仮想通貨は将来的に有価証券と見なされる可能性はあるのか?

皆さんは仮想通貨が今後どのようになっていくかご存知でしょうか?

今回は仮想通貨について紹介させていただこうと思います。仮想通貨は将来的に「有価証券」としてみなされる可能性があるというのがあるわけです。そこで今回はその内容について解説させていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨は将来的に有価証券と見なされる可能性

まず最初に仮想通貨は将来的に「有価証券」と見なされる可能性について紹介させていただこうと思いますが、先日「元CTFC」のGary Gensler氏が「イーサリアム」と「リップル」が証券性を持っているという発言をしました。

これに対して仮想通貨のホルダーというのは様々な発言をしたというのがあります。ではそもそもどうしてホルダーと言うのは証券化されることが嫌なのかについて紹介させていただきます。

仮想通貨というのは証券化されることによって「SEC」の監視が厳しくなるというのがあるわけです。つまり現在インサイダー取引が禁止されていたり、価格の価格操作が禁止されているというのがあるわけですが、それ以外にも買い煽りすることも全て禁止になるというのがあります。

仮想通貨というのは「情報」が出る事によって価格が上昇したり、下落してしまったりするというのがありますが仮想通貨取引所にチャットというのがあり、チャットで買い煽りすることによって価格が上昇したりすることもあるわけです。

そういった事が全て禁止されることがあるということは価格変動が起きにくいということになるわけです。価格変動が起きにくいことによって安定性というのは高くなりますが稼ぐ事を目的としてやっている投資家にとってはデメリットの方が多いということになるわけです。また証券化されることによって規制が強くなってしまうということもあるため、柔軟性が失われてしまうというのがあります。

金融庁では有価証券の適用を検討している

仮想通貨というのは金融庁では有価証券の適用を検討しているというのがあります。元々日本政府というのは仮想通貨を有価証券と見なさないと言っていましたが、姿勢が変わったということになります。また現在は仮想通貨と一言で言っても様々な種類があります。そういった仮想通貨の中には有価証券に近い性質のコインというのもあるため、検討されているということになるわけです。

有価証券が適用される可能性は高い?

最後に有価証券が適用される可能性が高いのかということについて紹介させていただこうと思いますが、今回紹介させていただいているように日本の金融庁で有価証券の適用を検討しているだけではなく、アメリカなどでも仮想通貨の有価証券の適用を議論しているというのがあります。

そのため「先進国」が有価証券を適用してしまうと多くの国で有価証券の適用化がされる可能性というのがあるわけです。また仮想通貨のプロジェクトというのは企業によって異なりますが、有価証券になることで政府が監視する可能性と言うのが多くなり、事業の発展がしにくくなってしまうのがあります。

勿論安全性は高くなりますが、その一方ではこのようなデメリットというのもあるため注意しなければいけないというのがあるわけです。なので是非今回紹介させていただいた内容を参考に仮想通貨がどのようになっていくのか理解して頂けたらと思います。

まとめ

今回は仮想通貨について紹介させて頂きました。皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨は将来的に有価証券と見なされる可能性というのもありますので投資家の皆さんは十分に注意するようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする