OmiseGOは日本人がタイで生み出した、ファイナンシャル・テクノロジー

Ethereumをベースとした仮想通貨が徐々に生まれ始めています。

今回紹介するOmiseGOもその一つです。
OmiseGOは日本人がタイで生み出した、ファイナンシャル・テクノロジーそのものといえるでしょう。
ベースは「Omise」と呼ばれるオンライン決済システム。
仮想通貨が目指している決済システムの技術を有しているといえるため、非常に注目されているのです。

OmiseGOとは何か

OmiseGOのベースになっているOmiseとは、モバイル端末を活用することで、銀行口座やクレジットカードを介在することなく送金や決済ができるアプリケーションであり、このOmiseでやり取りをするための仮想通貨がOmiseGOです。
タイなどの東南アジア諸国の人々は、銀行口座やクレジットカードよりもスマートフォンを持っています。
このスマートフォンから、送金や決済ができるようになったらという需要から、Omiseが受け入れられました。
タイでは、実に2/3のモバイル会社がOmiseのサービスを利用できるようになっています。
この仮想通貨と革新的なサービスが、OmiseGOが期待されている理由といえるでしょう。

OmiseGOがモバイル決済として活用できる理由

少し仮想通貨について勉強してきた人にとっては、このOmiseGOでは手数料はどうしているんだろう?とか承認時間はどうなったんだ?といったような疑問が出てくるのではないでしょうか。
OmiseGOではこうした問題に対応すべく2つの大きな特徴を持っています。
まず、一つが独自のブロックチェーンを開発していること。
現在の決済ネットワークでは、どれだけ頑張っても金融機関のネットワークに依存してしまうという問題がありました。
しかし、OmiseGOのブロックチェーンは複数の金融機関にまたがったネットワークを作り上げることができます。
ブロックチェーンの汎用性やネットワークの信頼性を最大限に活かして、スマートフォンによる決済・送金を可能にしているのです。
もう一つの特徴がEthereumとの連携です。
OmiseGOのブロックチェーンはEthereumのブロックチェーンと連携します。
Ethereumのブロックチェーンは優れたスマートコントラクト技術によって複数のトークンの取引に応用できる拡張性を持っています。
この特徴を活かし、スキン手数料を抑えモバイルマネーとの相互運用を可能にするネットワークを構築しているのです。
OmiseGOのネットワークを活用することで、だれでも支払いや送金だけではなく、資産管理取引などの金融取引も行うことができるようになるといわれています。
仮想通貨を使った現実のお金のやり取りが可能になる世界が近づいてきていると言えるでしょう。

OmiseGOの将来性

OmiseGOの将来性は計り知れません。
一般的に日本のようなすでにインフラがかなり確立している社会はともかく、まだまだ銀行口座やクレジットカードが当たり前の社会は世界で見ても非常に少ないです。
経済発展の目覚ましい中国などは良い例で、このOmiseGOを活用した取引が中国で行われれば、プレイヤーは爆発的に増えることは間違いありません。
その将来性から、SBI InvestmentやSMBCなどの日本の金融大手も投資企業として参加しているほどです。
OmiseGOは決済時のブリッジ通貨として機能していくことでしょう。
性格の近い仮想通貨としてRippleがありますが、こちらは銀行間の送金のためのブリッジ通貨。
一般的な売買取引決済などは想定されていません。
中国・東南アジアという広大な市場に向けてひた走るOmiseGO。
その快進撃にまだまだ目が離せそうもありません。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea