中国政府は2019年までにブロックチェーンの国内基準を策定すると発表、今後の世界の動きとは?

中国政府は2019年までにブロックチェーンの国内基準を策定すると発表しました。中国では仮想通貨に対して規制をしているというのがあります。そういった中で仮想通貨のブロックチェーンの基準を策定する取り組みを始めているというのがあります。

ブロックチェーンの国内基準を2019年までに策定する

中国政府はブロックチェーン技術のために酷な基準の策定を2019年までにすると発表しました。

中国国営通信社の経済日報に対して中国政府のITを担当している省庁が後援している「Blockchain Research Office」の所長を務めているLi Ming氏へのインタビューにブロックチェーン技術のために国内基準の策定を取り組むと明らかにしており、ブロックチェーン技術が実用化するために分散型の機能を持っているブロックチェーンの開発をするとしています。

また様々な政府機関が密集されて構成されている「Blockchain and Distributed Accounting Technology Standardization Committee(ブロックチェーンと分散型会計テクノロジー標準化委員会)」というのは、ブロックチェーン技術が今後、様々な場所で飛躍的に活躍するだろうと述べており、期待をしているとされています。

また中国政府というのは仮想通貨に対しては「規制」をしているというのがあります。中国国内では仮想通貨の取引やICOに対して危険性があるとしています。ですがそういった中で仮想通貨のブロックチェーン技術というのを2019年までに策定すると発表しているわけです。

また基準として「ビジネス、運用、処理、信頼性、相互運用性、情報の安全性」などを含めた基準としてブロックチェーン技術の策定をするとされており、中国国内でブロックチェーンが早く導入される事によって仮想通貨産業を発展させる事が出来るというのがあります。

またブロックチェーンの技術を導入することが重要であると強調しているとLi Ming氏は述べています。また中国のIT省というのはブロックチェーン技術を使っているスマートコントラクトなど基準の策定として必要な7つの基準の取り組みを積極的に開発すると述べており、今後は中国国内で完璧なブロックチェーンの開発が重要であると強調しています。

中国のブロックチェーン工業は発展する

最後に紹介させていただくのが「中国のブロックチェーン工業は発展する」ということについて紹介させていただこうと思いますが、2018年の4月9日には100億元(1697億円)規模のブロックチェーン工業を創設すると発表しています。

ビットコイン投資家の中でも有名なリー・シャオライ氏やブロックチェーン業界で有名なラオ・マオ氏が参加するということもあり、ブロックチェーンを使った技術は今後どのようになっていくか期待して頂けたらと思います。

まとめ

今回は中国政府について紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように中国政府は2019年までにブロックチェーンの国内基準を策定すると発表したことについて理解して頂けたらと思います。また今後の世界の動きとして、仮想通貨業界を盛り上げるためにブロックチェーン技術を取り入れる企業というのも増加していくと考えています。

そのため、中国国内のブロックチェーンの開発だけではなく、今後どのようになっていくのか投資家の皆さんも知って頂けたらと思いますので是非今回紹介させていただいたことを参考にして頂けたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea