Facebookがブロックチェーンの研究チーム発足へ

SNSとしておなじみのFacebookでは、メッセージがやりとりしやすい「メッセンジャー」アプリがあります。
このアプリの統括マネージャーだったデビッド・マーカス氏が、フェイスブックはブロックチェーンの研究グループを作った。と明らかにしたことが話題を呼んでいます。

自身のフェイスブックアカウントでコメント

デビッド・マーカス氏はメッセージアプリMessenger部門の幹部を4年勤めており、大手仮想通貨取引所のCoinbaseの取締役を務めていることでも知られています。ちなみに国際送金システムのPaypalのCEOを務めた経験もあるんですよ。

2018年1月にはフェイスブックで仮想通貨とICOの広告を全面禁止にしたことが話題となりましたが、実は同じ月にCEOのマークザッカーバーグ氏は「仮想通貨のような分散型プラットフォームは、従来の中央集権から民衆が力を戻すことを助けるもの」だと語っていました。同時にマーカス氏は仮想通貨やブロックチェーンに興味があるようだ、ポジティブな面でもネガティブな面でも。とも続けています。

仮想通貨の広告を禁止したり、SNSと相反するブロックチェーンを支持する動きを見せたのは意外です。これはライバル企業の台頭が大きいと見られています。

ザッカーバーグ氏は先日20億ドルの資金調達を成功したテレグラムなどの国内のコミュニケーションプラットフォームの躍進に注目しているとCNBCは報じています。

とくに最近若年層を中心に人気のある投資アプリのRobinhoodに注目しているんだとか。このアプリは誕生したばかりにもかかわらず、56億ドルの市場価値を誇っています。ザッカーバーグ氏やフェイスブックの幹部はロビンフッドの使用者がフェイスブックと大きくかぶっているので、脅威的なライバルだと感じているんだそう。

これらの要素から、巻き返しを図るためにブロックチェーンプロジェクトに会社にとって重要な人物を配置したと考えられています。

マーカス氏のコメント全文

デビッド・マーカス氏が発表したコメントは以下の通りです。

After nearly four unbelievably rewarding years leading Messenger, I have decided it was time for me to take on a new challenge. I’m setting up a small group to explore how to best leverage Blockchain across Facebook, starting from scratch.

When I joined Messenger, under 300 million people were using it every month, since then we’ve added well over 1 billion people. We’ve crafted many new experiences from video chat to P2P payments, a capable camera and new features like games. We opened the platform and now over 200,000 developers are creating experiences and over 8 billion messages are sent between people and businesses every month. Looking forward, I’m excited about Messenger’s upcoming redesign I’ve shared an early look at this year’s F8. I think you’re going to love it!

It’s been an honor to lead the amazing Messenger team, their commitment to making Messenger the best it can be is unsurpassed. I will miss them but I know Messenger is in great hands with Stan Chudnovsky and they will continue to create amazing experiences for all the people who depend on it around the world.

Messenger is now one of the most important apps in the world, and its future is unbelievably bright. The saying is that the journey is more important than the destination, and what a remarkable journey this was!

Onward!

訳:
メッセンジャーアプリが予想以上に成功した後、私は新しい挑戦をすべきだと判断しました。
少人数のグループを立ち上げ、フェイスブック全体でブロックチェーンを活用するために模索しています。

私がメッセンジャーに参加した時点では、毎月3億人もの人がアプリを利用していました。
時がたち、今では10億人以上が利用しています。

高機能カメラ、ビデオチャット、P2P決済、ゲーム・・・などの機能まで、多くの経験をしました。(中略 これまでの業績について)

メッセンジャーの再設計についてとても楽しみにしていますし、みなさんも気に入ってくれるだろうと思います。
(中略)
メッセンジャーは現在、世界で重要なアプリの1つであり前途洋洋です。
目的地に行くよりも旅をすることも大切だという言葉がありますが、私にとってこれまでの経験は価値観を変えられるほど重要な旅となりました。

未来へ!

要約するとメッセンジャー部門から離れて、新しいブロックチェーンのプロジェクトを行うという報告でしたね。

大規模な組織再編の発表も

アメリカのメディアによればフェイスブックは今後、大きく分けて3つの部門で事業を行っているようです。

Family of app

Facebook/Instagram/WhatsApp/Messengerなどのグループ内のアプリを担当します。

Central product services

広告・データ分析・セキュリティなどのこれまでと同様のサービスを担当する部門です。

New platform and infra

(新しいプラットフォームとインフラ)という名の通り、これからブロックチェーン技術/ER(拡張現実)/VR(仮想現実)/エンタープライズテクノロジー/人工知能(AI)などの新技術を専門に担当します。

ザッカーバーグ氏は2018年にフェイスブックを立て直すと宣言しています。同じく仮想通貨の広告を禁止しているTwitterのCEO・Jack Dorsey氏もビットコインの可能性を高く評価しているので、近いうちに大きな変化が見られるかもしれません。

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea