非中央集権的な仕組みを最大限化を謳う仮想通貨Decred

Decred(ディークレッド)は2016年に公開された仮想通貨で、アルトコインとしては比較的古いほうに所属します。

Decredはできる限り中央集権的な通貨システムではなく、プレイヤーの意思や判断を重んじる非中央集権的な仕組みを最大限支持しており、そのための仮想通貨という性格が特徴として出ている通貨です。
Decredの特徴はそのまま仮想通貨が抱えている問題点ともいえるため、Decredをしっかり理解しておくことは、仮想通貨の未来を見通す手助けとなるかもしれません。

Decredのもつ特徴

Decredの大きな特徴はマイニングの際のPoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)のどちらも採用しているということです。
つまりはハイブリッド。
PoWとは参加者が特定の条件を満たす解を求める計算を行い、最初に解を求めたものにブロック使いの権利を与える方法で、Bitcoinなどで活用されています。
PoSは仮想通貨の保有割合や保有期間に応じてブロック追加の優先権を与える方法で、GOCOINやvulcano、WOMENCOINなどの日本ではあまり知られていない仮想通貨に導入されていることが多い仕組みです。
この辺りは、自分でしっかり調べてみることをお勧めします。

Decredの存在意義

実は、Decredは、技術的には先述しているマイニング方法以外に特にBitcoinとの違いはありません。
技術的にあまり特徴のないのが特徴といえるかもしれませんね。
しかし、それ以上にDecredには重要な要素があります。
それが、非中央集権的なコミュニティを最大限尊重しているというもの。
もともと、Bitcoinを開発していく思想の中に、銀行や国などによる一方的な価格や通貨発行量を決めていくことに対する反発というものがありました。
しかし、現実問題として、Bitcoinでは実際のシステム変更などの意思決定は一部のマイナーやマイニングプールの発言力が非常に強く、すべてのプレイヤーの声が届かない、非民主主義的な動きをしています。
Bitcoin CASHが生まれた背景やその時の混乱などを見てみたら明らかでしょう(Bitcoin CASHについてはこちら)。
Decredは、そうした政治的なやり取りを嫌う人々が開発者に集まっており、公式のユーザーフォームなどもほかの仮想通貨に比べて非常に活発です。
開発者やほかのユーザーとリアルタイムでチャットできるフォーラムやチャンネル、掲示板といった仕組みも多く取り入れられており、プレイヤーはいつでもどこでもどんなタイミングでも意見を交換することができるような環境を作り上げています。
さらに、システムの財務状況や初期資金の調達、はたまプロジェクトガバナンスと開発など多くの情報を公開している、非常に透明性の高い通貨です。

仮想通貨とガバナンス

2017年も12月に入り、仮想通貨の値もBitcoinを中心に今まで以上に高まっているのが現状です。
バブル的・投機的であるという意見もありますが、それ以上にブロックチェーンという仕組みの理解が徐々に浸透しつつあり、「記帳」という現在の現金のやり取りでは煩雑だった問題を解決できるという点に注目が集まっています。
有名な機関投資家なども参加しているといううわさがあり、今まで以上に仮想通貨に資金が流れ込んでくる可能性は高まっているといえるでしょう。
しかし、Bitcoin CASHが生まれた背景などを考えてみるとわかるように、仮想通貨のガバナンスは、現金と比べて非常にあいまいであり信用性がどこまでおけるのか不安になっている方も多いのではないでしょうか。
果たして、中央集権的な仕組みか非中央集権的な仕組みか。
仮想通貨のさらなる発展のために、Decredは仮想通貨発展の一翼を担っているのは間違いなさそうです。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea