文句なんて言わない【MiniApps.pro】のチャットボットで仕事を効率化しよう!


豊富な資金があれば、企業が発展していくために必要な技術や設備にどんどん投資できます。人工知能、機械学習、ブロックチェーン、スマートコントラクトなどハイテク技術を導入できれば、コストを抑えて生産性を高めることができるでしょう。

しかし、知識や経験が必要となります。そのようなIT関係に強い人が周囲にいない場合は、それらに初期投資をするための資金も必要です。それが無理であれば、その企業はどんどん取り残されていくかもしれません。

そこで、MiniApp.proの出番です。既に15年間以上共同活動をしてきている強く安定したチームはブロックチェーン技術を用いたコミュニティーを作成しました。そのプラットフォームでは、ハイテク技術を持たない中小企業が仕事を効率化できるチャットボットをあっという間に作ることできます。

一度チャットボットを作れば、電報、バイパー、Facebook、Skypeなど色々な種類のメッセンジャーに同時にアクセスできます。
つまり、大切なビジネスパートナーや顧客にも即座に反応できるということになります。

このMiniAppの何がいいのかといわれれば、なんといっても、簡単に作って使えるということです。プログラマーを無理に雇わなくてもなんとかなりそうです。また、アプリケーションを作るよりも経済的です。

小さなビジネスを小資金で始めたばかりの方にはちょっと気になりませんか?人を雇いたいのだけど、ちょっと苦しいし、信頼できる人をすぐに見つける自信はないという方には特に魅力的に感じるかもしれませんね。

その、MiniApp.ProがICOを2017年10月18日から行うことになりましたので、ご紹介します。

このプロジェクトのタイプ
トークン(MAT)

Website(chatbotを作成できるプラットフォーム)
https://tokens.miniapps.pro/ja/

カテゴリー
マシーンラーニング&AI

全供給量
20,000,000
※トークン型イベント中もそれ以後も、新たに発行はされないだろう

トークンの価格
1MAT= 0.01ETH

クラウドファンディングのスタート
2017年10月18日

クラウドファンディングの終了
2017年11月19日

チャットボットはビジネスにどんな恩恵をもたらすのか?

マーケティング:ニュースやクーポンなどを送ってくれる
カスタマーサービス:お客様のリクエストの80%くらい叶えてくれる
セールス:ユーザーからの支払いを受け取ることができる
銀行:銀行のアプリを開発する必要があれば、チャットボットを試してみよう。経済的でかつ、アプリなどをインストールする必要はない

MiniApps.proのクライアントとは?

Miniappのオーナーがクライアントです。
エンドユーザーにサービスを提供する立場になる銀行、中小企業、そして個人などが、このクライアントになるうるでしょう。

MiniApps.proのパートナーとは?

パートナーはMiniApps.proのマーケティング戦略として大切なのです。MiniApps.proは基本的に中小企業の方向けなのです。だからこそ、スマートチャットボットと見にアプリは誰にでも使えるように作りたかったのです。

しかし、たとえば喫茶店のオーナーなどは時間やスキルなどの不足により、簡単で経済的であっても、自分でチャットボットを作るのができないということもあります。このような方々は、普段はあまりコンピューターを使わない方も多いかもしれません。

しかし、パートナーのネットワークで、自分でMiniappsを作れないという人を手伝ったりして、自分でできないという人の壁を取り払うことも可能になるでしょう。パートナーの中には、充分な技術を持っている人もいて、複雑な物を作ったりする人もいます。けれど、全然プログラムをしないで、既にできているテンプレートから簡単なアプリを作ってしまうパートナーもいます。

MiniApps.proのテンプレート開発者とは?

MiniApps.proでは第三者によるテンプレートの申し出を受け入れています。このテンプレートが誰かにMiniappを作るために使われた場合は、お支払いもしてもらえます。こういう関係に強い方はお小遣いももらえ、自分の実力も認めてもらえるので楽しいでしょう。

更に、開発者が楽しいだけでなく、優れたテンプレートが増えれば増えるほど、そのテンプレートをベースにしたミニアプリを作ることができます。これにより、アプリの数を増やしていくことも可能になります。アプリがたくさんあれば、更にユーザーにとっては魅力的になり、ユーザーも増えていくということになります。

つまり、この好循環が、テンプレートを発達させ、パートナー達のネットワークの拡大し、MiniApps.proコミュニティー全体に利益をもたらすということです。

→より多くのテンプレート→ より多くのミニアプリ→ より多くのユーザー→

こういう好循環が成立するというわけです。

MiniApps.proのMiniApps スペースとは

MiniApps スペースは完全なエコシステムです。パートナー、クライアント、テンプレート開発者が硬く団結したコミュニティーになるべきです。

このスペースの主な特徴としては……
・開放的で非中央化
・このスペースを利用するコミュニティーのメンバーの権利の保護
・スマートコントラクトを作る時にはプログラマーだけでなく、一般の人々にもわかる言葉をつかうこと
・MiniApps スペースの操作は中心の存在とかメッセンジャーから独立しています。これはMiniAppsの中心の非中央化によって成り立っています。

MiniAppのトークン(MAT)を持つことのメリットは?

1MATを持っていれば、パートナーのステータスになれます。このステータスは1年間有効で、その期間をすぎれば、ユーザーのウォレットに1MAT残っていれば、自動的に延長されます。

なお、ICOが終わってから数ケ月後には、MATは主要な暗号通貨交換所で交換できるようになるようです。

このチャットボットについてはどう思うか

このチャットボットが、主に中小企業などの人向けに作られているということですが、人によってはこういう物を利用すると仕事をすごく効率化できるでしょう。特に、人はまだ雇えない、あるいはできれば雇いたくないと考えている経営者さんにはおススメかもしれません。

少しでも自分の余暇を作るため、あるいは家族との時間を作るために、顧客からの決まりきった質問などに答えてくれるAIみたいなものがあればいいのに……と思っている小さな企業の経営者さんは多いと思います。きっとそういう思いに対応するテンプレートもあるでしょう。なかったら、きっとすぐに誰かが作るでしょう。理由は多くの人が欲しいと思うものだからです。

実際に、FX業者などでAIを取り入れている所が出てきました。これは、とても便利です。私もFXをしながらとんでもない質問をして、遊ばせていただいております。いわゆるコミュ障、つまり人とはあまり話したくないというも、これだけインターネットが発達した時代は多いかもしれません。そういう方には特に喜んで使ってもらえるでしょうから、売り上げをアップしやすいかもしれません。

くーちゃん
なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。