ブロックチェーンがオンライン取引を新しいレベルに到達させる

近年、小売はますますデジタル化されています。

オンラインストアのシェアは日々増えつづけ、トップのオンラインストアは従来の小売チェーンよりもずっと稼ぐことができています。

調査会社Juniper Researchの予測では、2020年までにグローバルな電子商取引市場の規模は8兆ドルを超えることになります。
専門家はオンライン小売のシェアも着実に増加して行くと予想しています。

また、統計ポータルStatistaのアナリストは2018年にはインターネット貿易市場が2.7兆ドルに拡大し、2021年にはおおよそ4.5兆ドルになると統計ポータル考えています。
2018年末までに、約70%のユーザーがモバイルデバイスを使用してオンラインストアにアクセスします。
NASDAQ証券取引所によると、WalmartとTarget、米国の小売業の二つの巨人の時価総額は、AlibabaやAmazonのようなオンライン巨人に比べて、1000億ドル以上も劣っていると発表されています。
を持っている一方で、従来の小売業は多くの重大な欠点を残したままです。
例えば、限られた選択肢、仲介サイトの高いサービス料、生産者と購入者の売り手への依存などです。

このような状況の中で一番苦しんでいるのは、ユニークな製品を抱える小規模製造業者です。
また大手メーカーと競争するには資産や能力が不足しているのが現状です。
他方、民間企業の製品は、Aliexpressで大量に売られている低品質だが廉価な模倣品に劣っています。
まさに、板挟みの状況です。

多くの新興企業や初心者ベンダーにとって、クラウドファンディングキャンペーンが成功したとしても、ビジネスは最初の商品リリースで終わってしまうののが現実です。
生産を発展させるためのエネルギーも、資金も、時間もありません。
マーケティングと市場での促進を優先して資源を再配分しようとする場合、商品の品質が落ちることが散見されます。

購入者にとっても、この状況は有利とは言えないでしょう。
まず、選択肢は取引プラットフォームが必要と思う提供品のみに絞られます。
そんな状況で、独占的な製品を見つけることは非常に困難です。
それだけでなく、時には300%に達する小売業のマージンも受け入れざるを得ません。

しかしこの厄介な問題をブロックチェーン技術によって解決可能になりました。
生産者と購入者を直接結びつけ、仲介ネットワークの圧力を緩和する取引プラットフォームの作成によって可能にします。
販売のオンライン化は革命的なものでした。
そして今、ブロックチェーンは似たような革命を起こす可能性を持っています。

Hamster MarketplaceのCEO、Denis Bulavinは「今日、我々の前では、開発と発明のブームが起こっています。
その規模を理解するためには、新しいプロジェクトが毎日出てくるKickstarterに目を向けるだけで十分です。
しかし、そのプロジェクトのほとんどが遅かれ早かれ越えられない壁にぶつかってしまうのです。
それは、ビジネスの拡大と販売チャネルの構築です。
可能性あふれる良いアイデアの多くが、そうやって、模倣品と大手ベンダーの両方と競争できず、消えてしまうのです。
だからこそ、ブロックチェーンを元とするマーケットプレイスは市場にとって必要不可欠な解決策です」と発言しています。

分散型の市場は、どの生産者にも購入者を見つける機会を与えます。
しかも、支払いシステムと商品の配送システムの構築機能を、プラットフォームが引き受けるから、ベンダーが悩む必要はありません。
スマート契約と識別システムの適用は、売り手と買い手の肝心な信頼問題の解決法となります。
消費者はブロックチェーンに基づく取引プラットフォームは、通常のオンラインストアでは見られない多くユニークな製品を手に入れる機会を得ます。
また、仲介業者がいないので商品を実際の価格で購入することができます。

「市場の更なる発展に伴い、2018年にはブロックチェーンに基づく技術が開発されるだけでなく、すでに存在するソリューションが効果的に使用されるようになります。
ブロックチェーンは既にサプライチェーンで商品を追跡するために使われています。
さらにわずかな発展があれば、ブロックチェーンはより幅広く使用されるようになります。
特定の顧客のための広告マイクロキャンペーン、柔軟なアフィリエイトプログラムとボーナスシステム、ブロックチェーン記録の不変性によって偽物の排除などが提供可能になります。
」と、New Dawn FundのCIO でありExsulCoinの共同創設者であるCat Songが述べています。

Hamster Marketplaceは、分散型取引プラットフォームを作成するためにブロックチェーン技術を利用したプロジェクトです。
プラットフォームは、小型生産者のニッチインディーエレクトロニクスの販売に特化します。
将来的には、他のカテゴリーの専属製品により、マーケット・アソートメントを広める予定です。
プロジェクトのICOは2月19日から3月19日まで行われます。
合計で、1000万のトークンを発行する予定で、売れ残りのコインは、セールが完了した後に廃棄されます。
トークンはEthereum ERC20スタンダードに基づいて作成され、1コイン2ドルです。
Bitcoin、Ethereum、Rippleなどの一般的な仮想通貨でHMTトークンを購入することが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする