オランダの中央銀行、ブロックチェーンはインフラに使えないと判断

仮想通貨は投機的な意味合いがまだまだ根強いですが本来はブロックチェーンなどの技術開発が目的です。その副産物として仮想通貨が誕生しているのです。特にブロックチェーン技術の導入はいろんな企業で検討、実証実験が行われています。

オランダでは中央銀行(DNB)がおよそ3年に渡り実験が行われてきましたが現状としてブロックチェーンは金融インフラに活用できないと判断しました。今回はオランダ中央銀行のブロックチェーン導入について解説していきます。

3年に及ぶ実験でブロックチェーンは活用できないと判断

Dukatonと名付けられた分散型台帳技術であるブロックチェーンを使い、オランダ中央銀行は3年にも及ぶ実験を繰り返し金融インフラに使えるのかを判断してきました。決済システムや証券の情報記録システムへの活用ができるのか実験が進められてきました。

実証実験では仕組みの異なるコンセンサスアルゴリズム、取引の検証メカニズムでも試されビットコインのソフトウェアを活用しネットワークを構築。取引と検証成功時のトークン発行、取引手数料について実験されました。

様々な実験から結論としてオランダ中央銀行は現状の金融インフラには活用できないと判断しました。理由は外部からの耐性はあるものの金融機関が必要とする取引量をうまく処理できないと実験により判断したためです。また、システム維持のコストが高額で非効率的とも結論づけています。

現状、ブロックチェーンは金融インフラに活用できないと判断したわけですがオランダ中央銀行は今後もブロックチェーンの技術発展のために開発と投資を行っていくとしています。

ブロックチェーン技術には中央銀行が注目している

今回、オランダ中央銀行は実験の結果、導入を見送っていますがブロックチェーン技術について注目している中央銀行は他にもあります。イギリスの中央銀行であるイングランド銀行は3月に金融行動監視機構とタスクフォースを設置し仮想通貨技術の規制や支援を担っています。

その他、イングランド銀行、カナダ銀行、スイス国立銀行、リトアニア銀行の代表らは仮想通貨と従来の銀行の関係について話し合いをしました。仮想通貨、そして仮想通貨に関係する技術と既存の金融機関がうまくマッチできないか様々な道を探っているのは事実であります。

国内でもブロックチェーンに注目

日本銀行が今のところブロックチェーン技術に関して実証実験などを行っているとの情報は入っておりません。しかし、様々な金融機関はブロックチェーン技術を用いた実証実験をすでにはじめています。

三菱東京UFJ銀行は「MUFGコイン」の実証実験を1年前から行っています。みずほフィナンシャルグループでは「みずほマネー」の開発という報道もありました。証券会社ではカブドットコム証券と三菱UFJフィナンシャルグループが共同の「OOIRI」の導入。楽天証券も本人認証システムをブロックチェーン技術を使えないかと開発をしています。

あげればキリがないほどブロックチェーン技術の導入を検討している企業はあります。大手の金融系企業が実証実験を繰り返し、新たなサービスを提供していくことになれば日本銀行も何かしらで導入や実験を検討するかもしれません。ブロックチェーン技術はこれからどのように発展していくのか楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea