コインチェックの営業利益537億円!? マネックスは今後仮想通貨事業、海外展開も視野にいれているというのは本当?

皆さんは「コインチェック」をご存知でしょうか?今回はコインチェックの営業利益537億円である理由とマネックスが今後は海外展開も視野に入れていると言われているため、真相について詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも是非今回紹介させていただくことを参考にしてみてください。

コインチェックについて

まず最初にコインチェックについて紹介させていただこうと思いますが、今回紹介させていただくようにコインチェックというのは営業利益が537億円だと明らかにしました。皆さんもご存知だと思いますが、コインチェックでは今年2018年の2月にNEM流出事件によってコインチェックの利用者というのは激減してしまったというのがあります。

またこのような事件が起きた理由としては「セキュリティ」が甘かったというのがあります。仮想通貨取引所というのは「金融庁」によって正式に認められている所と認められてはいないが営業をしても良いと言われている「みなし業者」というのがあります。

コインチェックはそんなみなし業者として存在していたわけですが、事件が発覚する前には「仮想通貨」の人気によって仮想通貨取引所に口座解説数や取引量が増加したことによって「営業利益」が多かったというのがあります。

実際コインチェックの売上高は前年比と比べると64倍の626億円となっています。そして営業利益が537億円となっています。この537億円の中からNEMの保有者に対して473億円の補償をしたため63億円の利益となっています。

またNEMの流出事件によってコインチェックというのはサービスが殆ど停止されていました。ですが、それでも営業利益というのは5億円確保されており、マネックスの社長である松本氏は「仮想通貨交換業登録を済ませ、サービスの全面再開を目指す」と語っています。

またコインチェックの利用者は「顧客離れ」というのは起きていないとも語っており、今回の流出事件によってセキュリティの甘さが露呈されたコインチェックですが、マネックスが買収したことによってセキュリティの強化や事業展開を更にしていくと思われます。

そんな中で今回のタイトルにもあるようにマネックスというのは今後仮想通貨事業として「海外展開」を視野に入れているというのがあります。すぐにではないかもしれませんが、日本国内だけではなく海外に事業展開をする際には「独自のトークン発行を将来的に考えていきたい」という風にも語っています。そのためコインチェックを利用している利用者の皆さんにとって、現在は停止されているコインチェックですが、セキュリティの問題など様々な問題が解決されたのであればコインチェックはとても良い企業だといえますので期待しておいても良いといえます。

また海外に展開することによって更に流動性が高まり、取引量も増加すると思いますのでそういった意味でも期待することが出来ますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてください。

まとめ

今回はコインチェックについて紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたようにコインチェックの営業利益というのはとても高く、今後は事業展開を行っていくということもありますので期待をしておいて良いと思います。

またコインチェックのセキュリティが強くなることによって他の仮想通貨取引所よりも便利になることもあると思いますので是非今回紹介させていただいた内容というのを参考にしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする