ビットコイン一覧

ビットコインはクレジットカードになれるのか?

ビットコインは決済時間が長すぎ? 2017年になって、日本の家電量販店が仮想通貨取引所と提携し、ビットコインによる決済を開始している。...

Netflixがビットコインを導入する…かも。

先日ビットコインが最高値を更新した事が大きなニュースになりましたよね。 その要因を作ったセグウィット(segwit)と今後実装されるで...

イスラエル最大手銀行がマイクロソフトと共同研究

イスラエル最大手であるハポアリム銀行はマイクロソフト社と協力し、ブロックチェーン技術を応用したプラットフォームを開発すると発表しまし...

【相場予想】BTC・ETH・NEO・OMGのチャート比較

BTC・ETH・NEO・OMGのチャート比較!気になる今後の相場は? 購入のタイミングを知りたいけど、投資を始めたばかりでサッパリわか...

タイでは証券取引委員会(SEC)がICOを奨励?

2017年になって一気に活発化したICOに関しての対応が、現在のところ国によって違うのが興味深いところです。そんな中、最近、タイの証...

ビットコイン・ジーザス!KISSのジーンシモンズの投資先って?

ロックバンドKISSのフロントマンでもあるジーンシモンズは、インタビューで仮想通貨への興味を示しました。 少しゴシップ的な内容...

猿でもわかる。1か月で約8倍も値上げしたNEMって?

2015年3月31日に公開されたNEMは、2017年3月にリップルと同じ時期に値上がりし、大いに注目を集めている仮想通貨の1つです。...

銀行が仮想通貨を嫌うのはなぜ?

銀行員は先が読めない? 私は2002年、2003年にニューヨークで働いていたことから、当時のアメリカの金融機関トップの講演を聞...

インドでブロックチェーンを利用した公共サービスの技術発表

2017年9月、インドでも有数の都市である、アーンドラプラデーシュ州は住民の個人情報を保護するための技術開発を発表しました。 ...

仮想通貨やブロックチェーンによる最近のロシアのデジタル経済事情

2017年に入り、デジタル経済界はかつてないほどの大きな規模に成長しました。 その影響は世界各国にまで及び、政府はそれぞれ対応に追われ...

ベトナムがビットコインを含む仮想通貨を公認へ

ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、2018年までにビットコインを含む仮想通貨を正式な支払い方法として認める方針を発表しました。 ...

メキシコ中銀の総裁は、ビットコインを通貨として認めない構え

8月末に、メキシコの中央銀行の総裁であるアグスティン・カルステンス氏は、ビットコインを始めとした仮想通貨を通貨として認めない旨の発言をし...

ビットコインでドバイの高級マンション買っちゃう?

2017年9月現在、ICOを行う不動産関連の企業は多いです。その流れで、日本で仮想通貨で住宅を買ったり借りたりするのがあたり前になる...

ビットコインは詐欺?それとも立派な通貨として今使う?

先週、あるビットコインの支持者が、「ビットコインは詐欺だ!」とJPモルガンの幹部が言った時に解雇されたとか!更に、その幹部はCNBCのニュー...

【PayperEx】少額でビットコインに投資したい人向けの新しいサービスが登場?

ビットコインの時価総額は三菱UFJに匹敵? 2017年9月に入り、1ビットコインの価格が史上初めて5,000米ドル(約55万円)に到達...

【hedge】乱高下しがちな仮想通貨への投資をヘッジするための仮想通貨が登場?

1ビットコインの価格が5,000米ドルを狙うところまで上昇しており、イーサリアムは2017年に入って40倍以上の高騰を続けるなど、メ...

【GoldMint】仮想通貨で金本位制が復活?

最近は、不換紙幣と兌換(だかん)紙幣という言葉が使われなくなった。 不換紙幣とは、金や銀などと交換することができない法定通貨のことである。 兌換紙幣は、金や銀などとの交換が約束されている法定通貨のことを意味している。 日本円はもちろんのこと、基軸通貨である米ドル、EU内で流通しているユーロ、世界最大の人口を持つ中国の通貨である元など、現在の主要通貨は不換紙幣だらけである。

【Dentacoin】国民健康保険がない社会で歯医者に行くときの恐怖を緩和する企業がICOで誕生?

2008年9月15日にアメリカの大手投資銀行だったリーマン・ブラザーズが破綻し、世界が金融システム不安に怯え ていたころ、私は外資系金融機関の東京支店に所属していた。当時私がいた会社のニューヨーク本部は天文学的な 損失を発表し、アメリカ政府から数百億米ドルの公的資金が注入され、金融恐慌の引き金になるのを何とか免れた のだった。

アメリカの不動産バブルを経験した元外資系金融マンがビットコインがバブルなのか考察してみた

2017年8月、1ビットコインの価格が史上初めて4,500米ドルを突破し、日本円でも50万円越えを記録し、大きな話題になっている。 ビットコインをはじめとする仮想通貨への投資で、1億円以上の資産を保有する「億り人(おくりびと)」と呼ばれる人たちも登場している。 2017年初からビットコインは4倍以上、イーサリアムは40倍以上に価格上昇をしており、仮想通貨の高騰ぶりを見て、バブルの予兆を感じている人も少なくない。 法定通貨とは違い、仮想通貨の場合は政府の規制がかかりにくいため、詐欺コインを発行したり、怪しいビジネスを展開する企業があっても確認が難しいという事実はある。

パーティハウスにいるモデルをいつでも見られるサービスがブロックチェーン技術で実現?

ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨決済サービスのメリットの一つとして、高い匿名性がある。 ビットコインなどは中央管理者がいない状態でシステムが運営されており、日本から地球の裏側であるアルゼンチンに送金手続きを行っても、送金者と受取人以外は決済の情報を知る方法がない。 仮想通貨が持つ高い匿名性という特徴を利用し、経済危機に陥った国や地域の富裕層が法定通貨を海外に送金する代わりとして、ビットコインなどの主要仮想通貨に資金を投入し、相場の上昇に一役買ったという説があるくらいである。