仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になると予想する、暴落後の復活から見える将来とは

皆さんは最近の「仮想通貨市場」をご存知でしょうか?今回はそんな仮想通貨市場について詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくように仮想通貨市場が今後どのようになっていくのか気になっている方も多いと思いますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になる?

早速紹介させていただこうと思いますが、仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になると言われています。4月28日に仮想通貨ヘッジファンドの「パンテラキャピタル」の社長であるダン・モアヘッド氏が仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になる可能性があると語っています。

これに関してはテレビのインタビュー中に語っており、期待している方が増加しているというのがあります。またヘッジファンドというのはビットコインのみを取り扱っており、ビットコインだけで2万5000%以上の利益を得ています。

昨年だけでビットコインの価値というのは非常に高まったことがあるわけですが、ブロックチェーンの技術を使った仮想通貨の価値を見てみると、全然価値というのは高まるというのがあります。そのため仮想通貨市場は10年後に40兆ドル規模になる可能性が十分にあり得るというのがあるわけです。

また昨年の仮想通貨市場というのは「仮想通貨」が全体的に普及されたことによって全体的に価値が上昇したというのがあります。ですが、仮想通貨というのは完全に身近な存在になっているわけではないため仮想通貨市場の価格は上昇しきってはいません。

またモアヘッド氏は今年の初めは仮想通貨市場が低迷している状態から25%程戻っていることを含め、今年2018年には最高値を更新すると予想しています。その理由として挙げられるのがビットコインというのは昨年2017年の12月には価格が暴落したとは言え、全体的に見てみると価格というのは上昇しているわけです。

またビットコインだけではなく、他の仮想通貨なども同様に仮想通貨としての価値が高く、将来性のある仮想通貨というのは価格が上昇しているというのがあります。そのため仮想通貨というのは「最高値」を更新すると言われています。

仮想通貨市場の暴落後の復活から見える将来とは

最後に仮想通貨市場の暴落後の復活から見える将来について紹介させていただこうと思います。上記で紹介させていただいたように仮想通貨市場というのは10年後には40兆ドル規模になると予想されています。そういった中で仮想通貨市場というのは「規制」などによって暴落してしまったりしました。

またセキュリティの問題などもあり、仮想通貨を保有しておくことが危険ではないかともいわれており、暴落後も中々価格が戻りにくかったりするのが現状としてあります。ですが、最近は仮想通貨の「人気」によって、新しい事業が増加していたり、仮想通貨を使ったアプリゲームなども登場しています。

そういった理由から仮想通貨というのは暴落後に「復活の予兆」を見せているというのがあります。そういった理由から仮想通貨の将来性というのは高いため、是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は仮想通貨市場について詳しく紹介させて頂きました。皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨市場というのは10年後に40兆ドル規模になると言われているというのもあるため期待しても良いと思います。また暴落しましたが将来性と言うのも高いのでそういった点でも仮想通貨は今後どのようになっていくのか期待したいと思いますので是非参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする