BMW、車両の走行距離記録を発表 -仮想通貨報酬システムの試験を実施

皆さんはBMWについてご存知でしょうか?

今回はBMWと仮想通貨について紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくように世界的有名な企業であるBMWの新しい事業について理解して頂けたらと思いますので是非最後までご覧ください。

BMWの新事業について

では早速BMWの新事業について紹介させていただこうと思います。BMWは仮想通貨ベンチャーの「ドーヴ」と共同で事業を実施することを発表しました。DOVと呼ばれるトークンを使った報酬システムによってドライバーが車両の走行距離を追跡するように促しました。

皆さんもご存知のようにBMWというのは車の有名なメーカーとなっています。そんなBMWはお金を稼げる分野であるとドーヴは指摘しています。皆さんの中には車を持っている方もいらっしゃると思いますが、車の走行距離によって車の販売価格に影響というのが出るわけです。

そういった中で走行距離というのは現在あるデータでは不十分であると強調しています。だからこそ仮想通貨を使った技術であれば、データを正確にまとめる事が出来るようになるという事です。

現在BMWの走行距離の追跡というのは燃料カードを使って行われいます。ドライバーが燃料を補給することによって、ガソリンスタンドで車両の走行距離を入力して保存、そしてレシートに印刷をするというシステムがつかわれています。

ですが、走行距離というのは数字の打ち間違いであったり、見落としによってデータが正確ではない場合があるわけです。そういった場合に今回紹介させていただいているようにBMWとドーヴの新事業で使われる仮想通貨によって正確なデータを計る事が出来るようになるということです。

また今回紹介させて頂いている新事業ノとーくんによる報酬システムというのはドライバーが走行距離のデータを手動で入力する必要があります。ですが、ドーヴのウォレットアプリがインセンティブとなって、決まった時間にスクショをとる事によって、記載されている数値が自動的に認識され、仮想通貨のブロックチェーンで保管することが出来て、データとしてまとめられるというのがあります。

またドライバーは画像を提出することによって毎回1DOVトークンを報酬として受ける事が可能となっています。またBMWだけではなくポルシェなども仮想通貨のブロックチェーン試験に施工しており、今後は仮想通貨を使った自動車メーカーというのも発展する可能性が高いというのがあります。

また皆さんもご存知だと思いますが、近い将来自動車というのも無人運転になる可能性が高いというのがあります。そういった時にブロックチェーン技術を使った自動運転になる可能性もあり、期待をしたいと思いますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしていただけたらと思います。

まとめ

今回はBMWと仮想通貨について紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨というのは自動車メーカーにも進出しているというのがあるわけです。色々な企業が仮想通貨のブロックチェーン技術を使っており、今後は新しい技術も出てくる事で事業というのは発展していくというのがあります。

また今回紹介させていただいたようにBMWとドーヴの新事業が成功することで、自動車の走行距離によって再販売の価格というのは的確な価値になるので、そういった点でも安心して購入することが出来るようになります。なので是非今回紹介させていただいた内容を参考にしていただけたらと思いますので是非参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea