【Tokenbox】仮想通貨でポートフォリオを組成するICO企業が誕生

なぜコインマンは仮想通貨に投資をしないのか?

私は日本初の仮想通貨評論家コインマンとして、日々仮想通貨の研究を行っているが、最近はいろいろなところからコメントを求められる機会が出始めている(ありがたいことである)。

その中で、「仮想通貨はなぜ乱高下するのですか?」というものがあるが、この質問に対する私の回答はシンプルかつ明確である。

「買う人が多い時に急騰し、売る人が殺到すれば急落するのです。」

上記の私の回答に対し、質問した人は失望の表情を浮かべることがあるが、これは真実である。

仮想通貨に限らず、価格がついている世の中の商品やサービスにすべて当てはまる経済理論であるからだ。また、「どの仮想通貨に投資すると儲かりますか?」という質問を受けることがある。

そんな時は、「どの株式銘柄に投資すれば儲かるか分かりますか?分からないでしょう。それと同じで、どの仮想通貨が上がるかは誰にも分からないのです」と回答している。

私が仮想通貨評論家コインマンと名乗っているため、仮想通貨投資の専門家と勘違いをして連絡をしてくる人がときどきいる。

こちらの記事でも何度かお伝えしているが、私は仮想通貨に投資をしたことがないし、今後も仮想通貨への投資は行わない。

理由はただ一つ、ポジション・トークを避けるためだ。私の場合、仮想通貨による資金調達であるICOを行う企業を分析した上で記事を大量に執筆している。

仮に、私があるICOに投資して、その企業が発行している仮想通貨の価格を釣り上げたいと考えた場合、どのような行動を取るだろうか?

簡単である。「このICOは買いだ!」という推奨記事を執筆すればよいのだ。自分が買っている仮想通貨を読者の皆様にも購入してもらえば、将来的に値がりして私は利益を得られる可能性が高くなる。

しかしである。そんなことをしている仮想通貨評論家を信頼できるだろうか?私なら信用しないだろう。

私のこれまでの記事をお読み頂けると分かると思うが、自分にとって都合が良くなるような内容の記事は存在していない。なぜならば、私は仮想通貨に投資をしていないからだ。

私のようなやり方はこの業界では珍しく、記事執筆の条件として「仮想通貨への投資経験がある人」となっていることがあり、このような場合、私は排除(最近流行の言葉?)されることになる。

それでも、長期的に仮想通貨評論家として仕事をする上で、ポジション・トークを気にしなくてもすむよう、仮想通貨に投資をしないことを貫いていく予定である。

また、最近は仮想通貨の格付けに関する依頼を頂いている。私が仮想通貨に投資をしない仮想通貨の専門家(ややこしい?)であることから、中立の立場でICO企業の格付けをできるのではないかと考えた方が連絡をくれたのである。

今後もポジション・トークを行わない仮想通貨評論家コインマンとして、記事を執筆していく予定である。

なぜこんな話をしたかというと、最近は個別の仮想通貨ではなく、複数の仮想通貨に投資をしてポートフォリオを組成するICO企業が出始めているからだ。

以前の記事でも紹介したが、金融機関の中には、株式や債券への投資が制限されている人たちがいる。

証券会社の株式アナリストは、自分で株式を購入することは禁じられている。個人で株式を購入し、その銘柄を投資家に推奨することで自分の利益を追求することが可能だからだ。

私が仮想通貨に投資をしないのは、株式アナリストが株式を買わない理由と基本的に同じである。

しかしながら、株式のアナリストでも投資できる金融商品は存在している。それは、投資信託だ。

投資信託の場合、ファンドマネージャーが中立の立場で投資先を選定する仕組みになっており、資金を提供する側からの影響を受けない設計がなされている。

株式アナリストが投資信託を購入したとしても、ファンドマネージャーは中立の立場で運用を続けるため、基本的に誰でも自由に投資信託を買ったり、売ったりすることができるようになっている。

仮想通貨業界でも投資信託と似た仕組みを提供するICO企業が現れた。それが、ケイマン諸島に拠点を持つ「Tokenbox」である。

プロのファンドマネージャーが運用

日本で仮想通貨取引を行う場合、仮想通貨取引所を経由することが一般的になっている。仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する場合、複数の仮想通貨に一度に投資をすることが仕組み上、難しくなっている。

個人が複数の仮想通貨に分散投資をしようとしても、仮想通貨取引所ではインフラが整っておらず、手数料がムダになり、何より時間がかかるというデメリットが存在している。

プロのファンドマネージャーが仮想通貨に分散投資を行い、ポートフォリオを組成してくれればこんな楽なことはない。

また、ファンドマネージャーが取り扱う仮想通貨の額は個人のそれと比較して、かなり大きな数字になる。

金融の世界では、投資額が大きくなればなるほど手数料が安くなるなどのメリットが発生する。これを金融業界では、「プライシングが有利になる」と表現するが、今後仮想通貨業界でも同じような現象が起こると私は予想している。

そうなると、プロのファンドマネージャーに仮想通貨の運用を任せるメリットがますます大きくなり、仮想通貨版の投資信託がどんどん出てくることになるわけだ。

強固な内部管理態勢がカギ

今回紹介しているTokenboxは、2017年11月14日から11月28日までICOを実施する予定になっている。ICOの期間が2週間であり、比較的短めになっている。

Tokenboxと同様、複数の仮想通貨に投資をする仕組みを提供するICO企業はこれまでにも存在していた。

しかしながら、Tokenboxがこだわっているのは強固な内部管理態勢であり、コンプライアンスや法務のチェックが厳しく入る中で運用が行われ、不正が起こる可能性が極めて低いことをウェブサイトやホワイトペーパーの中でアピールしている。

また、Tokenboxは個人だけではなく、法人からの投資も歓迎しており、内部管理態勢がしっかりしていることから、機関投資家も安心して出資できるとしている。

さらに、プラットフォーム上で法定通貨と仮想通貨、Tokenboxが提供するTBXトークンを自由に換金、交換できるようになるとホワイトペーパー上で説明している。

ここで記載されていることが現実のものになれば、流動性の問題があまりない状態で運用されることになり画期的と言える。

日本発祥の仮想通貨に「c0ban(コバン」)があるが、c0ban取引所というプラットフォームが用意されており、そこで日本円との換金が可能になっている。

Tokenboxの場合、c0ban取引所のようなプラットフォームではなく、ウォレットの仕組みで法定通貨、仮想通貨、TBXトークンの換金、交換が可能になるようだが、流動性の問題をかなり真剣に考えている様子が垣間見える。

ただ、具体的にどの法定通貨、仮想通貨とTBXトークンが交換できるのかはホワイトペーパーに記載されていないため、興味がある人はTokenboxのチャットサービスを使って確認してみるとよいだろう。

Tokenboxのウェブサイト右下にチャットボックスが用意されており、不明点を質問することが可能になっている。

コインマン

日本初の仮想通貨評論家「コインマン」として活動する元外資系金融マン。債券ブローカーとしてニューヨークで勤務し、東京では当局対応として金融庁と対峙したリアル半沢直樹。
毎朝4時に起床し、仮想通貨ニュースを執筆する日々を過ごしている。フランスに留学していた親仏家であり、ヨガインストラクターを目指していたヨガマニアでもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする