仮想通貨ニュース一覧

法定通貨では面倒な相続手続きも仮想通貨であれば簡単に処理が可能?

私は金融機関で富裕層顧客向けの営業を行っていたことがあり、ほとんどの顧客の悩みは「次世代にどうやって資産を継承するか」であった。 日本の場合、相続税率が高いこともあって、どんなにお金持ちであっても、「3代過ぎると普通の人になる」と言われている。

仮想通貨による投資で既存サービスの矛盾を解消?

仮想通貨は通貨と呼ばれれているが、これまで金融資産などの購入に用いられることはあまりなかった。 しかしながら、仮想通貨の本来の強みは安い手数料とスピーディな決済であり、金融資産の購入に適した仕組みであるとも言える。 仮想通貨を使って、不動産投資信託(リート)などに投資を行うためのプラットフォームとして最近注目されているのが、Brickblockである。

ブロックチェーンに裏打ちされた医療デバイスが世界を救う?

「ブロックチェーン」という言葉を新聞やテレビなどでよく見たり聞いたりするが、多くの場合、仮想通貨の技術用語として使われている。 しかしながら、最近は仮想通貨以外の用途でブロックチェーン技術が活用されており、それが医療の世界にまで浸透してきていることをご存じだろうか。 それは、遠隔医療サービスを提供している「Bowhead」である。

【エストコイン】初のエストニア政府発行の仮想通貨は実現するのか?

何かと噂のエストコイン。 初の政府発行の仮想通貨は実現するのか?2017年8月某日、とあるニュースがいたるところで話題となりました。 それはエストニアが、政府として仮想通貨を発行する可能性があるという驚きのものでした。 このニュースはネットだけでなく新聞各紙でも伝えられたほどで、ちょっとした騒ぎになりました。 なぜエストニアが?なぜ驚きなの?という点をこの記事で詳しくご説明いたします。

仮想通貨ショッピングの価格比較サイト誕生?

最近は買い物をする際にインターネット上で価格を確認し、一番安く商品やサービスを提供している業者を選んで買い物をする人が多くなっている。 特定の商品の価格を比較するサイトは日本でもお馴染みであるが、海外では仮想通貨を利用可能なお店を検索し、商品の価格を比較することができるサービスが登場している。その名は、「Ahoolee」である。

仮想通貨を担保にローンを借りられるサービスが海外で登場

日本では多くの銀行がカードローンビジネスに参入し、支店のATMでキャッシュカードだけで借金ができるところも出てきている。 海外はさらに一歩先を行っており、ビットコインなどの仮想通貨を担保にローンを借りられるサービスが登場しているのだ。 日本でも証券会社には似たようなサービスがある。

仮想通貨会議「コンセンサス2017」がNYで開催

大規模な仮想通貨会議「コンセンサス2017」がNYで開催されました。 今回で3回目となりますが、開催日前から“仮想通貨全体が値上がりする”と注目を集めていました。 「コンセンサス2017」の開催前に主要な仮想通貨を買い求めた投資家、まだ1コイン100円にも届かない安いコインを買い求めた投資家、もうすでに保有していて値上がりを期待している投資家…多くの人が熱いまなざしを向けていました。