ブロックチェーン技術を使った自動販売機が登場! 進むブロックチェーンの実用化

ブロックチェーン技術は様々な分野に応用が効く技術です。しかし、まだまだ実用化されている分野は少ないと言えます。

ここにきて、ブロックチェーン 技術を使った自動販売機が登場することになります。もともと自動販売機にはスマートコントラクトの要素がありますが今回発表された自動販売機にはどのような特徴があるのでしょうか。その内容を紹介します。

シビック社が発表した自動販売機

今回、ブロックチェーン技術を搭載した自動販売機の開発を発表したのは、アメリカのサンフランシスコに会社を構えるシビック(Civic)社です。

具体的には最新のブロックチェーン技術を使い、年齢認証が自動的に行われる機能が搭載されているようです。この自動販売機を生み出すにあたり、シビック社は大手飲料メーカーと共同で開発にあたりました。

飲料メーカーの自動販売機技術にシビック社が開発しているアプリで年齢認証が行える自動販売機を間も無くローンチの運びになります。

日本のタバコの自動販売機にタスポを使って購入するようなイメージを持つとわかりやすいでしょう。(もちろん、タスポよりは高度な技術になります)

シビック社が提供を考える年齢認証を盛り込んだブロックチェーン技術はスマートコントラクトの応用になります。スマートコントラクトとは第三者を仲介することなく契約を実行できる仕組みです。仮想通貨ではイーサリアムに搭載されていることでも有名です。

何気なく街中で見かける自動販売機はすでにスマートコントラクトが利用されています。お金を入れれば商品が出てきますがその間に第三者が介しているわけではありません。

シビック社が提供する自動販売機は従来の機能に加えて年齢認証を可能にするわけですのでお酒の販売やタバコの販売も円滑にさせると考えられます。

年齢認証搭載のブロックチェーンの実用

シビック社が年齢認証を可能にするブロックチェーン技術を活用したことで今後はいろんな分野でその技術が活用されるのではないでしょうか。

例えば、カジノへのやクラブハウスへ入場する時の年齢確認もスムーズに実行で切るようになると考えられます。年齢認証のための個人情報もブロックチェーンに記録される形であれば改ざんもできませんし不正な利用も不可能に近いです。

さらに、入場の記録や購入したモノやサービスも記録させるようにするとお店の経営にも役立てられることでしょう。

スマートコントラクトが抱える課題

スマートコントラクトは契約行為を円滑に進められるメリットがあり、今後の実用化の広がりに期待がかかります。

ただ、スマートコントラクトが抱える課題も残されています。それは、契約の変更ができないことです。プログラムで契約を組むので変更しようとするとバグが発生し誤りが生じる可能性が高くなります。

今回のシビック社の事案の場合、自動販売機への応用ですから契約を取り消して返金を考えるケースは少ないかもしれません。

開発は進んでいるようですが取り消しなどを含めた契約の変更ができるのかどうかも気になる部分です。(契約変更に関しては詳細不明)

参考までに、もう一つあげるとスマートコントラクトに用いられるプログラミング言語を一般の人々が理解できるのかも課題でしょう。通常の契約書に書かれてあるような内容を一般の人でもわかるよう、どうやって変換していくのかも課題でしょう。

スマートコントラクトの普及に期待

シビック社がスマートコントラクトを応用して開発した年齢認証が可能な自動販売機。これまで面倒な年齢確認を円滑に行える特徴は魅力的です。

スマートコントラクトの課題が解消され普及が進めばこれまでかかっていた様々なコストが削減され効率的な日常生活が送れるようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea