アメリカの大都市・ニューヨーク市がブロックチェーンイノベーションの中心地を目指す

アメリカの大都市ニューヨーク市がブロックチェーンに関するイニシアティブを発表しました。

ブロックチェーンのイノベーションをすることによって、起業家にとって事業を発展しやすい環境を整えようとしています。

またこの発表を行ったのはNYCEDC(ニューヨーク市経済開発公社)です。NYCEDCというのはニューヨーク市の5つの区で経済成長を促進させる非営利団体となっており、企業間の関係を築いているため、起業家のビジネスに協力をしているというのがあります。

ブロックチェーンイノベーションの中心地を目指す

NYCEDCはブロックチェーンの発展に関するイニシアティブを発表しており、ブロックチェーン産業が2017年に2億ドルの財政的支援を受けており、ブロックチェーンに関する需要が2015年に比べて800%増加したことが明らかになっています。

またコンセンサス2018のオープニングではNYCEDCの社長兼CEOであるJames Patchett氏はニューヨーク市のブロックチェーン産業が主導権を獲得するために成長をする上で大切な計画を発表しました。

NYCEDCはブロックチェーンという分野の技術に基盤を築いて、アメリカの大都市ニューヨーク市がブロックチェーンイノベーションの中心地を目指して、確立をしようとしています。その試みとして2つの事にチャレンジをする予定とされています。

NYC Blockchain Resource Center

まず1つ目にチャレンジする内容として「NYC Blockchain Resource Center」に取り組もうとしています。これはブロックチェーン産業の需要を満たすためにNYCEDCが「NYC Blockchain Resource Center(NYC ブロックチェーン リソース センター)」を開始する予定とされています。

このセンターではブロックチェーン技術に対して、人々の認識を改められるように、構築して起業家たちのビジネスをサポートして同業者のコミュニティを繋いだりなど様々な活動を行う予定とされています。

Blockchain Competition

2つ目に「Blockchain Competition」と呼ばれるブロックチェーンのコンテストを開始する予定とされています。ブロックチェーンイノベーションを促進するためには必要不可欠な物だとして、このコンテストを行う事によって、ブロックチェーンのセキュリティの高さや所要時間など、様々ン問題を解決するための事例を紹介する取り組みをしようとしています。

ブロックチェーン業界をけん引するニューヨ―ク市

ニューヨーク市がブロックチェーン業界をけん引するとされており、今現在ニューヨーク市よりもブロックチェーン業界が進んでいる町というのはありません。そしてこれからニューヨーク市では新たな取り組みを行うため、ブロックチェーン業界をけん引するニューヨ―ク市には注目をしていただけたらと思います。

ブロックチェーン技術が認められる事により、我々の生活は更に利便性が高くなります。そしてセキュリティの強化や仕事の効率化など多くの分野でブロックチェーン技術というのは必要とされる時代となりますので、その先駆けとしてニューヨーク市がブロックチェーンイノベーションの中心地を目指していこうとしていますので注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea