仮想通貨の購入が激減したせいで米・マスターカードに影響が出ている

皆さんはクレジットカードを持っている方も多いと思います。

クレジットカードの中にはマスターカードがありますが、今回はそんな米マスタカードが仮想通貨の購入減で業績が鈍化したということもありますので、そのことについて詳しく紹介させていただこうと思います。是非皆さんも是非最後までご覧ください。

マスターカードは仮想通貨の購入減で業績が鈍化した?

では早速紹介させていただこうと思いますが、マスターカードは仮想通貨の購入減で業績が鈍化したということが明らかになっています。マスターカードは2018年の1月から3月までの決算で仮想通貨の購入が大幅に減少したことが理由に業績が鈍化してしており、マスターカードで購入することが出来ますが、多くの金融機関で仮想通貨の購入が出来ないようになっています。

その理由として信用リスクであったり、仮想通貨の危険性などを理由にクレジットカードで仮想通貨を購入するのを金しています。マスターカードのクロスボーダー取引は19%上昇しているというのがありますが、2017年の9月以降というのは下落し続けているというのがあります。

マスターカードの最高財務責任者であるマルティナ・フンメイン氏は、仮想通貨ウォレットの利用が減ったのが理由としてあると述べています。仮想通貨というのは国境のない通貨として知られていますが、マスターカードなどを使った仮想通貨の決済をするためには更に慎重にならなければいけないというのがあります。

マスターカードの社長であるアジャイ・バンガ氏は韓国や日本などの仮想通貨取引所で起こる流出事件や規制によってアジアでハッキングが絶えない状態というのは懸念しなければいけないと語っているわけです。また仮想通貨に対しての関心というのが薄くなっており、仮想通貨はマスターカードの企業戦略の主要部分ではないとも言っています。

その理由として仮想通貨というのは法律や規制などが明確にはなっていないため、今後の見通しや発展がどのようになっていくのかが不透明であるというのがあります。だからこそマスターカードの社長というのは、仮想通貨に対して考慮をしていないというのがあります。

また昨年2017年の10月にはマスターカードの社長であるバンガ氏は政府が開発した仮想通貨というのは興味を持つことが出来るが、政府ではない企業が作った仮想通貨というのはゴミであるとも発言しています。

つまり、仮想通貨に対して否定的ではありませんが、信頼度を考えれば仮想通貨というのは政府が作っていなければ信頼することもできず、日本の仮想通貨取引所のようにセキュリティが甘くなってしまう事もあることで、リスクが高まってしまう可能性があるので注意しなければいけないということもあります。

そういった点で政府というのはセキュリティなども万全な状態にして仮想通貨を発行するということもありますので、私自身もその点は政府の方が信用することが出来るといえます。とはいっても仮想通貨というのは今後どのようになっていくのかは予測することもできないというのがあります。

今回紹介させていただいたようにマスターカードは仮想通貨の購入減で業績が鈍化していますが、今後は再度購入することが出来る可能性もありますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしてください。

まとめ

今回はマスターカードの仮想通貨の購入減で業績が鈍化したことについて紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように今後どのようになっていくのか気になる方は参考にしていただけたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする