MINEのマイニングファームにあの有名ユーチューバーが! ICO楽しみ!

ICO情報を特集しているブログを何件か見ていると、「革命的コインキャンペーン」という素通りできない文字を見つけたのでチェックすることにしました。

するとそれは「MINE(マイン)」というコインで、和製ICOなのか、日本人が多く関わっているコインだということはすぐにわかりました。

それでさっそく同じMINEのことをまとめているブログを読んでみると、内容からにうけるイメージが「?」というものでした。

「?」と思ったのは、公式サイトになかなかたどり着けなかったからです。どうも、最初のうちはメルマガを購読しなければ、情報を得ることはできなかったようでした。

しかし、公式サイトが見つかりました。それをチェックしてみると、プライベートセールは既に行われていたようですが、トークンの配布、いわゆるICOもこのQ2にあるということです。

ではMINEについて、ご説明していきます。

MINEの特徴

まず上記の動画は「MINE JP」のオフィシャル動画です。とても分かりやすくできています。

MINEは法定通貨を使わない、MINEだけの経済圏を目指しているということです。

MINEは通貨を増やすことや、使うことをもっと便利にします。もちろん、普通にお財布に入れるようにMINEを保管できます。

さらに、MINEは他の仮想通貨と同じように、買ったり売ったりもできます。

MINE経済圏が浸透すると、もっと資産を増やしたいという思いは、もっとMINEを増やしたいということになるでしょう。

そして、MINEは持っているだけで増やすことができる仮想通貨です。これがMINEの大きな旨味でしょう。それはマイニング配当があるのです。

MINEをホールドするだけで利益配当?

実はMINEを保有しているだけで、マイニングで得た利益配分の権利を得られるのが、MINEの大きな特徴なのです。

つまり、MINEをただ保有しているだけで、マイニングファームでマイニングして得た利益の分配分がどんどんたまっていくというしくみになっています。

実はこのマイニングファームに、あのユーチューバーのラファエルさんが出向いた動画が、公式MINEのTwitterでアップされていました。

なかなか立派なマイニングファームに見えます。それにしても、ラファエルさんはいつみても、いい味だしていますね。

ただし、今のところはマイニングの報酬に関しては、Twitterで見た限りではあまり期待できないような結果が出ているようです。

ただ、これは本格的にICOをして資金が集まったら、また状況が変わることもあるのかもしれません。

デビットカードで買い物ができる

MINEには、デビットカードがあります。ですから、必要な時に必要なだけ使えます。しかも、世界中で使えます。

このデビットカードがあれば、自分の法定通貨の資産の多くをMINEに変えてしまっても、あまり困ることなく生活できそうですね。

このデビットカードはとても使いやすくてよいのではないでしょうか。

MINEが怪しいといわれていた理由

MINEのICOについてネット検索をすると、「詐欺」とか「あやしい」という言葉がたくさん見つかってしまいました。

これはアクセス稼ぎかも、なんてちょっと面白半分にそれらのwebを覗いてみたら、なるほど……と思う部分もありました。

それをご紹介しましょう。

特定商取法引の販売者の名前が個人名

「吉田慎也氏」という名前が記載されています。

ICOを個人名で行うというのはかなり珍しいです。今後の日本のICOの規制では、これは通らないのではないだろうかと思ってしまいます。

個人名というのは、確かにちょっとあやしいと感じてしまう部分は否めません。

特定商取引の「お問い合わせ先連絡先」がメールアドレスだけ

お問い合わせ先の連絡先がメールアドレスだけというのは、少々心許ないきがしないでもないですね。

要するに、メルマガを購読してくださいということなのでしょう。メールを購読しないとわからないことだらけだったので、あやしい感じもしたのでしょう。

ここまでみてきまして、このあやしいとうわさされていた部分は、まだ吉田氏が、準備が整っていないうちからどんどんICO作業を進めていたということがあったような気がします。

ホワイトペーパーがない?

大丈夫です!ホワイトペーパーは2018年5月6日現在、ちゃんと存在します。

ホワイトペーパーの作成予定が2018年Q2ということですから、最近、作成されたばかりなのかもしれません。

現在は日本語のホワイトペーパーもありますし、見やすいサイトもありますので、時間がある時にでも確認してみてくださいね。

このように見てみますと、マイニングファームを建設したり、どんどんできることからやってきている感じです。

つまり、MINE側では準備が整っていない時点での記事がネットにたくさんあり、それが目立ってしまっているみたいです。

TMINEのwitterなどを見ていても、少しずつ準備が整ってきているようです。

資金の使用用途

調達額を1億ドルとした場合では、

  • 30%……開発、運営費
  • 70%……マイニングファーム建築費

この30%の開発、運営費は以下のように分配される予定です。

  • マーケッティング……10%
  • ウォレット開発…5%
  • 銀行運営…5%
  • マイニングソフトウェア向上…3%
  • 人件費・事務経費…3%
  • 取引所上場経費…2%
  • リーガル…2%

ICOの概要

  • トークン名:mine
  • シンボル:mine
  • トークン販売数:250,000,000,000
  • トークン価格:1 mine = 0.001ドル
  • ハードキャップ:2.5億ドル
  • トークン実装:ERC20
  • 日程:2018年5月6日現在、まだわからない

※トークンセール前に各通貨のレートを確定して、告知する

ICO中のボーナス

  • 1,000 USD 相当以上:-
  • 100,000 USD 相当以上:5%
  • 1,000,000 USD 相当以上:10%

※ハードキャップを達成したその時点で、ICOは終了となる

ICOのスケジュールなどは、TwitterとかWebをまめに確かめるようにしましょう。
Twitter:https://twitter.com/MINE__official
Web:https://mine-coin.net/jp.html

マイニングでの利益が大きいと、MINEの魅力度アップしそうですね。はたして、どうなりますか……。

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea