中国が発表! 主要仮想通貨28種の格付け分析を近日中に

中国が主要仮想通貨28種類の格付け分析を近日中に発表することが明らかになりました。

中国政府は2018年5月11日、仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトの「仮想通貨28種類の格付け」を毎月発表すると北京の会議で公表しています。

この発表に伴って中華人民共和国工業情報化部の中国電子情報産業発展研究院(CCID)がビットコインやイーサリアム、ライトコインなど皆さんも知っているような仮想通貨28種類の主要となる仮想通貨を分析します。

また分析した仮想通貨の格付け情報というのは発表数日後に追加で発表されるとされており、このプロジェクトには「グローバル・パブリックチェーン・アセスメント・インデックス」と命名されています。

またこのプロジェクトには国内の仮想通貨の専門知識を持っている学者が参加するとされており、仮想通貨の将来性やプロジェクトの技術力、アプリケーションの有用性など、今後の発展レベルなどを込みで評価して紹介させていただくとされています。

仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトに対して、今までには完全に独立した分析や評価などがないということもあり、今回のプロジェクトが創設されました。

ですが、皆さんも知っていると思いますが、中国国内では仮想通貨に対して規制を行っているというのがあります。そんな中国政府が仮想通貨の知名度を上げるようなプロジェクトを行おうとしている事に対して驚きを持っている方も多いのではないでしょうか?

またこのようなプロジェクトに対して中華人民共和国工業情報化部の中国電子情報産業発展研究院(CCID)は仮想通貨と世界のブロックチェーン技術に対して独立した分析をすることによって中国政府が仮想通貨に対して信頼を示す物になるとしており、政府や企業、緊急帰還などに対して、いくつかの仮想通貨が認められて機能していくのではないかとされています。

また中国政府は2018年に入ってからブロックチェーン技術に対して注目をしており、4月には100億元(1697億円)規模のブロックチェーン工業を創設すると発表しており、2019年迄にはブロックチェーンの国内基準を策定すると発表しています。

つまり、仮想通貨に対して2018年に入ってからは前向きな姿勢を見せているということになります。また中国政府は仮想通貨ビットコインのウォレットをダウンロードできるようにしたと発表しました。つまり、仮想通貨の所有や支払い手段として利用することに関して、規制を緩めたということになります。

そのため、中国政府は今後も仮想通貨に対して新たな取り組みをしていくのではないかとされており、今後は仮想通貨の規制を更に緩めて企業や政府で仮想通貨のブロックチェーン技術を使い、発展させていくのではないかと予想しています。

まとめ

今回は中国政府が中華人民共和国工業情報化部の中国電子情報産業発展研究院(CCID)を使って主要仮想通貨28種類の格付け分析を近日中に発表するということについて紹介させていただきました。

仮想通貨に対して規制をしていた中国政府がこのような動きを見せたというのは驚く事が多いのですが、そういった中でブロックチェーン技術などを開発して中国国内の仮想通貨に対する関心を強くさせるような動きをしようとしています。

また中国では仮想通貨に対して透明性を求めており、今後の格付けによって利用できる仮想通貨が増加する可能性があります。そうなることによって流動性も高くなる可能性がありますので注目をしたいと思います。投資家の皆さんも中国政府の動向に注目してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする