Bitmain等から約120億円出資されたCircle社、仮想通貨の未来に大きな影響を与えると一言

Circle社は仮想通貨投資アプリ「Circle Invest」の公開で話題となったり、大手仮想通貨取引所Poloniexの買収をしたことで話題となりました。そんなCircle社はBitmain等から約120億円の出資がされました。

Bitmain等からCircle社は約120億円の出資を受ける

Poloniexの買収や仮想通貨投資アプリ「Circle Invest」の公開で話題となったCircle社はBitmain等から約120億円の出資がされました。

Circle社は今までに世界的大手企業であるゴールドマンサックスやBaiduから支援を受けており、今回の資金調達で大手マイニングハードウェアメーカーであるBitmainを主導としたAccel、Blockchain、Capital Breyer、Digital Currency Groupなどの企業から約120億円の大規模な出資が行われました。

仮想通貨市場を毎年盛り上げている「コンセンサス2018」が今年もニューヨーク市で行われました。そこではCircle社のCEOであるJeremy Allaire氏と共同創設者であるSean Neville氏は今後Bitmain社のCEOであるJihan Wu氏と特別共同の発表を行いました。

Circle社とBitmain社は5年前から発足した企業となっており、Circle社はソフトウェアの開発にフォーカスをしており、Bitmain社は仮想通貨のマイニングハードウェアメーカーとして、マイニングハードウェアを専門にしている企業となっています。

またCircle社とBitmain社は仮想通貨やブロックチェーンが今後私達生活の一部に普及される未来というのがあると共有をしており、「仮想通貨の規制に関心を持っている方が多い中で、仮想通貨だけではなく法定通貨をトークン化して、仮想通貨と法定通貨の融合システムを構築していく」と明らかにしています。

更に「従来の送金システムというのはコストが高く、エラーが多い」とJeremy Allaire氏は述べています。

相互運用性を持つ「US dollar coin」プロジェクトの開始

Circle社は仮想通貨とブロックチェーンは「安全価値」を持っている媒体ではないとしており、Circle社は「CENTRE」という自社開発のデジタルウォレットを仮想通貨に裏付けて、法的に規制をすることが出来る相互運用性を持つ「US dollar coin」プロジェクトの開始すると発表を行いました。

「US dollar coin」が成功することによって「安定コイン」を作り、法定通貨のトークン化をすることで技術革新を高める予定としています。また今回の出資に伴ってCircle社は、今後「US dollar coin」のホワイトペーパーを公開する予定としており、2018年の夏に詳しい内容を発表する予定とされています。

まとめ

コンセンサス2018ではBitmain等からCircle社は出資をされました。またCircle社とBitmain社は、アメリカ国内ではなくグローバルなパートナーシップを目指して、世界の通貨に規制をかけて安全なコインを作ろうとしています。

またアジアのトレーダーもこの事業に期待をしていただきたいと発言をしていますので是非今回紹介させていただいたことを参考に、投資家の皆さんも新しい情報が入り次第、プロジェクトに参加をしていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea