あの有名人も関係してるSPINDLEって?

2018年も多くコインがICOによって誕生しましたが、その中でも注目を集めているのは「Spindle」ではないでしょうか?
その知名度の高さとは裏腹にベールに包まれた存在です。
この記事では、できるだけその姿をみなさまにお伝えできればと思います。

SPINDLEの概要

SPINDLE(スピンドル)は2017年に日本で開発された金融型プラットフォームです。
通貨の単位はSPDで、イーサリアムベースに開発されたERC20タイプのトークンです。
詳細な価格は分かりませんが、プレセールでは大体1SPD=0.002ETHほどで販売されていたという情報もあります。

トークンのジャンルとしては金融系として区分され、アプリとしてリリースされるSPINDLEシステムの中で投資したい企業を見つけてSPDトークンで出資するというビジョンがあるようです。
クラウドファンディングに似たシステムですがこのSPINDLEは軸という意味があり、出資する側と企業の仲介役になる予定なんだそう。
既存のシステムでもこういったサービスを提供している会社はありますが、分散ネットワーク上で行えば確かに大幅なコストカットと業務の短縮化が実現するので投資がより身近に行えるようになりますね。
さらにウォレットアドレスを追跡すれば自分が投資した通貨が不正に使われていないか調べることができるので、投資をしたことがない人への不安を取り除くことができます。

でも同様のサービスを展開している企業も世界的にはあるのに、なぜこれほど注目を集めているのでしょうか?
それは歌手のGACKTさんがこのプロジェクトに関わっているからです。そのためSPINDLEをGACKTコインと呼ぶ人もいるくらいです。
日本の芸能人で仮想通貨に関わりを持つ人はまだ少ないです。
ましてICOとなると前例はないのではないでしょうか?
しかし日本も仮想通貨が取引される額でトップクラスになってきました。
今後はこういったビジネスモデルも広まっていくのでしょうね。

SPINDLEは公式サイトやホワイトペーパーも日本語のため、言葉が分からないなんてことも無いかと思います。

SPINDLEのトークンセール

SPINDLEの販売方法は他の通貨と少し異なります。
プレセールに当たる先行販売は会員制という形を取っています。
そのため「SPINDLEは購入できない」などの噂が立ったのでしょう。
ツイッターに正規代理店のアカウントがあり、そこからコンタクトを取って審査に通った人が国内プレセールに参加できるそうです。
このプレセールは1月末で終了し.2018年4月からトークンセールが開始されるようです。
特殊な販売方法を取っているため、SPINDLEプレセールへの正体を騙った詐欺行為も発生しているんだとか。
建て替え購入や、相場より安く買えるなどのメッセージが来ても無視してくださいね。
これはSPINDLEに限らず、ビットコインなど他の人気通貨にも言えることです。
投資という行為自体にすでにリスクが含まれているので、購入するかどうかは自分で情報を集めて納得できるかどうかに限ると思います。

今後の予想

SPINDLEは今後、5月にアプリをリリースして取引所に上場する予定です。
もし現段階でSPINDLEを購入するか迷っている人がいたら、取引所に上場してからでも遅く無いと思います。
というのも、リリースされたばかりのコインは一時的に高騰しても、ICOで配当を貰ったり安く買えた人たちが売る場合が多いからです。
その動きが落ち着けば価格は落ち着くし、情報もある程度出揃うと思うのでそれからでもいいのではないかなぁと個人的には感じます。

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする