネスを目的にしたものだけでなく仮想通貨自体の管理や銘柄同士を繋ぐといったものも徐々に増えつつあります。
今回ご紹介するDATARIUSも、そんなデジタル経済界を活発にするトークンとして注目を集めているんです。

Datariusってどんなトークン?

Datariusは仮想通貨を保有する人が安定した金融取引を行うために開発されたプラットフォームです。

イーサリアムのブロックチェーンを利用して開発したスマートコントラクトシステム/P2Pネットワークを利用して、効率的かつ低コストでデジタル界の銀行として利用できます。

さらにユーザーが自分好みにカスタマイズできたり、人工知能を利用して使用するたびに性能をあげることができることから幅広く注目を集めています。

さらに仮想通貨に投資をしている人だけでなく、銀行口座を持っていない人でも資産管理やローンなどのサービスを利用できる環境をつくることを目標にしています。

Datariusトークンの概要

ティッカー:DTRC
価格:1DTRC=0.01USD
ベース:イーサリアム
開催国:コスタリカ

となっています。
コスタリカは南米の観光立国というイメージが強いのですが、実はタックスヘイブンとして近年IT企業を中心に国外の企業を数多く誘致しています。

2009年にはフランスのメディアに「非協力的なタックスヘイブン」としても報じられたこともあり、企業側としてはとても心強い土地なんだそうですよ。
しかしコスタリカ周辺の中南米の国では銀行システムの不備や、移民問題などで銀行口座を持たない人が年々増加しているのでスマホで銀行業務を利用できたら大きなシェアを獲得できそうです。

もっとも、政府からしたらあまり喜ばしくない発展の方法でしょうが。

トークンセールのスケジュール

・プライベートセール

期間:2017年12月9日〜12日
レート:1DTRC=1USD
ボーナス:40%

・プレセール

期間:2017年12月12日〜12月31日
レート:1DTRC=1USD
ボーナス:35%

・トークンセール

期間:2018年3月5日〜4月5日
レート:1DTRC=0.01USD
ボーナス
1日目:30%
2日目:25%
3日目:20%
4日目:15%
5日目:10%
6日目以降:なし

ソフトキャップ:1,000,000USD
ハードキャップ:51,000,000USD

受付通貨:ビットコイン/イーサリアム/ビットコインキャッシュ/ライトコイン

となっています。
トークンセール時のボーナスは最初の5日で終わってしまうものの、受け付けている通貨の種類が多いのでイーサリアム以外の通貨を保有していてもすぐ取引に参加できるのが嬉しいですね。

Datariusのロードマップ

今後はトークンセール修了後の4月からオリジナルブロックチェーンの開発をすすめ、10月にはデモ版をリリース。
翌2019年3月にはモバイルアプリのリリースを目標にしています。

プラットフォームではシステム内でスマートコントラクト機能を利用できるだけでなく、小切手機能やウォレットのような預金口座機能を実装する予定です。

Datariusトークンへの期待

技術や機能面でも優れているだけでなく、批評家からも高評価をうけているICOです。
期待値が高いこともありプライベートセールやプレセールでは、期間終了を待たずに早々に予定分のトークンが売り切れてしまいました。
トークンセールでもボーナスが出る最初の5日間に注文が集中することが予想されますので、もし気になるかたがいればお早めのチェックをおすすめです。

DatariusのICOカレンダー

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。