【ICO】「Project PAI」で自分そっくりのアバターに仕事させる!恋人も探す!

自分にうりふたつの3Dのアバターが分散型プラットフォーム(PAI ネットワーク)で、様々な理由で自分自身ができないことをやってくれるとしたらどうでしょうか?聞くだけで、いえ、想像するだけで楽しそうな気がしませんか?

中には、自分にそっくりなアバターなんて気持ち悪いと思う人もいるでしょう。しかし、皆がそれに慣れてしまえば、声だけのコミュニケーションや、文字だけのコミュニケーションよりも楽しいコミュニケーションができるようになるような気がしませんか?

そして、この賢い3Dアバターを「Personal Artificial Intelligence(パーソナルアーティフィシャルインテリジェンス)」または、その頭文字をとって「PAI」と呼ぶんだそうです。AI、つまり人工知能が組み込まれているアバターということですね。自分よりも賢くなってしまったらどうしよう……なんて思ってしまいそうですが……。

ちなみに、このアバターは、あなたにみたいな外見で、あなたみたいな声を出し、そしてあなたのみたいな行動パターンをする賢いアバターです。そのアバターを見て、自分でもびっくりするかもしれませんし、かなり照れ臭いかもしれません。

ではプロジェクトPAIとはどのようなものなのか、というところからご説明します。

プロジェクト PAIとは

プロジェクトPAIは、世界中の誰もが、会話ができ、考えることができ、そして行動をする、「まるで自分そのもののようなアバター」を持つべきだ、そういう権利がある、という考えを思っています。

そして、自分のPAI、つまり自分のアバターをオーナーとして、私たちはオンラインで、どこにいるかを決めることができます。より多くのデータを自分のPAIに提供したら、PAIはより正確に自分自身の好みなどを反映してくれます。そして、毎日の生活の中で、PAIを中心としたユーザーと係れます。

ではここで、プロジェクトPAIのよきパートナーであるObEN社のPAIのデモ動画を見てみましょう。この動画に出てくる男性Nikhil氏は、ObEN社のCEOです。彼は南カリフォルニア大学でMBAを取得し、ポンディシェリ大学で電子工学の学士を取得しているとのことです。

動画のPAIの表情がとても豊富でちょっとびっくりしてしまいます。慣れないと、ちょっと気味悪い、なんて感じてしまう人もいるかもしれません。

自分にそっくりの自分のPAIを見たら、どんな気分になるんでしょうか?想像もつかない世界ですが……。

PAIは本人が話せない言語も話せる

上記の動画で、Nikhil氏のPAIが突然英語から中国語に言語を変えていたシーンがありましたが、PAIのスゴイと思えることは、本人が話せない外国語も、PAIは話せるということです。PAIは人工知能ですから、文句をいわずにどんどん学習してくれます。そういうところは最高に便利です。この機能が、草の根交流に役立ちそうな気がしませんか?

特に、日本人のように、シャイな国民性も相まって、長時間英語を学習してきている英会話に不自由さを感じる国民には、この機能がとてもいい方向に働きそうなきまします。

AIにより自分の思考や性格などをよく理解しているアバターが、自分の話せない言語で、自分のようにコミュニケーションをとってくれることにより、自分の世界を広げていけそうですね。

自分のアシスタント

PAIはあなたがするように,、あなたのしなければならないことをすることができます。ですから、あなたはあなたの注意力を他のところで集中させることができます。このアシスタント機能で、たくさんの時間を温存できるというメリットがあります。

また、ホワイトペーパーを読んでおもしろいと感じたのは、自分のPAIに自分の好みのファッション、最新のデザインなどを学ばせておくと、PAIはそれを理解します。そして、AR(AR眼鏡とか拡張現実とか言われる変な水中眼鏡みたいなやつのこと)を使えば、違う服を着るのを見ることができるんだそうです。

そのPAI、つまりアバターは基本的に自分に似ているでしょうから、その服がに合うかどうかも、わざわざ自分が着なくてもわかるわけですね。そして、そのアバターが着ている物で好きなものがあったら、実際に自分用の服を購入できたりするんだそうです。

アバターの体型が本当に自分そっくりだったら、その服を着た自分がどんな風に見えるのかがわかったりするのは楽しいかもしれませんね。買い物に失敗しなそうです。

ヘルスケア

PAIは医師と患者の関係のよい駆け足になります。あなたをヘルスケアのスペースにいさせることができます。

現在の生活で、医師との関係が実はあまりうまくいっていないと感じているは決して少なくないでしょう。うまくいっていないとまでは思っていなくても、どこか半分諦めた気持ちで医師と向き合っている人も少なくないでしょう。

医師側

これには、医師はとても忙しいく、人気のある医師ほどひとりの患者の診察やコミュニケーションに時間をかけていられない、という部分があるでしょう。もっと緊急を要する患者が待っているということも多いはずです。

しかし、本当はもっと患者さんとかかわりたいという医師もいるでしょう。直接、もっと時間をかけて患者さんと話すことで、新たなる医学的な発見があるかもしれませんし、そうするほうが医師としての満足感が得られるという場合もあるでしょう。

患者側

患者側も仕事や家事でそれぞれ忙しい時も多いでしょう。何時間も待合室で待ち、ほんのわずかな時間の診察後、次は薬をもらうのにまたかなり待って、結局半日以上かけて病院通いをするというのは大仕事です。時間的にも体力的にもしんどかったり、無理だったりする時もあるはずです。

医療体制の整っていない海外の国や地域

海外にはヘルスケアシステムが整っていない国や地域もあります。そこに住む人々には大きな恩恵がありそうです。ホワイトペーパーにNGOホスピタル(政府組織に頼らないで設立された国際組織)についての記述があるのですが、ボランティア医師が患者の質問に答えるのにPAIを頼りにしているとのことです。

この医師のPAIは、PAI作成した状態のままでいるのではなく、使えば使うほど成長していきます。また、このPAIを使うことで、たくさんのデータを収集でき、そして関係者でシェアしたら、ヘルスケアシステムが整っていない所に住む人の多くを救えるようになるでしょう。また、医学の進歩にも役立つでしょう。

そう考えますと、この分野にPAIを導入するというのは世界が変わりそうな気はしますけれど、いかがでしょうか?

ソーシャルネットワーキング

PAIはオンラインであなた自身を表現するより多くの方法を提供します。ですから、オンラインでしか会えないSNSの知り合いとでも、簡単に会うことができます。つまり、PAIで忙しい男女の出会いも期待できるかもしれませんね。

このアイディアはおもしろいといえばおもしろいですし、なんか変?と思ってしまえば変に思えてしまうかもしれませんね。変な話しですが、男女の出会いにおいて、自分の思考をとてもよく理解してしまっているPAIの行動に、ちょっとヒヤヒヤしてしまいそうな気がしたりしませんか?

エンターテインメント

このエンターテインメント性についてもとてもおもしろいアイディアです。

ここではホワイトペーパーに書いてある方法のごく一部をご紹介します。

セレブがよりたくさんファンと交流する方法として利用

有名人とかセレブとかいう人たちが、ファン獲得、そして維持のためにファンともっと一緒に過ごす時間を作らなければならないと思うこともあるでしょう。

しかし、時間的に無理だったり、セキュリティー面で難しい部分があったりするかもしれません。そんな時も、ファンともっとかかわる手段として、PAIを利用するという方法があります。

これはなんというか、使いようによってはとてもおもしろいでしょうね。色々な意味で、です。

子供に本を読んであげるために利用

また、いつも眠る前にモリーちゃんに本を読んでくれているお父さんが、今日は出張でいません。モリーちゃんは毎晩、お父さんからハリーポッターの本を読んでもらうのを楽しみにしていました。お父さんの声が好きなのかもしれませんね。

そんな時、モリーちゃんはPAIをベッドカバーの上に登場させるために、拡張現実(augmented reality = AR)を使います。これで、モリーちゃんはお父さんの表情を見ながら、お父さんの声でハリーポッターを読んでもらい、「おやすみ」と言って眠りました。

このような使い方も、ホワイトペーパーに書かれていました。好きか嫌いかに分かれるかもしれませんけれど……。

ICOの概要

実はICOについてはまだ情報が見つかりません。ただ、縁故セールなどで既に手に入れた方もいるようです。

できるだけ早く情報が知りたい場合は、頻繁にwebにアクセスするか、SNSをフォローして、マメに情報をチェックするとよいでしょう。Twitterを見てみますと、2018年4月24日現在はロスアンゼルスでミートアップを行うというような投稿がありますので、活動中ではあるようです。

詳細はwebでお確かめください。

PAIという自分にうり二つの3Dアバターを持ち、それでいろんなことを楽しめたり、面倒な仕事をさせたりできる、ということで、ちょっとお試しに使ってみた気はしますね。では、詳細が出てくるのを待ちましょう。

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする