Binanceの取引ペアでXRP/USDTを追加!利便性がさらに向上か

世界でも規模の大きい取引所、Binance(バイナンス)。バイナンスでの取引ではビットコイン、イーサリアム、バイナンスコイン(独自トークン)、USDTが使われています。

その中で今回、USDTの取引ペアにXRPが追加されました。今後の利便性がますます向上していくと考えられます。

Binanceについて

Binance(以下、バイナンス)は香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。取引量も世界で最大規模を誇ります。2017年7月に開設されたにも関わらず急成長を成し遂げた取引所でもあります。現在、取引画面は日本語非対応になってしまいましたがスマートフォンアプリもリリースされ手軽な取引が可能となっています。

バイナンスの特徴はまだまだあります。以下をご覧ください。

  • 取り扱い通貨の多さ
  • 手数料の安さ
  • ハードフォークへの対応

バイナンスではビットコインのみならずアルトコインの取り扱いが多く、その種類は100種類を超えます。まだまだマイナーなコインを保有しその後の価格上昇に備える投資が楽しめます。

また、ビットコインもアルトコインも取引手数料が0.1%と海外の取引所の中でも低い手数料となります。独自トークンのバイナンスコイン(BNB)での取引をすればさらに半額になります。

ハードフォークへの対応はビットコインになりますが、分裂したら保有しているビットコインに応じた新コインが付与されます。

ちなみに、香港の取引所=中国の取引所と連想するかもしれませんが香港は中国当局の影響を受けません。その点を勘違いして、中国の法規制を受けると思っている方もいるようです。間違った口コミでバイナンスも悪影響を受ける可能性はありますが、基本的に中国の法規制受けません。覚えておきましょう。

USDTとは

冒頭でも申したように、バイナンスでは4種類の通貨で取引ができます。その中に、USDTがあります。USDTは正確には「Tether(テザー)」とも呼ばれ、法定通貨とほとんど同じ価格をもつ仮想通貨です。

USドルを仮想通貨にしたものと考えればわかりやすいでしょう。法定通貨と同様の価値を持つことで、仮想通貨の避難場所として使い大事な資産を守ることが可能です。
さらに、テザーを使うと法定通貨とほぼ同額を安く、素早く送金できます。法定通貨の国際送金となれば手数料も時間もかかります。テザーは仮想通貨ですから、そのデメリットも克服できるのです。

取引ペアにXRP/USDTを追加するメリット

バイナンスでUSDTの取引ペアには、8種類ありました。そこに、XRP(Ripple、リップル)が追加されました。リップルは送金システムや決済システムに特化した仮想通貨で金融機関を中心に注目されています。

国内でも三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行などメガバンクも提携済み、もしくは提携を考えています。もちろん、国内だけではなく、海外の金融機関が提携しています。さらに、多くのユーザーが存在するアマゾンも提携するのではと噂になっていいます。リップルの存在を軽視できない現状になっているわけです。

リップル自体が将来性のある仮想通貨ですので取引ペアはさほど関係ないと考えるかもしれません。しかし、USDTでも取引がきるのはリップルの価格下落があっても法定通貨に逃れるリスク管理もできます。仮想通貨同士の取引になれば互いに悪影響が出る可能性もありますので堅実なトレードをしたい場合には重宝します。そういった意味で利便性は間違いなく上がったと言えます。

USDTを使ってトレードしてみよう

USドルと同等の価値を持つ仮想通貨USDT。価格変動の激しい仮想通貨において、安定した取引を可能にするコインです。リスク管理には適した仮想通貨ですのでトレードに使ってみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea