猿でもわかる。Ethereumについてまとめてみた!

猿でもわかる。Ethereumについてまとめてみた!

EthereumはBitcoinに次ぐ仮想通貨・暗号通貨として多くの人が知っているのではないでしょうか。10月に大型アップデートを控えているEthereumについて、基礎的な部分も含めてもう一度おさらいしてみましょう。

Ethereumはプロジェクト名

Ethereumは仮想通貨の名前ではありません。プロジェクト名です。このプロジェクトで活用される仮想通貨を「ether(イーサ)(ETH)」と呼びます。Ethereumという名前が選考的に知られてしまっているため、よくわかっている人にとっては今の状況はごちゃごちゃしているなという印象ではないでしょうか。
Ethereumプロジェクトで最も重要なキーワードはスマートコントラクト呼ばれる機能です。これは、金銭的なやり取りだけでなく、それに附帯する条件なども含めてすべてコンピュータで管理してしまおうという技術で、非中央集権的な仮想通貨の仕組みと融和性が高く発展性のある技術として注目されています。詳しくはこちらを参照してください⇒スマートコントラクトは何が「賢い」のか?

スマートコントラクトと現実世界

スマートコントラクトによる契約の保持と履行は、仮想通貨と現実世界を結びつける強い絆となるのではないかと期待されています。日本ではビックカメラがいち早く決済にビットコインを導入しました。これは仮想通貨の持つブロックチェーンを上手く活用することによって、現実的な通貨と交換しようという仕組みです。Ethereumが目指しているスマートコントラクトは、この交換や売買についても重要な役割を持ちます。すなわち、Ethereumは現実世界で仮想通貨を活用していくためになくてはならない技術を発展させようというプロジェクトでもあるのです。期待が膨らむ理由がわかりますね。

アップデートを控えるEthereum

仮想通貨内でトップクラスの人気を誇るEthereumですが、2017年10月に大幅なアップデートを迎えることになります。これをEthereumではメトロポリスと呼んでおり、もともと予定していた4回の大型アップデートの内の3回目に当たります。アップデートの内容は大きく分けて4つです。
① スマートコントラクトの簡略化
② 匿名性の強化
③ セキュリティの強化
④ マイニング難易度の減少
特にスマートコントラクトの簡略化とマイニング難易度の減少は、Ethereumを扱う人たちの参入障壁をさらに下げてくれるということで非常に期待が高まっています。Ethereumはスマートコントラクトを掲げるプロジェクトであることは先述しました。スマートコントラクトを簡略化していくことでEthereumをベースとした起業やシステムが更に開発されていく可能性があります。また、セキュリティや匿名性を強化してくれることは、取引所などで仮想通貨を使って資金を増やそうとしているプレイヤーにとっても非常にうれしい事ではないでしょうか。

Ethereum隠れた注目点

Ethereumの隠れた注目点を2つご紹介しましょう。1つが「EEA,Enterprise Ethereum Alliance,イーサリアム連盟」、通称イーサリアムアライアンスと呼ばれる企業体です。Ethereumの開発理念やスマートコントラクトが形作っていくであろう未来に対して賛同した現実にある企業がグループを作っています。アクセンチュアやMicrosoft、J.P.モルガンやマスターカードなど日本でもよく知られている非常に有名な企業が賛同している企業体です。こうした企業が参画していること自体がEthereumの目指す未来が希望にあふれていることを示しているのではないでしょうか。
もう1つの注目点は、アメリカSECがEthereumのETFを承認するかどうかが議論になっています。(詳しくはこちら(英語)。) ETFとは上場投資信託のことで、株の売買と同じように証券会社を通じて取引が出来るようになります。この対象としてBitcoinではなくEthereumが挙がっているのです。この承認がなされれば、さらに多くのプレイヤーがEthereumについて興味を持つのは間違いありません。

Ethereumの未来

まだまだ注目すべきポイントがたくさんあるEthereum。その価値や期待度は計り知れないものがあります。十分に注目されているといえるかもしれませんが、その潜在能力を正確につかんでいる人はまだ誰もいないのかもしれません。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。