WELL:ブロックチェーンと医療

なぜ医療にブロックチェーンが必要か?

現在の医学は、革新的なソリューションが最も積極的に統合されている分野の1つです。先端技術の使用によって、提供される医療サービスの質は大幅に向上され、より効果的でアクセスしやすくなります。

医療分野における遠隔医療およびマーケットプレイスの開発はヘルスケア市場の主な傾向の1つです。この分野は数十年以上の歴史を持つが、その発展の活発な段階は、無線通信、メッセンジャープログラム、ビデオ会議システムの普及に関連しています。この数年間で、遠隔医療は見込みの高い成長率を示しています。分析会社BBC Researchによると、2019年までに遠隔医療サービス市場の規模は440億ドルになり、2025年までには1130億ドルまで上る可能性があります。

このような成長にもかかわらず、現代の遠隔医療はまだ最大効率に達していません。質の管理、機密性およびデータ保護の問題、便利で迅速な支払いサービスの作成など、多くの問題に直面しています。集中化の原則に基づいているため、既存のシステムは、原則として、その問題を完全に解決することはできません。

遠隔医療サービス市場の将来は、分散した状態とデータの不変性を主な特徴とするブロックチェーン技術の導入に関連しています。 スマートフォンとメッセンジャープログラムの出現が遠隔医療に発展するための最初のインセンティブを与えたというなら、ブロックチェーンは新しい市場成長段階につながりました。 だからこそ、WELLは世界中の最高の医師と患者をつなぎ、高度な医療専門知識を統合するブロックチェーン医療プラットフォームを開発しています。

ブロックチェーンを医学に使用する5つの理由

1.安全性

医療データは機密性が高いため、それを保護するために特別な要件が必要とされます。自分のデータが第三者の手に渡ったり、失われたりすることを望む患者はいないでしょう。一方、機密情報の漏洩は、現代のデータベースの主な問題の1つです。ブロックチェーンを使うと、データにアクセスするための個人秘密鍵を作成し、情報の完全性と保護を保証することができます。この場合、どれくらいのデータを医師に見せるかを決めるのは、患者自身です。WELLブロックチェーンシステムを通して、患者が自分の病歴を完全に制御できるようにします。

2.アクセスしやすい

もう一つの問題は、現在、先進国においても、大量の医療情報が異なる形で異なる医師の手にあることです。WELLシステムでのブロックチェーン使用は、患者が自分の健康に関する全データ量に常にアクセスできることを可能にします。患者が世界のどの国のどの都市からも医療サービスを求めることができ、自分の健康状態と病歴に関するすべての情報を医師に提供することができます。

3.信頼性

ブロックチェーン記録は、変更、偽造、または削除不可能となっています。 医師のすべての任命および行動に関する情報は、不変の分散型記録として確実に保存されます。

4.質の管理

UberやAirbnbのようなサービスは、当事者による規則の違反や偽造レビューなどの問題に直面したことがあります。WELLプラットフォームでのブロックチェーン技術とスマート契約の使用によって、このような問題を解決することができます。システムは、当事者が規則を守ることを監視し、ユーザーの行動に基づいて、公平な評価リストを作成します。検証手順は、偽造レビューの可能性を排除し、忠実なコミュニティの形成を促します。

5.便利な送金

WELLのブロックチェーン・マーケットプレイスは、支払いのために仮想通貨と会社のトークンを使えます。おかげで、支払いの延期やキャンセルのような問題は起こりません。 これは国際送金の場合は特に便利です。患者と医者の間にどんな距離があっても、いつでもどこでも診察を行うことができます。また、キャッシュカードを持たない人さえも含めて、誰もが高品質の医療サービスを使えるようになります。

ブロックチェーンプラットフォームWELLは今4月15日まで続くトークンのプレセールを行っています。 4月16日にクラウドセールが始まり、5月15日まで、または2800万ドルを集め時まで続きます。4月15日までトークンを購入すると、投資家は30%のボーナスを得ることができます。 プレセールの段階での最低購買量は1,000ドルとなっています。WELLトークンは、Bitcoin、Ethereum、他の仮想通貨で購入することができます。クラウドセールではキャッシュカードでのトークン購入は可能になります。

詳細はこちらへ: joinwell.io

E-mail: crowdsale@joinwell.io

テレグラムのグループ: t.me/joinwell

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする