ゴールドマンサックスも参戦予定? 仮想通過の将来性とは

皆さんは「ゴールドマンサックス」をご存知でしょうか?

今回はゴールドマンサックスが仮想通貨に参戦する予定とされているということについて紹介させていただこうと思います。今回紹介させていただくことを参考に仮想通貨が今後どのようになっていくのか将来性などを把握しておいた方が良いといえますので是非最後までご覧ください。

ゴールドマンサックスとは?

まず最初に「ゴールドマンサックス」について紹介させていただこうと思いますが、ゴールドマンサックスというのはアメリカ合衆国のニューヨーク州に本社を置いている金融会社となっています。ゴールドマンサックスというのは世界中の企業や金融機関、政府に対して「金融サービス」などを提供しているというのがあります。

ゴールドマンサックスはアメリカ国内だけではなく世界中で有名な企業として存在しているというのがあるわけですが、そんなゴールドマンサックスが「仮想通貨」の売買に参戦する予定だとニューヨークタイムズが5月2日に発表しました。

ゴールドマンサックスは他の投資銀行とは差別化を図るために「ビットコイン」の投資家や金融機関で契約を行う予定としています。また「ゴールドマンサックス」の役員でもあるラナ・ヤレド氏というのはクライアントから仮想通貨「ビットコイン」の先物を保有したいと依頼を受けたことに対して共有して、今回紹介させて頂いているように仮想通貨の売買に参戦する予定とされているわけです。

またラナ・ヤレド氏は「ビットコインは詐欺通貨ではない」と結論付けており、今回の決定に至ったわけです。

仮想通貨の将来性について

ではゴールドマンサックスの参戦が予定されることによる仮想通貨の将来性について紹介させていただこうと思います。仮想通貨というのは「規制」などもされていくとされており、世界金融なども「仮想通貨」が浸透していく中で注意しなければいけないことも沢山あると言っているわけです。

実際に世界中で仮想通貨の詐欺やハッキングなどが行われており、仮想通貨に対して不安視している方も多いというのがあります。ですが、今回紹介させて頂いているようにゴールドマンサックスが参加することによって、仮想通貨に投資をする方も少なからず増加するといえます。

またゴールドマンサックスが参加することによって仮想通貨の普及というのは促進されると私は考えており、実際に金融機関などにサービスを提供しているということもあるため、仮想通貨のサービスを今後は提供していくのではないかと予想しています。
それに伴い、仮想通貨のセキュリティ面が強化されることによって仮想通貨の安全性というのは少なくとも高くなります。そうなることで仮想通貨は更に流動性なども高くなり、仮想通貨の需要というのも非常に高くなるといえますので是非今回紹介させていただいたことを参考に頂けたらと思います。

まとめ

今回はゴールドマンサックスについて紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨というのは今後も多くの企業というのが参加していくと思われます。

中国やロシアのように仮想通貨を全面的に禁止としている国であったり、日本やアメリカなど仮想通貨の使用を認めている国など様々な国がありますが、このような国に対してゴールドマンサックスのように大手の企業が参入することによって仮想通貨に参入する企業も更に増加すると思います。

そのため、是非今回紹介させていただいたことを参考にして仮想通貨というのは将来性が高いと言えますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea