Bitcoinを消滅させると別の通貨になる?最近流行りのPoBって知ってる?

Bitcoinを消滅させると別の通貨になる?最近流行りのPoBって何??

仮想通貨を増やす方法としてのマイニング。ビットコインを生み出す仕組み、PoWは多くの企業が参入するものすごい産業となってきています。一方で、マイニングという仕組みは、仮想通貨側から見れば価値を固定させる非常に重要な行為。そうした中で、現在価値のあるものを裏付けすることによって仮想通貨を生み出すというマイニング手段が開発されました。その名も「Proof of Burn」。ビットコインを消滅させることで、新しい仮想通貨の価値を生み出そうというこの仕組みは、どのような原理で作られているのでしょうか。

PoWやPoSにある根源的な問題点

PoW(Proof of Work)やPoS(Proof of Stake)といった、今までのマイニング方法は、先述したように仮想通貨の価値を固定化するのに非常に大きな役割を持っています。一方で、この仕組みには根源的な問題があります。PoWの場合はパソコンやマイニングコンピューターの演算能力が、PoSはその通貨の所有量が重要になってきますが、どちらも「初期の参加者や開発者が先行者利益を独占しており、その独占を続けている」という問題です。確かにBitcoinの開発には相当な苦労があったと考えられますから、大きな利益を上げることはあまり問題ではないでしょう。しかし、それがずっと続いているというのは不公平感が生まれます。つまり、PoWもPoSも、あるいはこれらに近いマイニング手段もすべて、後からの参入者に不公平感を与えてしまう仕組みといえるのです。

PoBの仕組み

PoBはこうした不公平感をできる限り失くすことを目的に作られています。PoBは、価値のある仮想通貨を使って新しい仮想通貨を生み出そうという仕組み。最初に導入したのはCounterPartyと呼ばれるプラットフォームでした。このCounterPartyは、トークンという形で小さな仮想通貨を簡単に生み出すことのできる仕組みを持っています。そこで、この小さな仮想通貨を生み出す際に、この仮想通貨の価値を裏付けるためにBitcoinを送ってもらおうという仕組みを作りました。「CounterParty独自のコインが欲しい人にはBitcoinを運営に送ってもらうことでコインを使ったことを証明し、この量に応じて独自コインを発行。Bitcoinの量が多ければ多いほど受け取れる独自コインも多くなる」という設計です。こうした生まれた仮想通貨をXCPと呼びます。
現在では、CounterPartyで小さな仮想通貨を開発するためには、このXCPを買って消費(≒Burn)する必要があります。XCPは最初に発行された総量以上には増えないので、小さな仮想通貨も、XCPやBitcoinの価値・価格に釣られるようにその価値を決定できるというわけですね。

PoBでBitcoinが消えると、Bitcoinの価格はどうなるのか

PoBが増えるとBitcoinの総量がなくなってしまうように感じますが、確かにBitcoinの総量はなくなっても、生み出された全Bitcoinの価格は変わらないだろうといわれています。例えば、100万BTCという量が存在し、これに100億円ついているとしましょう。つまり、1BTC=1万円ですね。ここで、10万BTCだけPoBしたとします。すると、量が90万BTCになるため、Bitcoinの総額は90億円と考えがちですが、実際のところBitcoinの価格は取引高や需要によって動くため、最終的に総額が100億円、つまり、1BTC=11,111円となることになるのです。これが自由な取引による価格決定メカニズム。まさに「神の見えざる手」です。
Bitcoinの価値が多くの人に知れ渡ったからこそできる、新しい価値創造メカニズムとしてのPoB。果たして2018年に作られるだろう数々の仮想通貨の主流となるのでしょうか。PoBによって作られた仮想通貨が注目されれば、PoBに紐づいているBitcoinの価格も必ず上がります。PoBが増えることで、さらに注目しなければならないものが増えることになるでしょう。2018年の仮想通貨市場も、プレイヤーにとってはまだまだ忙しいものになることは間違いありませんね。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea