日本仮想通貨交換業協会がインサイダー取引自主規制のルール策定か

日本仮想通貨交換業協会がインサイダー取引自主規制のルール策定か

日本仮想通貨交換業協会がてインサイダー取引を禁止する自主規制ルール案をまとめたことが分かりました。 国内の仮想通貨業界にまた新たなルールが加わり今後、安全に取引できる動きになっていきそうです。今回は日本仮想通貨交換業協会が発表したルールについて解説していきます。 日本仮想通貨交換業協会とは まずはじめに「日本仮想通貨交換業協会」とはどのような団体かを紹介します。日本仮想通貨交換業協会とは4月23日に発足した一般社団法人です。年明けに発生したコインチェックによる仮想通貨ネムの多額流出事件を受け業界内で自主規制を設けていく目的で設立されました。 団体への加盟は金融庁から仮想通貨交換業者と認可を受けた16社で設立と同時に第一回理事会を開催しています。会長にはマネーパートナーズ代表取締役社長の奥山泰全氏が就任し、副会長にはビットフライヤー代表取締役の加納裕三氏、ビットバンク代表取締役の廣末紀之氏が就任しています。 これまで、国内の仮想通貨業界では日本ブロックチェーン協会、日本仮想通貨事業者協会が存在し対立するような構造もありましたがコインチェック事件後に統一的な団体として日本仮想通貨交換業協会が設立される運びになりました。 インサイダー取引の自主規制ルール案 日本仮想通貨交換業協会が新ルールとして加えたのは、仮想通貨交換業者の自主規制を促す内容で各役員に事前情報などを元にした不正な仮想通貨の取引を禁止する内容が詰まっています。いわゆるインサイダー取引の自主規制となります。 仮想通貨は現行の金商法ではインサイダー取引の対象外ですのであくまでも「自主規制」の範囲で止まっています。 インサイダー取引のほか、マネーロンダリングなど犯罪に使われやすい仮想通貨の銘柄に関しても取り扱いを原則禁止にする内容も盛り込まれています。これにより、Monero(モネロ)やDASH(ダッシュ)など注目度の高い仮想通貨について取り扱いを禁止する可能性が非常に高くなってきました。 27日の総会で自主規制案を示す見通し? 日本仮想通貨交換業協会は6月27日に総会を行い、インサイダー取引やマネーロンダリングなどの内容を盛り込んだ自主規制案を示す見通しとなっています。今の所、金融庁からの認定が降りていない段階ですから、認定が下り次第、ルールの適用をはじめるものとみられています。 金融庁からの認定も待たれますが、その後のルール浸透などがどの程度のものなのかは国内の取引所を使っている投資家も気になるところではないでしょうか。今後も様々なルールが取り決められていく可能性も高いです。 日本仮想通貨交換業協会は自主規制ルール案を否定 日経新聞など複数のメディアで日本仮想通貨交換業協会による自主規制の報道がなされていますが、日本仮想通貨交換業協会の公式ホームページでは検討の途上で内容や時期について決定した事実はないと発表しています。 自主規制ルールについては決定次第、公式ホームページで発表するとしています。適宜、日本仮想通貨交換業協会の公式ホームページをチェックしてく必要はありそうです。
Read More
これいい!イギリスの会社が開発した電気自転車で健康的にマイニング!!

これいい!イギリスの会社が開発した電気自転車で健康的にマイニング!!

電動自転車で仮想通貨をマイニングできるなんて、とても楽しいと思いませんか?電動自転車で移動しながら運動不足を解消してヘルシーになり、気が付けば引き締まった美ボディになっていて、そして利益を得ることができる! なんてかなりオイシイお話しではないでしょうか。 そういう夢のような電気自転車「Toba」が、イギリスの「50cycles」という企業によって開発されました。是非欲しいと思う人もいるはずだと感じましたので、ご紹介します。 電動自転車「Toba」の発表 このマイニングができる自転車は「Toba」といい、電動自転車とか電気自転車とか電気アシスト自転車などというタイプの、いわゆる電気によるアシストがある自転車です。 1,000マイルにつき20ポンド(約26.5USD)に値する「Loyalcoin」を産み出せるようです。ちなみに、約26.5USDは、2018年6月19日現在、だいたい2,900円から3,000円くらいとなります。そして、1,000マイルは1609.34kmとなります。 さて、1,609.34km自転車を走らせて3,000円くらいの利益を得るという感じ、あなたはどう思いますか?では、詳しくご紹介していきます。 Tobaの魅力はマイニングができるだけでなない! このTobaという自転車はマイニングができる電動自転車ですが、2018年9月にお客様のところに配達される予定となっているようです。もう、そんなに先ではないですね。 そして、50cyclesのCEOのScott Snaith氏は、この電気自転車のTobaはマイニングができる世界初の自転車というだけでなく、トークン化でき、更に、報酬を還元することが可能な自転車にもなるだろうとメディアに語ったということです。 ペダルをこいで前進するというのが会社のイメージ もともと、2003年に設立された50cyclesは「先進的な電気自転車のスペシャリスト」として自分たちを表現していたそうです。 そして、さらにとても好感が持てる部分なのですが、ペダルをこいで前に進む、という状態が50cyclesを表現していると述べているのが、とても印象的でした。 その時ふと思ったのですが、自転車は前にしか進めず、しかもペダルをこがなければ進むことができないというところが、好感度が高くなる部分ではないでしょうか。 ちなみに、筆者は電動自転車とか電動アシスト自転車というのは見たことがないので、もちろんこいだ経験もありません。ですから、実際に電動自転車という物がどういうモノなのか、正確にイメージができないところが、ちょっと心苦しいのですが……。 しかし、スポーツカーとかのイメージでなく、こいで前に進む電気自動車が自分たちを表現しているというのが好感度を上げているのではないでしょうか。 マイニングする銘柄は選べない 多くの人はごひいきにしている仮想通貨があったり、マイニングの利益率が高いなどの理由でマイニングしたい仮想通貨があるのではないでしょうか。 しかし、残念ながら、このマイニング用自転車ではマイニングをする仮想通貨を選ぶことはできません。 この電気自転車でできるマイニングは「Loyaltycoin」だけです。ただし、Loyaltycoinのプラットフォームを介して、好みの仮想通貨に交換することができます。はっきりいって、そのほうが電気自転車を作る側も楽でしょう。 その他、50cyclesのウエブで好きな商品と交換できるようにもなるようです。 そのうちToba が自身のオリジナルコインを持つようになり、将来的には通貨のひとつとして使われるようになりたいと考えているようです。そうなれば、マイニングももっと楽しくなるでしょうね。 マイニングをする通貨を選べなくても、一生懸命電気自転車をこいでスリムで健康な体と仮想通貨を手に入れることができれば、楽しいことが増えそうですね。しいていえば、Loyaltycoinそのものが人気がとても高くて、価格がどんどん上昇する感じの仮想通貨になれば最高でしょう。 革新的なマイニング実験 近年では、仮想通貨のコミュニティーではバーチャル通貨のマイニングの目的のためのエネルギーをリサイクルするための創造的な試みが見られるようです。 昨年は「Telsa S」の所有者が、現金化することを目的として、GPUをベースとした仮想通貨マイニング装置を車にインストールして使う、制限なしにスーパーチャージできるプログラムを作りました。このプログラムはTeslaSとXの大部分のモデルで利用できるようです。 さらに先月は、仮想通貨のマイニングでできた熱のリサイクルによってお風呂を沸かそうと思ったLeeという男性の例がレポートされました。 結果ですが、お湯は50度をキープしたということで、危険なほど十分すぎる結果になったということです。 ちなみに、私たちが心地よいと感じるお風呂の湯の温度は40度前後です。大抵の人は44度くらいが入浴できる温度の限界ではないでしょうか。筆者の場合、42度くらいが足を入れるのが限界の温度です。 そして、50度では熱すぎて危険、ということになります。 Lee氏の場合、よく浴室に出入りするペットが数匹いるので、50度のお湯が1日中出るような状況では危険だと感じたのでしょう。安全性が最もプライオリティーが高いことだと語ったLee氏のこの試みは、そのままでは利用することにはならなそうなニュアンスです。 しかし、お湯が充分に熱くならなければ湯沸かしのための別の装置が必要なので、実用性にはイマイチですが、熱すぎるのであれば水で薄めればいいだけです。 ですので、このようなリサイクルは庶民としては魅力を感じるところですね。こういう技術を喜ぶ庶民はとても多いはずです。 マイニングのために利用する大量のエネルギーをリサイクルして、私たち個人の暮らし向きがよりよくなるとしたら、それはとてもありがたいことです。マイニングでそういう方面も発展していけばよいですね。
Read More
金融庁がビットフライヤーなど5社の取引所に業務改善命令

金融庁がビットフライヤーなど5社の取引所に業務改善命令

日経新聞の報道によるとビットフライヤーなど5社の仮想通貨交換業者に対して金融庁が業務改善命令を受ける見通しであるとのこと。 国内の仮想通貨交換業者に対しては年明けのコインチェックによる仮想通貨多額流出事件以降、続々と立入検査が入りユーザー保護の観点などが守られているか調べられていました。国内最大手と言われるビットフライヤーが業務改善命令を受けるとあって驚いたユーザーもいることでしょう。今回はビットフライヤーなどの業務改善命令に関して解説していきます。 ビットフライヤーらに業務改善命令 金融庁の発表によると国内最大手の仮想通貨交換業者、ビットフライヤー(bitFlyer)、さらに、通貨ペアで多くの法定通貨を利用できるコインエクスチェンジ(QUOINEX)、その他、ビットバンク(Bitbank)、ビットポイント(Bitpoint)、ビーティーシーボックス(BTC BOX)の合計5社に対して業務改善命令を出す見通しであることが判明しました。 理由としてはマネーロンダリング対策を含む内部体制に問題があったとのことです。業務改善命令を出される5社はいずれも金融庁の認可を受けている交換業者。中でもビットフライヤーは世界の取引安全性ランキングで1位に輝くなど世界的にも安心感のある取引所ですから驚きの出来事です。 今月初め、金融庁の認可を受けていないみなし業者「FSHO」を強制退場させるなど厳しい調査をしている金融庁ですが、認可済みの交換業者にも厳しい対応をするのは顧客保護であることは間違い無いでしょう。 以前にもザイフを運営しているテックビューロ、GMOコインに対して金融庁は業務改善命令を出していますから今後も規制の強化や新規参入に対しても厳しい内容で審査される可能性は高いと考えられます。 SNSでは以前から騒がれていた ビットフライヤーはこの程、業務改善命令を受けたわけですがツイッターなどSNSでは以前より業務改善命令を受けると騒がれていました。それに対しビットフライヤーはツイッターの公式アカウントで事実と異なる情報に注意を促すメッセージを発信していました。 ビットフライヤーCEOのツイッターは沈黙のまま 以前からツイッターなどで業務改善命令が出ると噂され、実際に命令が下ったビットフライヤーですがCEOの加納裕三氏のツイッターは沈黙を保ったままです。6月2日のツイートを最後に更新されていませんから次のメッセージには注目が集まりそうです。 この動きをみた投資家などからは「SNS発信停止から怪しいとは思っていた」などのツイートが散見されています。 世間の反応 ビットフライヤーなどへの業務改善命令を受けて多くの人々が意見を発信しています。 はい、金融庁がまたもや仮想通貨業界を低迷させる為にやってきましたー。#金融庁死ね仮想通貨、ビットフライヤーなどに改善命令へ 金融庁:日本経済新聞 https://t.co/7HktNmcKyZ— 名取悦・飯尾けい・巨商伝恵比寿鯖ラバーズ (@newgreen0123) 2018年6月19日 これでほぼ全ての登録業者が業務改善命令既存の法律に暗号通貨を当てはめようとする事にそもそも無理がある税務も含めてルール変えた方がいいんじゃない仮想通貨、ビットフライヤーなどに改善命令へ 金融庁:日本経済新聞 https://t.co/jcgKfTHD5d— EDGE (ipadtrader) (@atsushi75159429) 2018年6月19日 ビットフライヤー他の業務改善命令って要するに「ユーザー増えたから今の運営だとセキュリティがヤバいのぜ」って感覚?— 紋音 (@aenomrah) 2018年6月19日 国内最大手のビットフライヤーに対して業務改善命令が出されたとのことで反響が多くなっている印象を全体的に受けます。今後、どのように改善していくのかしっかりと見守っていく必要がありそうです。
Read More
イスラエルの企業がビットコイン給与の許可を税務当局に求める

イスラエルの企業がビットコイン給与の許可を税務当局に求める

イスラエルの新聞社「Calcalist」によると、イスラエルのIT企業である「Spot.IM」は給与の支払いにビットコインを使う計画を進めているとのことです。 法定通貨と違って価格の変動リスクのあるビットコインですがどのように支払っていくのかも興味深いところです。今回は「Spot.IM」の他人コインによる給与支払いやそのメリット、デメリットを解説していきます。 「Spot.IM」がビットコインでの給与支払いを計画 イスラエルのIT関連企業「Spot.IM」は従業員への給与支払いでビットコインを用いる計画を打ち出し、イスラエルの税務当局と交渉中であることがわかりました。 支払い方針は会社が取引所に登録をして法定通貨をビットコインに変えてから従業員のアカウントに送金する内容です。 また、価格変動のリスクに対しては取引所のレートを基準に1日ごと最高値と最安値の平均値を計算し、給与分のビットコインを支給するとのこと。従業員は法定通貨かビットコインかいずれかの支給を選べるようにする方針でもあります。 従業員は法定通貨の場合高い手数料を会社が負担しているのでビットコインでの給与支払いには大方満足している様子です。 イスラエルの仮想通貨に対する税制 イスラエルではビットコインの利益に対してキャピタルゲイン税(売買差益による税金)を課す税制になっており、税率は25%と割高です。イスラエルでは今回のように給与をビットコインで貰えば25%は税金として差し引かれてしまいます。 しかし、従業員がビットコインで給与をもらうことに大方満足しているのはビットコインの将来性への期待感だと考えられます。これから多くの企業がビットコインで給与を支払うようになれば価値は上がっていくとみているようです。 ビットコインで給与を支払うメリット・デメリット ビットコイン(仮想通貨)で給与を支払う際、メリットとデメリットがありますが、どちらかというとメリットが多くなっています。 企業側にしてみれば仮想通貨に対するリテラシー向上に繋がります。ビットコインなど多くの仮想通貨は手数料が安くて済むのも企業側のメリットになります。 従業員にしてみてももらったビットコインの値上がりへの期待、決済に使える利便性などいくつかのメリットはあります。 しかし、先にも触れたような価格変動への対応をどうするのかが懸念材料です。国内ではGMOも給与の一部をビットコインで支払う制度を設けたようですが、「ビットコインで支給」のではなく「日本円を天引きしてビットコインを買う」仕組みになっています。 もちろん、その時々の相場に左右されることはあります。法定通貨のように通貨としての価値はまだまだ認められていない部分がありますから給与全額をビットコインで支払ったり、受け取ったりするのはリスクが高いと考えられます。給与の一部をビットコインで受け取り、積み立てていくようなスタイルがいいのではないでしょうか。 しかし、仮想通貨は今後私たちの生活では切り離せなくなる可能性が高いので自分のリテラシーを上げる意味で給与にも仮想通貨が使われると認識していくのは大事なことです。日常生活にビットコインや仮想通貨が用いられる事例にも関心を持っていきましょう。
Read More
ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」が配信開始

ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」が配信開始

昨今、人気が出てきているブロックチェーンゲームをご存知でしょうか。ブロックチェーンのメリットを生かしたゲームで今後はさらなる需要の高まりが期待できる分野です。 ブロックチェーンゲームの一つとして「くりぷ豚」というゲームが配信開始されました。今回は「くりぷ豚」やブロックチェーンゲームに関して解説していきます。 「くりぷ豚」が配信開始 株式会社セレス(東京都世田谷区)はブロックチェーン関連の企画、開発、運営を行う株式会社グッドラックスリーと協力してブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」の配信を開始しました。このゲームはイーサリアム上のブロックチェーンを使ったオンラインゲームでユーザーが豚の「くりぷトン」を交配させて新品種を誕生させ、ユーザ間で交換などの取引ができるゲームです。 3京6000兆の種類があるようでかなりのコレクション性を誇るゲームになります。ゲームはお手持ちのパソコン、スマートフォンであればAndroid端末(アプリ)で楽しむことが可能です。ゲームにはイーサリアムが必要になりますので事前に用意しておきましょう。 ブロックチェーンゲームの特徴 くりぷ豚をはじめとするブロックチェーンゲームは最近、数多く配信されています。ブロックチェーンゲームと聞いてもスマホゲームと何が違うのかなど疑問を持つ方も多くいることでしょう。スマホゲームとブロックチェーンゲームの違いはたくさんありますが、一番の違いは分散型アプリケーションによってゲームが構築されているかです。 スマホゲームはアプリをダウンロードして遊ぶと思いますが開発者が管理を行なっています。しかし、ブロックチェーンゲームはゲームをコントロールする主体者が不在で管理は自動化されています。 また、スマホゲームであれば課金してもゲームを遊び終えたりすれば何も残りません。しかし、ブロックチェーンゲームであればゲーム内で使う仮想通貨はゲーム自体が無くなっても資産として残ります。ゲームで遊ぶこと、資産を残すことの一石二鳥になるわけです。 さらにブロックチェーンを使ったゲームですからどの技術を継承した特徴もあります。サーバーダウンしない、データが消えない、改ざんができない、著作権が守られる…。そのような特徴を踏まえていますのでユーザーは安心してゲームを楽しむことが可能になるのです。 人気のネットゲームならばアクセスが集中しすぎるとサーバーダウンによりサービスの一時停止など珍しいことではありません。ブロックチェーンは過去に一度もダウンしたことがないと日経新聞では報じています。 データの消失や改ざんができないのも大きなメリットで、ブロックチェーンの特徴が如実に表れている部分になります。ゲームとしての安全性は特に優れていると考えいいでしょう。 もう少し未来のある部分でいうと、ブロックチェーンはオープンソースになっていますからゲーム同士の連携も容易になるはずです。例えば、今回のくりぷ豚と他の動物系ゲームがコラボしてレアキャラの作成ができるなどユーザーの楽しみはどんどん増えていくでしょう。 今後もどのようなブロックチェーンゲームが登場するか期待したいところです。
Read More
日本の仮想通貨交換業の登録もICOも難しくなっている?

日本の仮想通貨交換業の登録もICOも難しくなっている?

最近の仮想通貨を取り巻く環境には、2017年の後半に感じた、あの「どんどん盛り上がる熱狂度」が感じられそうな気配がありません。 その理由として、仮想通貨交換業の登録のための審査が厳しくなるということ、ICOという資金調達の方法も、日本では簡単にはできなくなっているということが根底にあるのではないでしょうか。 では、これらが仮想通貨という新しい技術の産物に関連することから後退していくことにならないか、そして日本の未来をどう左右するかを考えてみましょう。 仮想通貨交換業の登録審査が厳しくなっている影響は? 数か月以上仮想通貨トレードをしている人であれば、この情報はよく知っているでしょう。まだトレードをしていなくても、最近、ニュースは見聞きして知っている人も多いと思います。 これは実際にどういうことで、そして、一般のトレーダーに不利益があるかどうかということを考えてみましょう。 しっかしとした仮想通貨交換業が残る トレーダーとしては、自分が気に入って利用している交換業者には撤退されたくないでしょう。 現状では、大抵のトレーダーは数社にアカウントを持っていると思います。 しかし、その中でもよく使う交換業者というのは2社、多くても3社くらいではないでしょうか。 その慣れてしまっている交換業者に撤退されてしまうと、トレードはとてもしにくくなります。だから、自分にとってお馴染みの仮想通貨交換業は生き残ってほしいとおもうわけです。 しかし、仮想通貨市場は楽しいのですが、ハッキングなど、コンピューターなどに詳しくないような人には理解不能なこともあります。 日本では、まだ記憶に新しいですが、2018年の2月末にコインチェックのネムハッキング事件がありました。 結局、コインチェックは妥当な補償をしてくれましたからもう落ち着いています。コインチェック、その後の決算でもかなりのプラスだったそうですから、実力派ですね。 しかしながら、その時期あたりから、何となくトレーダーのムードとか動きが変わっている気はします。 仮想通貨の暴落もあり、ダメージを受けた人もかなり多いのでしょう。 ちょうど、仮想通貨の暴落とハッキングもあり、かなりトレーダーの熱を冷ましてしまい、まだ、その状態のまま様子を見ている人が多いのかもしれません。 トレーダーは基本的により安全になる 交換業の登録が難しくなってきているというのは、登録しようと思っている交換業者には厳しいことでしょう。 かなりしっかりとした管理ができる仮想通貨交換業者しか登録ができなくなってしまいました。 しかし、交換業として登録できた所は、とりあえず、一定の基準をクリアしているということでしょう。 つまり、トレーダーにとってはトレードをするための安心材料になります。 ただ、日本の仮想通貨界隈のことがどんどん厳しくなってばかりいると、さらに仮想通貨熱を冷ましてしまう気がします。 仮想通貨市場とは、そんなに厳しくしなければならないような市場ならば、危ない気がして、忙しい自分向きではないと感じる人もいそうです。 しかし、厳しい審査を通った交換業者のほうが安心できる材料は多いと思って、口座くらいは作ってしまってもよいのではないでしょうか。 あとはハードウェアウォレットなどを準備したり、その他重要事項をマスターして、自衛を怠らないようにしたら、かなりリスクを減らすことができるでしょう。 ICOに関する規制も難しくなっている影響は? ICOに関する規制も、確かに厳しいというか、厳しくなっているという現状はあります。 まず、日本では、基本的に簡単にだれでもICOができるという状況ではありません。これはとても残念なことだと感じます。 基本的には、資金が足りない新興企業や個人が、思い立ったらすぐにICOを始められるのが理想的でしょう。夢があります。 ただし、そうすると、残念ながら、それを悪用する人も出てくるのでしょう。そして、泣き寝入りすることになる人も増えでしょう。 詐欺が多いから仕方がない 世界レベルでみると、半分以上は詐欺だとか、失敗に終わっているといわれています。記事によってはその失敗している比率はもっと高かったりします。 それで、投資はしたけれど、その企業が消えてしまって、ただお金を失ってしまったなどというジョークのような話しが世界的に多いのでしょう。 ただ、2017年ではICOでリッチになれた人も多かったようです。いわゆる「億り人」という億まで稼いでしまった人の中には、このICOで稼いだ人も多かったと聞いたことはあります。 しかし、2018年では少々状況が変わっているようです。しっかしとしたICOの案件を選べなければ、やはり儲けが出ないところか、損失を抱えてしまうこともあるでしょう。 詐欺だと見分けるのが難しいから仕方がない この「安心なICOの見分け方」というのが、なかなか難しいです。 ですから、初心者は「投資は自己責任」と割り切れるのでなれば、簡単に踏み込まないほうがよい分野です。 筆者自身、ICOを紹介するために100以上のICO案件を見てきていますが、これはちょっと……と明らかに感じたのはたった1案件でした。 本当に、なかなか見分けがつきにくいです。ICO前と後とではガラッと雰囲気が変わったICO案件も見たことがありますから……。 そう考えますと、ICOをするのが難しくなるのも、ICO投資をするのが難しくなるのも、悪いことではないと感じます。 ただし、慎重になりすぎて、機会損失をしてしまうこともあるかもしれません。 「基本的に」これから仮想通貨市場に参入するには この記事に「基本的に」という言葉をよく使っています。 これにはわけがあります。仮想通貨に関する規制に関することはグレーな部分がとても多いからです。よって、文章にしにくい部分も結構多いです。 それで、大切なことは、ネットで検索をするとしても、なるべく新しい情報を探すことと、信頼できそうな人の情報を読むことです。 仮想通貨マーケットはものすごい速さで変化しますので、古い情報というのは全然役に立たない可能性も高いです。是非、新しい情報を探しましょう。 常に勉強をしていかなければならないようです。 規制が厳しすぎても日本の未来は明るい? 日本では仮想通貨に関連することは、厳しくなっています。 しかし、仮想通貨を使っての決済ができる所が多くなったり、ネムなどではネムバーなどができてきたり、ネムなどで決済できるカフェも出てきています。 筆者自身は利用したことはないですが、仮想通貨でお支払いができるバーやカフェなどが近所にあれば利用したいと思ったりします。 このような、すそ野からの盛り上がりが広がっていけば、仮想通貨ももっとおもしろくなるのは間違いないでしょう。 というか、仮想通貨は使われてこそ、その特徴が生かされ、さらに改善されていくものでしょう。 ですから、チップみたいな感じででもどんどん使われるようになれば、使われる仮想通貨は出てくると筆者は感じます。 つまり、より多くの人に通貨として使われれるようになると、仮想通貨の需要が増しますから、日本の仮想通貨関連の未来には希望が持てると思います。 基本的に、仮想通貨がないと困るということはありませんが、楽しくなることはたくさんありそうでう。 つまり、仮想通貨を利用していければ、日本の未来はさまざまな方面で明るくなると期待をこめて想像していますが、いかがでしょうか?
Read More
オーストラリアの国税局が仮想通貨投資家に対し徴税強化へ! 各国の税事情も振り返る

オーストラリアの国税局が仮想通貨投資家に対し徴税強化へ! 各国の税事情も振り返る

オーストラリアの金融庁は仮想通貨の投資家に対して徴税を強化する方向であることが分かりました。 今年の納税期間中にデータマッチングなどを用いて仮想通貨投資家を見分け、ニコ区間の租税条約やマネーロンダリング防止に関する合意のもと投資家を特定し税金をしっかりと払っているかを調べるとのことです。今回はオーストラリアの徴税強化、さらには日本と海外の仮想通貨に対する税事情を解説したいと思います。 リズ・ラッセル氏の言葉 Etax.com.auの上級課税官であるリズ・ラッセル氏は仮想通貨投資家がしっかりと税金を払っているかどうかを確認するためにオーストラリアの金融庁は臨戦態勢を取っている。オーストラリアの市民が仮想通貨について追うべき税金を支払わせるためにデータのマッチングを強化していくと話しています。 昨年末に暴騰したビットコインは2018年に入り下落傾向が続き投資家は通貨の売却で利益と損失の両方の機会があったことにもなります。オーストラリアの金融庁は仮想通貨を資産として扱っているため損失については仮想通貨や株、投資用の物件を含む資産の売却益から差し引くこともできるとも語っています。 日本と海外の税事情 今回、徴税を強化したオーストラリアは仮想通貨を資産としてみなし、課税対象にしていますが1万豪ドル以下は非課税となっています。日本では20万円以下が非課税ですから仮想通貨についての課税 ハードルは低くなっています。 日本は利益確定をしたら課税対象になってきます。仮想通貨を日本円に変えた時、仮想通貨同士の交換、仮想通貨を使った決済をした時が利益確定になります。利益を確定すると雑所得扱いになり、仮想通貨以外の雑所得との合計で20万円を越えれば課税対象になります。雑所得は累進課税になり、最大で45%は納税しなければなりません。さらに、一律、10%の住民税がかかります。 アメリカは仮想通貨の売買益は株式と同じになります。アメリカ当局も通貨ではなく資産として見ているために株式と同じ扱いとの見解を出しています。課税方法はキャピタルゲイン税といって株式の譲渡益が発生した時に課せられる税金として徴収します。12ヶ月未満の短期保有の場合、10%〜39.8%の税率が適用されます。 イギリスの課税は仮想通貨でモノやサービスを購入した時に付加価値税がかかるようになっています。日本で言うところの消費税と同じような税でモノやサービスの購入時に20%の付加価値税を支払うことになります。ちなみに欧州司法裁判所の判決も紹介しておくとビットコインの売買にかかる付加価値税の適用は除外されるべきとしています。 基本的に日本の課税制度について理解しておけば問題はありませんが海外の動向によって日本の課税制度も変わる可能性も考えられます。国内外問わず、課税制度には中止していく必要があるでしょう。
Read More
EOSのブロックチェーンが復旧、再稼働へ

EOSのブロックチェーンが復旧、再稼働へ

6月16日にメインネットが技術的な問題により一時停止していたEOSブロックチェーンですが17日には問題が解消していることがわかりました。 仮想通貨銘柄の格付けでも上位をキープしているEOSですから不具合には心配したユーザーもいたと思います。今回はEOSブロックチェーンの不具合や解消までの経過、今後について解説していきます。 16日にメインネットが一時停止 EOSブロックチェーンはメインネットが技術的な問題により一時停止していましたが17日には解消されました。ネットワークのモニターからの情報で明らかになっています。一時停止に到るまでネットワーク処理のフリーズを引き起こす問題が原因とみられています。9日に稼働決行を決定し1週間ほど経過して一時停止に至りました。 16日の一時停止についてドージコインの製作者で仮装塚解説者でもあるジャクソン・パーマー氏は「深刻ではないと言い難い」とツイッターにてつぶやいています。潤沢な資金を受けたEOSとそれを支援するコミニュティにとっては軽視できなとの考えを出しています。 実際、EOSは6月1日に1年間のトークンセールを終え、日本円にすると4400億円以上もの資金を調達しています。仮想通貨の時価総額ランキングでも5位付近に位置する人気の高さを誇っていますのでメインネットの一時停止は今後の懸念材料にもなりかねません。 なぜEOSは人気なのか EOS(イオス)は今年1月、アメリカの格付け会社が発表した仮想通貨の格付けにおいてB-の評価を受けています。この評価は仮想通貨の王者であるビットコインのD+を上回る評価を得ています。EOSが高評価を受ける理由には機能に優れる面があげられます。 EOSはイーサリアムと同じく、分散型アプリケーションとして中央管理者のいない管理が可能です。サーバーに管理者がいないようなイメージになりますからWEBサービスを利用しても手数料がかからないなどのメリットが生まれます。 イーサリアムと同様とは申しましたが、性能面ではイーサリアムを凌ぐとも言われています。理由としてトランザクション(取引処理)速度はイーサリアムとは比較にならないほど速くなります。イーサリアムは1秒間に15件のスピードですがEOSは1秒間に100万件を処理できる能力があります。 また、取引手数料も無料となっていますので他の銘柄よりも使いやすいとも言えます。マイナーは存在しますがビットコインのように新規コインの発行で報酬とするわけではなくトークンを報酬とするのでユーザーは手数料を支払わなくてもいいのです。 今の所、メインネットへの移行期間ですからEOSトークンには価値はありません。しかし、保有することで配当を得られる可能性があります。以上のように導入を考える企業にとってみると魅力あるブロックチェーン、投資家にとってみると将来性の面から人気が高まっているわけです。 実用化はまだ先か EOSのプラットフォームはまだ実用されておらず、試運転の状況です。実用開始の日程も確認されていませんので1日も早い実用が待たれています。イーサリアムよりもすごい分散型アプリケーションですから普及の拡大は必至でしょう。 メインネットへの移行措置は開始されていますから投資家の方はトークンを処理してくれるバイナンスなどの取引所に預けて置くことをお忘れなく。
Read More
SBIの仮想通貨交換所でビットコインの取り扱いが開始

SBIの仮想通貨交換所でビットコインの取り扱いが開始

SBIバーチャルカレンシーズが運営する仮想通貨交換所「VCTRADE」ではビットコインの取り扱いがはじまりました。 リップル、ビットコインキャッシュのみの取り扱いをスタートしていた同交換所ですが、ビットコインの取り扱いの開始によって今後の流動性の拡大に期待がかかります。今回はSBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨交換所の情報について解説します。 6月18日よりビットコインの取り扱いスタート SBIバーチャルカレンシーズが運営する仮想通貨交換業者「VCTRADE」でビットコインの取り扱いが6月18日からスタートした。これまで、リップル、ビットコインキャッシュの取り扱いをしていましたが新たにビットコインも取り扱い銘柄に加わります。 ここまでVCTRADEでは6月4日にリップル、11日にビットコインキャッシュ、そして18日にビットコインと順調に取り扱い銘柄を増やしています。いずれも現物取引が可能になっています。 SBIホールディングスの2018年3月期3四半期決算説明会で今後はイーサリアムの取り扱いを行うがマイナーな銘柄については取り扱わない考えであることがわかっています。ですからリップル、ビットコインキャッシュ、ビットコイン、イーサリアムの取引で落ち着いていきそうな予感がします。 ちなみに、決算説明会では仮想通貨交換業やマイニング事業のほかブロックチェーンに関する構想「Sコインプラットフォーム」についても話され、UCカード、株式会社Orbとの合同地域通貨の「UC台場コイン」の実証実験はすでにはじまっています。 VCTRADEの一般口座開設は2018年7月中の予定 「VCTRADE」は6月4日から取引が開始されていますが、サービスの利用をできるのは2017年10月までに口座開設を行っていたユーザーのみとなっています。よって、リップルやビットコインキャッシュ、ビットコインを取引できるのは先行的に口座を開設しているユーザーのみですからまだまだ取引量は多いと言えないでしょう。 一般のユーザーの口座開設は7月中の予定となっています。業界でも最低水準のスプレッド(買値と売値の差額)で仮想通貨の取引ができるので注目度も高く、SBIホールディングスが運営しているとあって信頼感や安心感も高い取引所となっています。 今後のSBIについて ご存知の方も多いと思いますがSBIは「SBI Ripple Asia 」を設立、リップルに出資する形で様々な技術を開発しています。さらに、先ほど少し触れたSコイン(独自仮想通貨)を発行しネットワーク参加者の決済コストの削減に繋げユーザーの獲得を目指しています。 地域コインの開発も進めていますが、これは特定の地域で使える代用の通過、引換券といったイメージです。仮想通貨としての取引以外にも付加価値が加わりますので今後、どのように発行していくか期待がかかります。 交換所もさほど問題なくスタートし、様々な取り組みを見せるSBIは国内の仮想通貨業界を牽引する存在になるかもしれません。
Read More
iOSではマイニング不可能に! Appleがガイドラインを改訂

iOSではマイニング不可能に! Appleがガイドラインを改訂

Apple社は先日ガイドラインを改訂し、仮想通貨について盛り込んだ内容で発表しました。今回の発表でiOS端末でのマイニングが全面的に禁止になりました。 Appleはこれまでガイドラインの見直しを何度か行っていますが仮想通貨アプリに関しての見解を打ち出したのはこれが初めてとなります。今回はApple社のガイドライン改訂について解説していきます。 iOS端末でのマイニングの禁止 Apple社はWorldwide Developers Conference(WWDC)でiOS端末でのマイニングを禁止する新たなガイドラインを発表しました。ビットコイなど仮想通貨への関心が非常に高まりマイニングによって報酬を得ることができますが、iOS端末で行うことで急速なバッテリー消耗で熱量をもたらし端末に負担をかけるべきではないとしています。 現状としてiPhoneやiPadでマイニングを行うユーザーは少ないのですが先回りして禁止したと考えられます。アプリ開発者に向けへ仮想通貨のマイニングの広告も禁止しApple製品でをマイニングに使うこと自体が禁止されたと考えてもいいでしょう。 広告禁止にもしっかりとした背景があり、広告をクリックすることで悪意のある攻撃者は携帯端末やPCを乗っ取ることが可能です。無謀ぶにマイニングした仮想通貨を奪い取る行為の増加も懸念し、広告の禁止に至ったようです。 ガイドラインではクラウドベースのマイニングなどで実施されない限りはApple製品内のアプリで仮想通貨のマイニングは不可能としています。 Apple社はこれまでも何度かガイドラインを改訂し仮想通貨関連に対応しています。もっとも仮想通貨が過熱したと言える2017年の12月には仮想通貨とICOに関して改訂が行われています。背景には同時期に仮想通貨に関するフェイクアプリが登場したことが考えられています。 2018年3月は勝手に仮想通貨のマイニングを行うアプリも問題になり、4月はGoogle Chromeのウェブストアでマイニングを行う拡張機能を全面的に禁止。様々なことが重なり今月のガイドライン改訂に至っています。 ウォレットやICOについて ガイドラインでは確立された銀行や金融機関だけが仮想通貨の先物取引とICOのアプリを開発、公開するこが可能とされています。これは2017年12月発表のものと変わりはありません。ウォレットについては公式のものであればApple Storeから強制的に削除するなどの措置はしない姿勢です。 一時期、ウォレットアプリに関してもApple Storeから全て削除したこともありましたが2017年7月からは承認しています。ウォレットに対しては危機感を持ちながらもそれを使った取引自体は認めているとも考えられます。しかし、公式のウォレットでなければ第三者がSNSに投稿したり他のアプリをインストールしなければ正常にダウンロードできないものはあります。 今回のApple社によるガイドラインの改訂は製品に予測しないエラーや消耗が起きることを防ぐだけではなく、ウォレットにも警戒しながら認めている部分を考えると利用者を保護しているとも思えます。やはり、規制は全てが悪いわけではありません。
Read More

北朝鮮が仮想通過に与える魔法のテクニックとは!?

皆さんは北朝鮮の魔法のテクニックについてご存知でしょうか? 今回は北朝鮮が仮想通貨の価格というのを高騰させるテクニックがあると...

ICOで詐欺を見極める方法は? ホワイトペーパーの英文を読む方法も紹介

仮想通貨の投資で「ICO」は面白い方法です。今後の将来などを見据えて投資をし、その後、プロジェクトがうまく達成されると価値も上がり儲...

三菱UFJ、MUFGコイン発行と独自取引所構想を発表

三菱UFJファイナンシャルグループは「MUFGコイン」を2015年以降、開発を進めていました。そして2019年の大規模実証実験を目指...

【IOTA】フォルクスワーゲンが6月のCebitでブロックチェーン技術とコラボ

2018年6月11日からドイツハノーファーで開催される、国際IT技術見本市Cebitにて、フォルクスワーゲンがブロックチェーンを始め...

オタクコインでアニメコンテンツ製作支援?

2018年5月9日、アニメや漫画の販売を手がける、アメリカのトーキョーオタクモードがオタクコインを作るという構想を発表しました。 ...

カリフォルニアのバークレーで自治体初のICO! 行政も資金調達に利用か

ICOと聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか。「一攫千金を狙った投資」や逆に「怪しいもの」と言ったところでしょうか。どちらも間...

仮想通貨は金融商品との見方とウクライナが発表

今回はウクライナの仮想通貨について紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくことを参考にしていただけたらと思いま...

シリア難民支援でブロックチェーンが使われている!その深い理由とは

日本では聞きなれない「難民」。しかし、国外に逃れた難民や国内で住居を奪われた難民が2016年年末時点で6500万人以上います。 ...

匿名性の高い通貨ピンチ? 韓国の交換業者Korbitも5通貨取り扱い停止

日本ではCoincheckがMonero、Zcash、DASH、Augerの取り扱いを停止すると発表したのは記憶に新しいでしょう。そ...

クレジットカード型のハードウォレット「Coolwallet S」が登場!

仮想通貨の取引が当たり前になってきていますが、その保管に頭を悩ます方もいるのではないでしょうか。取引所に預けっぱなしはハッキングリス...