イーサリアム一覧

【GoldMint】仮想通貨で金本位制が復活?

最近は、不換紙幣と兌換(だかん)紙幣という言葉が使われなくなった。 不換紙幣とは、金や銀などと交換することができない法定通貨のことである。 兌換紙幣は、金や銀などとの交換が約束されている法定通貨のことを意味している。 日本円はもちろんのこと、基軸通貨である米ドル、EU内で流通しているユーロ、世界最大の人口を持つ中国の通貨である元など、現在の主要通貨は不換紙幣だらけである。

アメリカの不動産バブルを経験した元外資系金融マンがビットコインがバブルなのか考察してみた

2017年8月、1ビットコインの価格が史上初めて4,500米ドルを突破し、日本円でも50万円越えを記録し、大きな話題になっている。 ビットコインをはじめとする仮想通貨への投資で、1億円以上の資産を保有する「億り人(おくりびと)」と呼ばれる人たちも登場している。 2017年初からビットコインは4倍以上、イーサリアムは40倍以上に価格上昇をしており、仮想通貨の高騰ぶりを見て、バブルの予兆を感じている人も少なくない。 法定通貨とは違い、仮想通貨の場合は政府の規制がかかりにくいため、詐欺コインを発行したり、怪しいビジネスを展開する企業があっても確認が難しいという事実はある。

あらゆる仮想通貨の交換ができる取引所が遂に誕生?

現在、世界中で1,000以上の仮想通貨が存在していると言われており、その数はこの原稿が書かれている今、この瞬間にも増えている可能性がある(いろいろ調べているから、この記事を執筆するのに結構な時間がかかっているのよ、実は) 仮想通貨が増え続けている理由の一つに、インターネット上ですべての手続きが可能であるため、エンジニアやプログラマーが参入しやすいという背景がある。

ゲームと投資が同時に行える?Gamecashが気になる!

イーサリアムのスマートコントラクトシステムが採用されているため、効率的で迅速な資金の取引が安全に行えます。 通常ゲームの開発には開発費をまかなうために、まとまった資金やスポンサーが必要です。 順調に資金調達ができればいいのですが、中小企業やベンチャーでは資金面がネックとなって、計画が途中で頓挫してしまうという事も珍しくありません。 最近では、クラウドファンディングなどオンライン上で資金を集める手法もありますが、トークンを利用するメリットはどんなものがあるのでしょうか?

ブロックチェーン技術があればカジノがなくてもギャンブルを楽しむことができる?

私がニューヨークで証券外務員になるための研修を受けていた時、担当していた講師が面白い人で、彼が話していたことをいまだによく覚えている。 投資で利益を上げられるケースというのは、「運か、偶然か、インサイダーの3つしかない」そうだ(あくまで、その講師の意見ではあるが)。 株式投資や外国為替証拠金取引(FX)で利益を上げ、巨万の富を築いた人のブログが人気になったり、投資手法などが書籍になって書店に積まれていることがあるが、その陰には多くの損失を被った投資家がいるはずである。

サトシ・ナカモトの夢を叶える仮想通貨が遂に誕生?

日本で仮想通貨と言えば、ビットコインの知名度が圧倒的であるが、海外では仮想通貨としての評価としてイーサリアムやリップルの方が高いケースがある。 新しい仮想通貨を提供している業者の中では、イーサリアムのプラットフォームを利用するところが多く、ビットコインのプラットフォームを使っているところはあまりないのが実情である。

イーサリアムのカンファレス「devcon3」が開催決定!ETH/JPYの相場に影響は?価格は上がる?

イーサリアム財団による、イーサリアム開発者のためのカンファレス「devcon3」が、2017年11月1~4日にメキシコにあるカリブ海沿岸の観光都市・カンクンで開催されます。「devcon3」は今までにない最高のdevconにするべく、前回の2倍近く広いスペースが用意される予定で、主なスポンサーにはマイクロソフトが名前を連ねています。