ビットコイン一覧

仮想通貨による投資で既存サービスの矛盾を解消?

仮想通貨は通貨と呼ばれれているが、これまで金融資産などの購入に用いられることはあまりなかった。 しかしながら、仮想通貨の本来の強みは安い手数料とスピーディな決済であり、金融資産の購入に適した仕組みであるとも言える。 仮想通貨を使って、不動産投資信託(リート)などに投資を行うためのプラットフォームとして最近注目されているのが、Brickblockである。

Omniとは何か?

仮想通貨が今とても話題です。 しかし、仮想通貨の種類や数まですべて把握している人はいないのではないでしょうか? 現在、仮想通貨の数は数百にも及んでおり、新しい通貨が日に日に増えている状態です。しかも、今まで昔から存在していた通貨も、技術的にアッ プグレードなどして一躍注目通貨になるなどということも日常茶飯事です。そこで今回は、老舗通貨とも言うべきOmniについて調べてみました。この通貨は、歴史ある通貨として有名なのですが、2016年に高騰した、非常に面白い通貨です。

仮想通貨とトークンの違いって?

Tokenという英単語を直訳すると、記念品や引換券という意味が記載されていますね。 使われている界隈によってその意味は変わってくるのですが、仮想通貨においては代替貨幣という意味で使われています。 ビットコインなど決まった発行者がいない通貨をカレンシータイプと呼ぶのに対して、各種トークンなどの発行者がいる通貨をアセットタイプと呼んでいます。 つまりトークンという名前の仮想通貨があるわけではなく、少し乱暴ですが新しく作られた電子通貨がトークンであるというと分かりやすいかもしれません。

仮想通貨ショッピングの価格比較サイト誕生?

最近は買い物をする際にインターネット上で価格を確認し、一番安く商品やサービスを提供している業者を選んで買い物をする人が多くなっている。 特定の商品の価格を比較するサイトは日本でもお馴染みであるが、海外では仮想通貨を利用可能なお店を検索し、商品の価格を比較することができるサービスが登場している。その名は、「Ahoolee」である。

仮想通貨を担保にローンを借りられるサービスが海外で登場

日本では多くの銀行がカードローンビジネスに参入し、支店のATMでキャッシュカードだけで借金ができるところも出てきている。 海外はさらに一歩先を行っており、ビットコインなどの仮想通貨を担保にローンを借りられるサービスが登場しているのだ。 日本でも証券会社には似たようなサービスがある。

スケーラビリティ問題とSegwit

2017年も、仮想通貨の話題は尽きません。暴落したり高騰したりと、市場でも大騒ぎになっています。一方で、仮想通貨そのものの名前などは一般に浸透してきたようです。しかし、まだまだ、その仕組みについてはよくわからないことも多いと思います。今回は、仮想通貨最大の技術的難関と言われているスケーラビリティ問題と、それを解決できる手段となるかもしれないSegwitについて少し詳しく見ていきましょう。

仮想通貨会議「コンセンサス2017」がNYで開催

大規模な仮想通貨会議「コンセンサス2017」がNYで開催されました。 今回で3回目となりますが、開催日前から“仮想通貨全体が値上がりする”と注目を集めていました。 「コンセンサス2017」の開催前に主要な仮想通貨を買い求めた投資家、まだ1コイン100円にも届かない安いコインを買い求めた投資家、もうすでに保有していて値上がりを期待している投資家…多くの人が熱いまなざしを向けていました。