スウェーデンで債務返済にビットコインが使えるように

スウェーデンで債務の返済にビットコインも利用できるようになるというニュースが発表されました。
すでに現金利用が低下している北欧諸国の中でも、スウェーデンは自国通貨の電子化などを進めていることでも知られています。
このニュースとスウェーデンの経済事情を紐解いていこうと思います。

世界でも初の試み

2017年10月中旬、スウェーデン政府は保留された債務の支払いをビットコインでも受け付ける旨の声明を発表しました。
これは世界的に見てもまだ前例のないケースのため、各所で注目を浴びています。

その一方で投機目的ではなく貯蓄をビットコインで行なっている人の少なさ・匿名のウォレットを政府が差し押さえる困難さなどが問題として残っています。

たしかに現時点では、ビットコインを貯金のように保管しておくためのシステムがそれほど進んでいるとは言い難いです。
簡単にペーパーウォレットを作れるサービスや、USBメモリのようなものにビットコインを保存する製品もありますが預金をそれらの製品で管理するのはそれほど一般的ではありません。

それはスウェーデン政府も同じで、ビットコインをはじめとする仮想通貨を管理するためのインフラの整備が進んでおらず、入ったビットコインはオークションで販売されています。

また、セキュリティ面での懸念も残っており、普及までにはまだ時間がかかりそうです。

ですがもし一般化が進めば、小さな会社でもICOや仮想通貨FXを利用して融資返済が効率的になるかもしれません。
個人レベルでは奨学金の返済や(北欧は学費がかからない所が多いですが)、住宅ローンの返済が仮想通貨への投資と並行してスピーディにしやすくなるかも…

あらゆるケースでの使用が想定され、今後も注目したいサービスのひとつです。

スウェーデンはキャッスレスが進んでる

スウェーデンは国際的に見てもキャッスレス化が進んでおり、日常生活でもフィンテックやブロックチェーンが積極的に採用されています。
特にスウィッシュと呼ばれるモバイル決済システムは国内に広く浸透しており、2009年と比べて現金発行量が約半分になったほど。

さらに世界最古の中央銀行であるスウェーデン中央銀行は、2018年を目安に自国通貨のクロームの電子化を進める予定です。
eクロームと呼ばれる電子法定通貨は、2017年11月に合理的な裏付けをまとめる報告書を作成する予定です。
それを元に年内までに今後の方針を固めるとしており、ノルウェーなどの他の北欧諸国の中銀と提携しながら開発を進める見通しです。

さらにスウェーデンは、法人税の支払いもビットコインでの受け付けをスタートしています。
面倒な手間を省いて支払いができるブロックチェーンで税金の支払いができるのはとても便利ですよね。

今後はどうなる?

今後も現金の発行は続けていく予定ですですが、紙の紙幣と違いデジタル通貨は発行量が即座に調整できるため、国内外の情勢に柔軟に対応した金融政策が取れると高い可能性を秘めています。

その反面、全取引がデジタル化することで政府・銀行・決済管理会社がデータを管理できるようになることは問題視されています。

個人の自由が無くなるリスクや、取引のデータ自体が売買の対象になることで利権が生まれ、新たな汚職がおきる可能性があるとするものです。

たしかに取引所のハッキングなどは世界各地で起こっていますし、北欧諸国をはじめ公的サービスを利用する場合はウォレットと個人情報と紐づけるシステムを取り入れる考えが一般的です。

2020年を前にブロックチェーン導入を進めている日本も、将来的にマイナンバーと仮想通貨ウォレットを関連付けることが義務化するかもしれません。

一般市民が安心して使えるルール整備がきちんとされ、セキュリティ技術のさらなる進歩がまたれますね。

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする