仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしているのは本当なのか?

皆さんは仮想通貨というのは80年代の「デリバティブ」に酷似していると思いますでしょうか?

今回はそんな疑問について詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくことを参考に仮想通貨についてどのようになっていくか知って頂けたらと思いますので是非最後までご覧ください。

デリバティブとは?

まず最初に「デリバティブ」について紹介させていただこうと思いますが、今回紹介させていただく「デリバティブ」というのは知らない方も多いと思います。デリバティブというのは「金融商品」に関係をしており、金融商品というのは「株式」や「外国為替」など様々な物がありますが、このようなリスクを低下させたり、リスクがあることを承知した上で「高い収益」を追及した手法として考案された方法が「デリバティブ」になります。

仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしている?

では早速今回紹介させていただくように「仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしているのか」ということについて紹介させていただこうと思います。今回紹介させていただくように「仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしている」と発言したのがコインチェックを買収したマネックスグループの社長である松本氏です。

松本氏はニューヨークで開かれた「ジャパンソサエティ」の講演で、仮想通貨は「仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしている」と指摘しました。また仮想通貨と言うのも新しい資産として成長する可能性があるとしています。

松本氏というのは「1980年代にデリバティブというのを規制当局というのは嫌っていたが後々、デリバティブを受け入れた」としており、仮想通貨というのは現在は認められつつはありますが、リスクが高く、未だ認めていない国なども多いというのがあります。

この状態が「デリバティブ」に似ているというのがあるわけです。また仮想通貨というのは「法律」や「規制」というのが明確にされていないというのがあります。そのため、今後は「デリバティブ」のように規制されていくというように語っています。

またデリバティブというのは仮想通貨の初期段階と同じように「少しの人しか理解していない」というのがあるわけです。仮想通貨もビットコインが初めて通貨として発行されていますが、初期のビットコインが今のように話題になったり、普及すると思っていた方というのは非常に少ないというのがあるわけです。

デリバティブも初期段階というのは認められていなかったり、嫌っていた方も多いというのがありました。ですが1980年代に「デリバティブ」の手法が出てから5年後には大学の授業などでも「デリバティブ」を教えるようになったと語っています。

だからこそ仮想通貨というのも今後は多くの人に認められ、企業なども「仮想通貨」のサービスを取り入れたりしていくと思われます。そのため皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨が今後どのようになっていくのか、理解した上で購入したり、投資するのも良いと思いますので是非参考にしてみてください。

まとめ

今回は「デリバティブ」について紹介させていただきました。実際に仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしているというのがありますので皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨が今後どのようになっていくのかを理解してみてください。

また今回紹介させていただいたように仮想通貨というのは認められる事も多くなり、仮想通貨を保有しておいた方が良い部分も沢山あると思いますので是非参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea