【ICO】スマフォトグラファー注目!「SELFLERRY」では自分の写真や動画で稼げる!

最近、写真や動画を全く撮らなかったという人はいるでしょうか?多分、あまりいないでしょう。特に、日本人の場合、スマートフォンなどを1人1台くらいは持ってるでしょうから、好きな時に好きな場所で簡単に写真を撮ることができます。

そしてカメラの性能もどんどん良くなってきています。少し前のコンパクトデジタルカメラよりも高性能なカメラ付きの携帯も珍しくないでしょう。よって、そんなに頑張らなくてもキレイな写真やおもしろい写真を撮れてしまいます。

実際のところ、写真の撮り方を少し勉強してみる程度でも、人を感動させるようなプロのような写真や動画を撮れるようになれるでしょう。更に、商品として売ることもできちゃうような高品質な写真を撮れる人も思ったよりたくさん出てくるでしょう。

それならば、写真や動画を売りたいと思う人は結構いるのではないでしょうか。実は筆者自身、某サイトでクリエイターとして写真を公開しております。若干のお小遣いも稼いでいます。今回ご紹介する「SELFLERRY」はまさにそういう人が大喜びの、ビジュアルコンテンツを収益化できちゃうプラットフォームです。

SELFLLERYとは?

SELFLLERYとは、マルチファンクションソーシャルプラットフォームです。具体的には写真や動画などのビジュアルコンテンツを発表したり配布したりするソーシャル活動を通じて、暗号通貨(仮想通貨)で報酬をもらえるというプラットフォームです。 このプラットフォームはイーサリアムブロックチェーン技術を基盤として構築されています。

デジタル撮影市場

SELFLLERYのホワイトペーパーによりますと、2017年に撮影された写真の数は1兆2千憶枚を超えるんだそうです。この数は2013年より6000億枚多く、2016年よりも1000億枚以上も多いということです。

今や、子供からかなりのシニアの方までカメラ付きの携帯を常に持ち歩いているのだから、写真や動画を撮っている人が多いのは誰もが想像できることです。しかし、撮られた写真の数の多さにはびっくりですね。

筆者でさえ、日常生活の中で1枚も写真を撮らないという日は滅多にありません。きっと多くの人が同じような感じではないでしょうか。そして、何かイベントがある時には何枚も写真を撮ることも珍しくないでしょう。

それらの写真の中には、誰か、あるいはどこかの企業がお金を出してでも入手したいくらいの優れた写真もあるでしょう。そして、スマートフォンのカメラはさらに改善されています。今後、更により良い写真や動画、つまりビジュアルコンテンツを撮影する人が増えるでしょう。

現時点でのビジュアルコンテンツの収益化の問題点

優れた写真はたくさんあるはずなのですが、それら全てのビジュアルコンテンツが公の前で公開されているわけではありません。それらの公開されていないビジュアルコンテンツの中には、十分に収益化出来る品質の物も多いでしょう。

しかし、現状ではビジュアルコンテンツを収益化する方法は2種類しかありません。

1.ウエブページに写真を貼り、広告を貼るという方法
2.直接写真を販売する

かなり前から、自分の写真や動画などのビジュアルコンテンツで収益化しようと思うのならば、確かにこの2つしかないような気がします。

※そして、もうひとつ!
もうひとつの方法をあげるとすると、筆者がこのパターンなのですが、写真サイトに写真をアップロードして、それでダウンロードされた数によって報酬をいただくというパターンです。

これは上記の1と2を合わせた方法ですね。自分自身では自分のサイトで収益化できるほどのアクセスは残念ながら見込めないので、写真サイトに登録をして、そこに写真をアップロードしています。

更に言いますと、できるだけ多くの人に写真を見てもらうだけでも楽しいので、写真サイトに写真を投稿しているという面もあります。

このような感じで、素敵な写真を写真サイトにアップロードしている沢山のアマチュアフォトグラファーなどのクリエイターがいるでしょう。そして、写真を掲載する場を提供してくれている会社は有料会員や、広告などで利益を獲得しているのでしょう。

しかし、自分の写真や動画などのビジュアルコンテンツをもっと効率的にマネタイズできれば、クリエイターはもっと楽しくなるのではないでしょうか?

そういう思いを持つクリエイターにおススメなのが、ブロックチェーン技術を使用して構築したのがSELFLLERYのプラットフォームです。

SELFLLERYでの収益化の方法は?

1.「いいね」をしてもらったら、YOUトークンがもらえる
2.写真のライブラリーで写真を売る
3.広告キャンペーンなどに参加をして報酬をもらう
4.特定の写真タスクによるボーナス
5.写真コンテストに参加することで報酬をもらう
6.最高の視聴率を稼いだりソーシャル活動をよく利用したりすることで押し上げられた乗数にもよる(ロイヤリティ乗数というのがある)

つまり、自分の作品を評価してもらいやすくなり、そして、自分の作品を通して直接報酬をもらえるという素晴らしいメリットがありますね。

筆者も自分の写真を掲載している個人ページに「この写真が気に入っていただけたり、使っていただけたりしたら投げ銭をしていただければ励みになります」とメッセージを出しています。

しかしながら、筆者のブログのトラフィックは1日数人程度なせいか、まだ投げ銭は一度もいただいたことがありません。

ユーザーの裁量で寄付もできる

SELFLERRYでは、毎月、利益の10%を様々なチャリティーに寄付しているということです。SELFLERRYのユーザーは自分の収入から寄付をするパーセンテージを決めることができます。

寄付というのは、自分で調べてまで行おうとはなかなかしないけれど、簡単に確実に寄付ができる窓口があるのであれば、少しくらいは寄付をしたいという人も結構いるはずです。YOU はブロックチェーンテクノロジーがベースとなっているトークンですので、取引の時の透明性が高く安全です。寄付をする側も安心できます。

こんなことを言ってしまうと夢がなくなる感じですが、寄付の分野にも詐欺が多いです。ですから、透明性が高い安全な暗号通貨の利用が適してると言えるでしょう。寄付をいう方面にもしっかりと着目しているSELFLERRYはなかなか立派ではないでしょうか。

気に入った製品などの買い物もできる

ユーザーはYOUトークンやその他の暗号通貨で、化粧品、スマホなどの商品を買ったり、美容手術や整形手術、そして、写真プリントなどのサービスを購入したりできます。
自分のビジュアルコンテンツでの報酬で買い物をするのも楽しいでしょう。

では、このSELFLERRYのICOについてご紹介します。1カ月弱の短いICOです。

SELFLERRYのICOの概要

このプロジェクトのタイプ

ブロックチェーン

ウェブ

https://tge.selfllery.com/jp

カテゴリー

ソーシャルネットワーク

全供給量

85,937,500

トークンの名前は?

YOU

※プロジェクト名からは想像がつかないトークンの名前なので要注意!

トークンの価格は?

1 YOU = 0.001 ETH

クラウドファンディングのスタート

2018年3月5日

クラウドファンディングの終了

2018年3月26日

写真や動画に興味があり、楽しく収益化していきたいという人にはSELFLERRYは気になる存在でしょう。楽しめそうなプラットフォームだということで、投資の対象にもしやすいかもしれません。

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。
linea