【ICO】ヘルスケアは「Clinicoin」で報酬をもらいながらなら続くかも!

生きている間はできるだけ健康で、自分のことは全て自分でできるのが最も幸せなこと。そんなことは誰もがわかっていて、思ってもいるけれど、多くの人はそれが意外に難しいことだと気が付きます。

だから、特に健康に問題がないと感じている間は、健康管理は長く続けてこそ効果が表れるとわかっていても、なかなか続かないのが普通です。

ではなぜ続かないのでしょうか?つまらないから?まだ自分は健康に違いないと思っているから?明日から始めようと思っているから?どうしたらいいのかわからないから?それとも忙しいからそんなことに時間をかけている暇はないからでしょうか?

今回ご紹介するICO「Clinicoin」のホワイトペーパーにはこんなことが書いてありました。 

”健康的な活動を促すためのインセンティブと報酬の使用の成功は実行されています。ユーザーは報酬があれば行動を変えます。”

つまり、私たち一般人はお金をもらえれば、面倒に感じる健康管理もやるようになるということですね。なんというか、笑えるような笑えないような……。実証されているというのですから、そういうものなのでしょう。

そして、このClinicoinはブロックチェーン技術を利用したグローバルウェルネスをテーマとしています。ヘルスケア活動に報酬を提供してくれるプラットフォームです。これからの時代、そして特に少子高齢化が進んでしまっている日本人に必要なのはこれでしょう!

Clinicoinとは

ヘルスケアとウェルネスを改善するために、一般の利用者、プロバイダー、ディベロッパーをClinicoin(CLIN)でつなぐプラットフォーム機能、プレミアムコンテンツ、インセンティブ、報酬システムへのアクセスなどを提供する、機能的なユーティリティトークンです。

対象としているのは、健康、ウェルネス、ライフサイエンスなどの分野に関わる患者、プロバイダー、ディベロッパーです。

Clinicoinプロジェクトを掲げるMosioで着目している現在のヘルス業界の問題点

現在、一般の人々でもたくさんの情報に簡単にアクセスすることできます。スマホでいつどこにいても、簡単に知りたいことが検索出来てしまいます。しかし、その情報が正確なものであるとか、好ましいものであるということはその分野に詳しい人でなければわかりにくいということがあります。

それゆえに以下のような問題があります。

●正しい選択ができていない

ホワイトペーパーによりますと、米国で早期死亡をする方の半分近くは、日常生活での行動によるものだったりするということです。
つまり、自分で予防可能な要因によるものだそうです。

更に、世界保健機構(World Health Organization)によりますと、非伝染性(慢性)疾患は全世界の死者の70%を占めるのだそうです。
【参照】WHO | Noncommunicable diseases
つまり、ひとりひとりがもっと正しい知識をもち、しっかりと管理できれば、もっと健康に過ごせる可能性が上がるということになりそうです。

●一方はお金をもらう側、もう一方はお金を失う側

病気やケガをして病院に行ったら、病院側はもらう側、患者はお金を支払う側であって、それは変化しません。軽い疾病や不調でちょっと医療機関に相談に行きたい程度であっても、患者側というか相談したい側は一銭たりとももらう側にはならないのが普通です。

しかし、Clinicoinプラットフォームでは患者、つまりユーザーもトークンを獲得できます。つまり報酬をもらうことができるのです。
だからこそ、なかなか続けられない健康管理も続けやすくなるというわけです。

ユーザーが報酬をもらう方法は大きく次の4つ!

1.ユーザーはヘルスケア活動に参加する
2.医療機関からのプレミアムメッセージを読む
3.医師や研究者などと一緒に必要な作業を完了する
4.プラットフォームの宣伝などを行う

これらは特に難しいことではなく、プラットフォームを利用しながら健康でいられれば自然にできてしまいそうなことですし、それでCLINトークンがもらえるのですから頑張れるでしょう。そこがポイントです。報酬があれば、人間の行動は変わるということでした。悲しいような笑えるような、でも否定のできない現実というところでしょう。

プラットフォームを利用することのメリット

Clinicoinのプラットフォームは安全なメッセージのやり取りができるように設計されています。それにより、ユーザー、ディベロッパー、プロバイダーは安全にメッセージのやり取りが可能です。それが、3者それぞれにメリットをもたらします。

●ユーザーのメリット

様々なツールにアクセスでき、ユーザー同士でコミュニケーションもでき、健康管理ができます。

●ディベロッパーのメリット

プラットフォーム上でアプリケーションを直接構築できます。そして、それまでにあるシステムなどに統合できます。

●プロバイダーのメリット

純粋に利用者を増やすことができます。また、費用対効果に優れた安全なメッセージプラットフォームやデジタル報酬を通じて、よりたくさんのユーザーに利用してもらいやすくなります。

ClinicoinのICOの概要

このプロジェクトのタイプ

トークン(CLIN)

プラットフォーム

イーサリアム

ウエブ

https://clinicoin.io/ja

カテゴリー

ドラッグとヘルスケア

全供給量

3,000,000,000

トークンの価格

1 CLIN = $ 0.03 (ボーナス前)

クラウドファンディングのスタート

2018年2月21日 太平洋時間午後5時

クラウドファンディングの終了

2018年5月31日 太平洋時間午後6時

クラウドファンディング中の割引

●1~4日目:50%ボーナス(各0.02$)
●5~7日目:35%ボーナス
●2週目:23%ボーナス
●3週目:20%ボーナス
●4週目:10%ボーナス

このような、ヘルスケア、ウェルネスのプラットフォームが一般人には最も使いやすいのではないでしょうか。特に忙しい世代には最も受け入れられるような気がします。

筆者自身もスマホにヘルスケア関連のアプリは入れてあります。一応、名前が通った有名なものを入れています。それしかそのアプリが信頼できるものなのかどうなのかを確認できる簡単な方法が見つからないからです。あとは試用版で使ってみて使いやすかったということも大きいです。

ただ、3つくらいのアプリをインストールしなくてはいけなくて、それぞれに都度ログインしなければいけないというのも、なかなか面倒です。

これがブロックチェーン技術やスマートコントラクトを使っているものであれば、1つのアプリでもっと簡単に使えるのだろうと思ったりしています。
これから、最も受け入れられやすいのが、ヘルスケア関連ではないかと思い、ご紹介させていただきました。

ClinicoinのICOカレンダー

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。