人気ドラマのアイディアが現実に! ビットコインアラームが登場

人気ドラマのアイディアが現実に! ビットコインアラームが登場

アメリカのドラマは日本でも人気が高いですが、最近注目されているのが「シリコンバレー」というドラマです。 その名のとおりシリコンバレーを舞台にしたIT企業のドラマなのですが、劇中に出てくるアイディアが実現したと話題を集めています。 ドラマ「シリコンバレー」って? 2014年から放映されているアメリカの人気ドラマシリーズです。 現在シーズン6の製作まで決定しており、エミー賞受賞やゴールデングローブ賞ノミネートなど、全米で高い人気を誇っていることでも知られています。 一見さえないオタクのリチャードは実は大手インターネット企業で働く天才プログラマー。 サイドビジネスで作った音楽の権利を監視するアプリの副産物として、たまたま「ファイルを超圧縮できるプログラム」が生まれ仲間たちと企業を決意。 企業立ち上げた経験のないプログラマーたちが織り成す奮闘劇は、時にドラマチックで時にユニーク。 学べて楽しめるドラマとしてインターナショナルに注目されています。 企業後の人材獲得や、ベンチャーの資金調達方法などIT企業の日常を丁寧に描いているため、その業界の人からも高く評価されています。 たとえば、主人公が設立した「パイド・パイパー社」は狭い倉庫のような場所がオフィスとして使われています。 これはアップルなどの有名企業がガレージからキャリアをスタートさせたことに由来しているそうです。 スティーブジョブスを連想させる人が出てきたり、グーグルらしきオフィスが登場したり・・・。とにかくリアルさにこだわった演出が特徴で、主人公たちを本物のオタクっぽく見せるためにギーク(技術オタク)の所作を指導する人が演技指導しているんだとか。 デジタル技術全般がテーマのため、毎回仮想通貨の話が出てくるわけではないですが、シーズン4から5にかけてP2Pの非中央集権システムを目指して資金調達にてんやわんやする。など、仮想通貨取引をしている人なら楽しめると思います。 ただ面白いだけというよりは、マルチウェアソフトを顧客のスマホで勝手に利用したり、移民に対する偏見などダークな面も描いているので見ごたえがあります。 ドラマのアイディアが現実に! 2018年4月9日放映のエピソードの中で、オフィスの中に突然爆音がなり響くというシーンがありました。 実際の映像はこちら。 ちょっとびっくりするような音ですよね。 実はこれ、劇中のキャラクターがビットコインの価格が自身の設定した額から下がるたびに設定しているアラームの音なんです。 シーズン5の3回目の放映で主要キャラクターのギルフォイルは、ビットコインマイニングで利益を出すために一定の閾値を上回ったときにだけマイニングを行うと決めました。 使用されているのはデスメタルバンド・ナパームデスの「You suffer」という曲。実はこの曲は1.316秒だけの楽曲。動画の中で流れたのでフルなんですよ。 世界でもっとも短い楽曲として知られ、ギネスブックにも掲載されています。一応歌詞もちゃんとあって「You suffer but
Read More
マイクロソフトBing、2018年7月までに仮想通貨広告の掲載を禁止へ

マイクロソフトBing、2018年7月までに仮想通貨広告の掲載を禁止へ

マイクロソフトの検索エンジンBingは5月15日、ブログで他のインターネット大手企業との共同声明を発表、7月までにネットワーク上の仮想通貨関連広告を禁止するとしました。 仮想通貨広告掲載禁止の狙い 声明によれば、仮想通貨の広告、および仮想通貨に関わる商材に関連する広告を禁止する主な理由は、仮想通貨が規制の元に管理されていない現状が、Bingユーザーへリスクを膨張させるものである懸念があるとしています。 コメントでは、 仮想通貨、およびその関連製品は規制されていないため、悪意ある者がハッキング、略奪行為を行い、消費者が詐欺被害に遭う可能性がある。すなわちユーザーにリスクがある。 としています。 報告書によればBing Adsツールは6月から7月始めに広告を全面的に禁止する計画でいるそうです。 マイクロソフト以外の企業も仮想通貨広告禁止を打ち出す 自社提供サービスに仮想通貨広告の掲載を禁じるのはマイクロソフトだけではありません。日本人にとって最も身近なSNS、Twitterも同様です。 3月26日に米Twitterは、ICOやトークンの販売に関する広告を世界的に禁止する旨を発表しました。上場企業を除く仮想通貨交換業者、仮想通貨を保管するウォレットを提供する業者が広告禁止対象となります。日本の場合は金融庁に登録されていない業者が禁止の対象になります。 Facebookも1月30日付けで、ICOに関する広告を全世界で禁止すると発表。詐欺行為の助長を防ぐことが狙いでした。当時日本ではコインチェックのNEM流出事件の直後だっため、Facebookが迅速に行動しました。 同日の発表では、「誤解を与えたり虚偽を含む金融商品の広告は受け入れない」とした。 例えば、「退職金でビットコインを買おう」「100倍確定のICO」といった部類の広告が禁止されます。 Facebookの宣言に呼応してインスタグラムも同様の措置を取りました。 広告禁止は市場の健全化と正当なICOの普及につながるのか? ネット広告の禁止により、不当なICO案件が世の中に顔を出し辛くなるというメリットがあります。 一方で、評価されるべきICOもまた、日の目を浴び辛くなるデメリットが生じるのでは?という疑問もうまれます。 ICOを告知するには、ホームページ、もしくはTwitterの専用アカウント、そして大手仮想通貨ニュースサイトなどに依存する形となります。 信憑性の高いメディアを活用するのは合理的と言え、投げ銭的な感覚が強いICO案件を正当化するには、有効な手段と言えるでしょう。 各社ブロックチェーン技術には興味津々 仮想通貨広告を禁止するのはユーザーの損失を無くすためですが、仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術への関心は非常に高いです。 マイクロソフトもブロックチェーン技術への将来性を高く評価しており、ブロックチェーンアプリケーション上でビジネス展開が可能なプラットフォーム開発を模索しているという話しもあります。 引用: アマゾンとマイクロソフトのブロックチェーン戦略 Facebookもまた、自社内にブロックチェーン技術開発チームを設置。自社オリジナルの仮想通貨を導入するのでは?と噂されているほどです。 あくまで彼らは、ユーザーへの不利益を避けたいだけで、仮想通貨、ブロックチェーンに対しては期待を寄せているのです。 まとめ マイクロソフトのBingが仮想通貨関連の広告掲載を禁止する事を発表しました。7月までに実施される予定で、ユーザーが直面する詐欺被害のリスク低減が狙いです。 仮想通貨広告の禁止は他のSNSも積極的に実施していますが、どこの大手企業もブロックチェーン技術への期待値は高く、これらの取り組みが仮想通貨界の健全化に繋がることを期待するばかりです。
Read More
LINEとICONが大型提携! ブロックチェーンネットワーク構築へ

LINEとICONが大型提携! ブロックチェーンネットワーク構築へ

無料通話アプリでおなじみの「LINE」が「ICON財団」と提携しブロックチェーンの関連技術である「unchain」を設立することが分かりました。 LINEは仮想通貨取引所を設立する計画もあり積極的な仮想通貨分野への参入が印象的です。今回、ICON財団と提携することでどのようなブロックチェーン技術を目指していくのか迫っていきます。 LINEとICON財団の提携と内容 提携が判明したのはLINEの子会社であるLINE PULSとICON財団です。目的はブロックチェーンネットワークを構築するためとの事で「Unchain」を共同で設立しました。Unchainが目標とするのは分散型アプリケーション(DAPPS)を開発しICONのブロックチェーンのエコシステム(経済システム)を拡大していくこととなっています。 具体的にどのようなエコシステムを目指すかと言うと、Unchainのネットワークに参加したユーザーが何かしらの貢献を果たすと報酬がもらえる仕組みになります。 LINEの仮想通貨事業参入 このところLILEは仮想通貨事業に積極的な動きを多くみせています。事業参入にあたり新会社「LINE Financial」も設立しています。SNS関連のアプリを使った会話のやり取りにブロックチェーンの技術を活かし安全面で高いサービスを提供したいと考えているようです。 LINEの決済サービス「LINE pay」の登録ユーザーは4000万人を超えてきています。決済サービスとブロックチェーンが結びつけばさらに使いやすくなる事でしょう。すでに、金融庁に仮想通貨交換所の登録申請は済ませています。取引所の開設や独自の仮想通貨のリリース、提携先とのサービス提供は多くのユーザーが待ち望んでいるはずです。 ICON財団とICON LINEとの提携したICON財団は、韓国版のイーサリアムとして人気のICONが設立した財団です。ICONは2017年の9月に公開されたばかりですが公開日に1日の発行分のコインが完売するほどの人気を誇り、大注目の銘柄でもあります。 ICONはもちろんイーサリアムに搭載されているスマートコントラクト機能が搭載されていますが、様々なブロックチェーンを繋げているLoopchainにも拡張された独自のものになっています。スマートコントラクトは契約の自動化ですが特定のブロックチェーン上でしか使えません。 しかし、ICONの特徴にLoopchainと言う仕組みがあり異なるブロックチェーンを繋げることができます。Loopchainにより他のブロックチェーンやコミュニティとの契約、取引ができるようになる優れた仕組みです。 提携した先の将来 仮に各国で使われているLINEのアプリとICONのネットワーク技術がつながれば世界中のいろんな人が繋がるハイパー接続が可能になります。そういった意味で企業が提携することはブロックチェーン技術の潜在能力を引き出す意味合いもあります。 一つの企業がブロックチェーンや仮想通貨の開発を行うより、既存のサービスを持っている企業が開発力のある企業と提携すれば新たなサービスの提供までも加速します。今回のLIINEとICONが進めるプロジェクト(サービス)の提供も早まるのではないでしょうか。期待したいところです。
Read More
仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしているのは本当なのか?

仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしているのは本当なのか?

皆さんは仮想通貨というのは80年代の「デリバティブ」に酷似していると思いますでしょうか? 今回はそんな疑問について詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただくことを参考に仮想通貨についてどのようになっていくか知って頂けたらと思いますので是非最後までご覧ください。 デリバティブとは? まず最初に「デリバティブ」について紹介させていただこうと思いますが、今回紹介させていただく「デリバティブ」というのは知らない方も多いと思います。デリバティブというのは「金融商品」に関係をしており、金融商品というのは「株式」や「外国為替」など様々な物がありますが、このようなリスクを低下させたり、リスクがあることを承知した上で「高い収益」を追及した手法として考案された方法が「デリバティブ」になります。 仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしている? では早速今回紹介させていただくように「仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしているのか」ということについて紹介させていただこうと思います。今回紹介させていただくように「仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしている」と発言したのがコインチェックを買収したマネックスグループの社長である松本氏です。 松本氏はニューヨークで開かれた「ジャパンソサエティ」の講演で、仮想通貨は「仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしている」と指摘しました。また仮想通貨と言うのも新しい資産として成長する可能性があるとしています。 松本氏というのは「1980年代にデリバティブというのを規制当局というのは嫌っていたが後々、デリバティブを受け入れた」としており、仮想通貨というのは現在は認められつつはありますが、リスクが高く、未だ認めていない国なども多いというのがあります。 この状態が「デリバティブ」に似ているというのがあるわけです。また仮想通貨というのは「法律」や「規制」というのが明確にされていないというのがあります。そのため、今後は「デリバティブ」のように規制されていくというように語っています。 またデリバティブというのは仮想通貨の初期段階と同じように「少しの人しか理解していない」というのがあるわけです。仮想通貨もビットコインが初めて通貨として発行されていますが、初期のビットコインが今のように話題になったり、普及すると思っていた方というのは非常に少ないというのがあるわけです。 デリバティブも初期段階というのは認められていなかったり、嫌っていた方も多いというのがありました。ですが1980年代に「デリバティブ」の手法が出てから5年後には大学の授業などでも「デリバティブ」を教えるようになったと語っています。 だからこそ仮想通貨というのも今後は多くの人に認められ、企業なども「仮想通貨」のサービスを取り入れたりしていくと思われます。そのため皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨が今後どのようになっていくのか、理解した上で購入したり、投資するのも良いと思いますので是非参考にしてみてください。 まとめ 今回は「デリバティブ」について紹介させていただきました。実際に仮想通貨は80年代のデリバティブに酷似にしているというのがありますので皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨が今後どのようになっていくのかを理解してみてください。 また今回紹介させていただいたように仮想通貨というのは認められる事も多くなり、仮想通貨を保有しておいた方が良い部分も沢山あると思いますので是非参考にしてみてください。
Read More
【ICO情報】FiropのICOが間も無く開始! 早期購入でボーナスも?

【ICO情報】FiropのICOが間も無く開始! 早期購入でボーナスも?

仮想通貨の投資でAirDropやICO情報は常に気にしていたいところです。 今回、ICO情報で取り上げるのは「Firop(フィロップ)」です。Firopは造水技術の開発に注目しています。世界で問題視されている分野に着手してますので今後の価値上昇の期待感も出てきます。では、Firopに関して解説していきます。 Firopとは Firop(フィロップ)とは「造水事業向けのマーケットプレイス」になります。造水とは水を生み出すこと、マーケットプレイスは生産者と消費者が売買する場所です。世界の人口増加に伴い、水の枯渇はすでに始まっています。何か対策を取らなければ深刻な水不足に陥ります。 具体的にどのような技術かと言うと、空気中の水蒸気から水を生み出したり海水から不要物を取り除く技術になります。しかし、現状として開発がうまく進んでいません。理由はいくつか考えらますが、資金力のある企業に開発が偏っていること。造水分野に資金を投じる人が少ない、開発環境が整わないなどの理由です。 ちなみに、地球上に存在する水のうち人間が使える水の割合は2.5パーセントほど。人口増加などにより必要な水の量はこの50年で2倍以上にも増えましたが、再生可能な水の量は40%も減少しています。数字だけ言われてもイメージしにくいかもしれませんが、この状態が続くと重大な水不足に陥るのは必至です。 そこで考えられたのがFiropなのです。投資家と企業の接点を生み出すことで造水の研究機関や企業が開発に取り組める環境をつくり出すことを目的にしています。Firopには「Firop chain」と呼ばれるマーケットプライスがあり、研究機関がトークンを発行し投資家などが購入すると資金調達が可能になります。 そして、「Firop Audit Consorrtium」では専門性の優れた監査を実現。もちろん、投資家にも内容は公開され、投資に必要な情報をいつでも閲覧できるようになっています。「Market Integrity Organization」によって研究機関の事業内容や財務状況の隠蔽や改ざんを防ぎ、投資家もインサイダー取引ができないよう、自主規制機関も設置されています。様々な仕組みで造水技術の円滑な開発が進むと見込まれています。 FiropのICO情報 気になるのはICO日程がどうなっているかでしょう。簡単に情報をまとめてみましたので以下をご覧ください。 ICO期間:2018年6月1日から8月31日 価格…1FDP=0.5USドル(約54円) ソフトキャップ(最低調達額):500万USドル ハードキャップ(最高調達額):3500万USドル ※FDPはトークンの通貨単位 FiropのICOは3ヶ月の期間で行われますが3500万USドルが集まった時点で終了します。また、もうすでに、AirDropも開始されています。参加すると5FDPを受け取ることができます。ただし、5万アカウントと限定されていますので、参加希望の方はお急ぎください。 AirDropが並行されているのも魅力ですが期間内に購入することでボーナスの付与があります。 6月1日18時〜6月15日:200% 6月16日〜6月30日:150% 7月1日〜7月30日:50% 8月1日〜8月31日:20% 上記のようなボーナスが用意されています。ICOが開始してから2週間くらいはかなりのボーナスが用意されますので早めの購入がいいでしょう。 FiropのICOに参加してみよう 今後の問題点に着目したFirop。避けては通れない水不足の問題の解消には造水技術の向上が不可欠です。 これから成長していく可能性は高いと考えられますのでICOでトークンを購入し価値の上昇を待ってみてはどうでしょうか。Firopは2018年12月に取引所上場を予定しているようです。
Read More
今度こそ? SBIバーチャル・カレンシーズの取引所開始「早ければ夏」

今度こそ? SBIバーチャル・カレンシーズの取引所開始「早ければ夏」

SBIホールディングス株式会社は、2018年4月26日に開催した「2018年3月期決算説明会」で、仮想通貨子会社SBIバーチャル・カレンシーズの取引所開始時期について、「2018年夏に結論を出す見込み」と発表しました。 SBIバーチャル・カレンシーズについては過去何度か、サービス提供開始のタイミングが見送られたり、海外の仮想通貨取引所との業務提携取りやめといったニュースがあったため、「今度こそ本当か?」と口にした方も多いのではないでしょうか。 この記事では、SBIバーチャル・カレンシーズのこれまでの経緯や、決算説明会での発表についてくわしく見ていきます。 SBIバーチャル・カレンシーズとは? SBIバーチャル・カレンシーズは「仮想通貨の可能性を最大化して提供」すること、「ストレスフリーに取引していただけるサービスの提供」をめざして営業開始の準備を進めていました。2017年9月29日、金融庁にて仮想通貨交換業の登録を完了しています。 SBIバーチャル・カレンシーズのこれまでの動き 2017年5月12日 SBIバーチャル・カレンシーズのWebサイトが開設される。 2017年9月29日 金融庁にて仮想通貨交換業の登録が完了。「営業開始に向けて鋭意準備を進めてまいります。営業開始日が決定いたしましたら改めてご案内いたします。」と発表。 2017年10月31日 サービスの先行予約に多数の申し込みがあり、態勢の増強を図っていることを発表。サービス開始時期については「ビットコイン分裂など仮想通貨市場の状況も踏まえ、適切なサービス提供開始時期を決定いたします」と述べるにとどめ、具体的な日時には触れず。 2017年12月8日 先行予約をいただいたお客様に限り、優先的に口座開設のお手続きのご案内を順次メール配信する予定であることを発表。案内メールにあるURLから口座開設の手続きがある旨を発表。ここでも、サービス開始について具体的な日時には触れず。 2017年12月12日 個人投資家へ向けた、仮想通貨取引専用サイト「VCTRADE」を準備中であることを発表。 2017年12月22日 12月下旬より予定していた一般の口座開設受付開始の延期を発表。理由は、「口座開設申込受入体制強化のため」と説明。 2018年2月27日 仮想通貨取引サービス開始時期の延期のお知らせを発表。「2月中に、先行予約での優先口座開設を完了いただいたお客様へ取引に必要な書類の郵送を開始する時期と、一般のお客様からの口座開設申込の受付を開始する時期をお知らせする予定でしたが、時期を延期させていただきます。」と説明。 2018年3月9日 中国を中心としたアジア地域で仮想通貨関連事業を展開するHuobi Universal Inc.およびその関係会社(以下「Huobiグループ」)との業務提携を取りやめたことをを発表。背景として、セキュリティ強化が求められている状況や、柔軟な開発体制を構築することが望ましいこと、またSBIグループのリソース活用によるシステム構築の目処が立ったことを挙げた。 以上、2018年4月29日時点でのSBIバーチャル・カレンシーズのこれまでのニューストピックをまとめてみました。 これまでに数回の延期発表があった中での今回の取引所開始時期についての発言だったので、「やっとか!」と歓迎される一方で「今度こそ本当?」と疑心を抱かれるのも無理はないといえます。 SBIバーチャル・カレンシーズの早期収益化に向けて 説明会で、SBIグループは、SBIバーチャル・カレンシーズについて「グループ内外とのシナジーを徹底追求していく」と述べました。 説明会資料の概要を見ていきましょう。 本格的なサービス開始に際してはSBI証券(約426万口座)、 住信SBIネット銀行(約321万口座)、SBIリクイディティ・ マーケット(約105万口座、 SBI FXトレード含む)等からの 顧客送客が見込まれる 「日本仮想通貨交換業協会」の設立時期や策定される自主規制ルールも見据えて開業準備を進める 2018年4月に金融庁が設置した「仮想通貨交換業等に関する研究会における議論も注視する 背景には、コインチェックによる巨額流出事件をうけ当局による監督姿勢が硬化していることや、仮想通貨の時価総額ならびに取引ボリュームが2017年年末のピークから半減していることが挙げられます。 公式サイトに新たな「延期のお知らせ」が追加されないよう祈るばかり SBIグループは当局による新たな登録制見直しや規制に関して議論がされると推測した上で慎重な見極めをしていくと述べていますが、北尾社長からは「スプレッドは業界最小にする」「あっという間にナンバーワンになる」といった頼もしい言葉も出ており、仮想通貨投資家の間では期待が集まっています。
Read More
バフェットとビルゲイツがビットコインを酷評、発言の意図は?

バフェットとビルゲイツがビットコインを酷評、発言の意図は?

最近、著名人によるビットコイン批判が相次いでおり、それを受けてビットコインの価格も6%ほど下落しました。 批判的発言をしているのは株式投資で世界1,2を争うほどの資産を築き上げたバフェット氏です。 もう一人は、こちらもまた世界で1、2を争う資産家のビルゲイツ氏です。 両者とも最近でこそAmazon最高責任者であるジェフベゾス氏に抜かれたものの、バフェット氏が約9兆円、 ゲイツ氏が約10兆円と、文字通り、桁のいくつも違うずば抜けた資産家であります。 以前からビットコインに対して否定的な立場を取ってきたバフェット氏ですが、今回、自身の運営する投資ファンド、バークシャーハサウェイの株主総会において、再びビットコインに辛辣な発言をしました。「ビットコインは殺鼠剤のようなものである」とのことです。 また、ゲイツ氏も「簡単にできるのであればビットコインをショートする」 との発言をしました。 ゲイツ氏によれば、 ビットコイン投資は純然たる大馬鹿者理論による投資、つまり、馬鹿が買ってそれをさらに大馬鹿者に売る、とのことです。 ただ、ゲイツ氏はビットコインの背景にある技術、ブロックチェーン自体に関しては肯定的のようです。 両者ともバークシャーハサウェイの役員会に出ており、ゲイツ氏の発言はその際のCNBCのインタビューに答えたものです。 投資の神、バフェット氏の予言通りになるか 株式投資で世界トップの財を成す人物は、先を見通す能力もトップクラスであると考えられますので、バフェット氏の発言を受けてビットコイン価格が6%も下落するのも当然かもしれません。 ただ、バフェット氏はAmazon、 Googleに否定的になり、投資しなかったこと非常に後悔している事実もあります。 両企業ともIT企業でありバフェット氏はIT関連と相性が悪いのではないかと考えることもできます。いくら超人といえども、高齢にもなれば新しい技術に馴染めなくなるのかもしれません。 ビルゲイツ氏はITの神様のような存在 ここで気になるのがゲイツ氏の方です。 ゲイツ氏はMicrosoftの社長として自身がITの革命を起こした人物でもありますので、仮想通貨に対しての読みがとてつもなく深いのではないか、と考えられます。 以前に仮想通貨に対して友好的な発言をしていたこともありますし、今回も仮想通貨の技術自体には好意的であるようです。その辺りからもただ新しいものを拒否しているだけだとは感じられません。 バフェット氏でもゲイツ氏でも、その読みが妥当であるかどうかなどは私には判断はできませんが、ただここで少し気になるのはゲイツ氏の財団がバークシャーハサウェイの株を大量に保有しているという事実でしょうか。 冒頭でも述べましたが、バークシャーハサウェイはバフェット氏の所有する持株会社であり実際は投資ファンドであると言われています。 今回のゲイツ氏の発言がバークシャーハサウェイの役員会に出席した際の発言であることもあいまって、どうしても少し勘ぐってしまいます。 「簡単であれはビットコインをショートしたい」と発言していたゲイツ氏ですが、制度的にはとても簡単にできることなので、実際にショートしたのかが気になります。 まとめ 今回は超著名人2者が相次いでビットコインを酷評したので取り上げてみました。 ゴールドマンサックスが以前残していたビットコインに対する否定的なコメントを取り消し、機関投資家として参入、また個人投資家にも取引の機会を提供する、とのことですが、今回の発言はちょうどそれと同じ時期であり興味深いものがあります。 今回取り上げたのは否定的な側からの発言ですが、もちろんゴールドマンサックスのように逆の立場からの発言もあります。 賛否両論のビットコイン、どう転ぼうとも未知の領域。面白くなりそうです。
Read More
リチャード・ブランソン、自身の名を使ったビットコイン詐欺サイトに警告

リチャード・ブランソン、自身の名を使ったビットコイン詐欺サイトに警告

イギリスヴァージン・グループの創業者であるリチャード・ブランソン氏が、自分のブログでビットコインの偽サイトに対し絶対に支持しないと警告しました。 2017年CNNを模造した偽サイト上でリチャード氏は、アメリカの実業家であるイーロン・マスク氏とともにビットコイン技術スタートアップに対して1700万ドルを投資したと虚偽のニュースを報道されていました。 リチャード・ブランソン氏とは リチャード・ブランソン氏は、ヴァージン・グループの創業者です。1973年に立ち上げたヴァージン・レコードで音楽業界に進出、84年からはヴァージン・アトランティック航空で航空事業も手がけています。他にも携帯電話・飲料水・映画館・鉄道・宇宙旅行事業と多岐に渡って成功を収めています。 2000年にはエリザベス女王から「ナイト」の称号を賜っているなど、イギリスを代表する実業家のひとりです。 リチャード・ブランソンとビットコイン 元々様々な事業を手がけているリチャード氏は、仮想通貨やブロックチェーンにも以前から興味を示していました。宇宙旅行事業を手がけているヴァージン・ギャランティックでは、2013年からビットコイン決済が可能になっています。2014年にはFacebookの提唱者であり仮想通貨取引所ジェミニの創業者でもあるウィンクルボス兄弟が、ビットコインで宇宙旅行を予約したと話題になりました。 増え続ける虚偽ニュース CNNの偽サイトで問題になったのは、ただ著名人の名前を騙っただけではありません。本来のCNNのレイアウト・実在の記者名を使用しているなどサイトの作り自体が、非常に精巧だったためです。仮想通貨に関する詐欺は最近増えており、手口も巧妙化してきています。仮想通貨の運営元・取引所・ウォレットなどを模したサイトも増えており、中にはブラウザの広告ページに掲載されている場合もあります。よく使うサイトに関してはURLを覚えておく方が良いかもしれません。 リチャード氏以外に名前を使われた著名人 仮想通貨関連で名前を使われた人は少なくありません。CNNの偽サイトでリチャード・ブランソン氏と共に出資したとされたイーロン・マスク氏も標的にされたひとりです。@elonmuskがイーロン・マスク氏の本物のTwitterアカウントです。これを模した@elonmuskikというアカウントが登場、本人の写真まで使用していました。 アンチウイルスソフトのマカフィー創業者ジョン・マカフィー氏は、Twitterにて「今日のコイン」と銘打ち仮想通貨の紹介を行っていました。後日自身のTwitterアカウントが乗っ取られていたと、マカフィー氏は語っています。 悪質なものはヴィタリック・ブテリンに関する虚偽ニュースでしょう。同氏はイーサリアムの共同開発者であり、同氏の発言はイーサリアムの相場に大きな影響を与えることがあります。イーサリアムがgive away(無料配布)されるという虚偽のニュースが出回っているためヴィタリック氏は、自身のユーザー名を「Vitalik "Not giving away ETH" Buterin」へと変更しているほどです。 ヴィタリック・ブテリンは以前にも虚偽ニュースの標的となりました。2017年に交通事故に巻き込まれて死亡したというデマが流れたのです。相場もこのデマに反応しイーサリアムの価格が、一時的ながらも急落しました。このデマを払拭するためにヴィタリック氏は、自身のTwitterで地取り写真を公開したほどです。 仮想通貨関連の広告停止 このように悪質なニュースが出回っていることを受けてFacebookは、仮想通貨・ICO関連の広告を禁止しました。2018年6月からはgoogleも仮想通貨などの広告を禁止する予定となっています。 イギリスSky NewsによるとTwitterも、仮想通貨の広告を禁止する方向で話が進んでいるようです。
Read More
ビットコインが「紙幣」の噂が飛び交っている? スイス拠点の新興企業が動き出す

ビットコインが「紙幣」の噂が飛び交っている? スイス拠点の新興企業が動き出す

皆さんは仮想通貨についてご存知でしょうか?今回はそんな仮想通貨「ビットコイン」が紙幣になると言われています。そんなことが本当にあり得るのかといった疑問や真相について紹介させていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。 ビットコインが紙幣になる? では早速紹介させていただこうと思いますが、ビットコインが紙幣になると言われている理由として「スイス」と「シンガポール」に拠点を持っている企業のタンゲムがビットコインの紙幣の試験販売を開始しました。 仮想通貨というのは現実世界にはない通貨とされており、インターネット上にあるデータの資産ともいわれています。そんな仮想通貨ですが、紙幣として販売され始めようとしているわけです。 試験販売では「スマート紙幣」と呼ばれており、サムスン電子製のチップが紙幣についているというのがあります。0.01BTCが1万1000円とされており、0.05BTCは5万5000円とされています。つまり紙幣のビットコインを持ち運ぶことが出来るようになっているというのがあります。 今回紹介させて頂いているビットコイン紙幣の試験販売される1万枚というのはシンガポールから提携先の販売業者に出荷される予定となっており、今後はリリースされる可能性というのもあります。 また仮想通貨ビットコインが「紙幣」になることによって、仮想通貨の使用をより簡単にすることが出来て、保有・取得・流通の簡便さとセキュリティを高める事が出来るというのがあります。 シンガポールでは仮想通貨の開発が多く行われている? 次にシンガポールでは仮想通貨の開発が多く行われているということについて紹介させていただこうと思います。シンガポールでは日本を含むアジアの仮想通貨やブロックチェーンの開発の中心地として利用されているというのがあります。 また最近ではシンガポールと日本の共同開発を行う予定とされており、今後は中国など様々な国と共同開発を行う予定とされています。既に中国とシンガポールの共同開発によってブロックチェーン技術がつかわれたガソリンが出荷されており、シンガポールがどれだけ仮想通貨に対して前向きな姿勢をとっているかがわかると思います。 またシンガポールでは駐豪銀行が国際決済としてブロックチェーンを使用することを明らかにしており、今後は仮想通貨を使った決済や取引がシンガポール内でも多く取り扱われようとしているというのがあるわけです。 世界中で仮想通貨に対してセキュリティを高めなければいけないと考えていたり、規制をしなければいけないと言った中でシンガポールというのは仮想通貨に対して国境を越えた通貨として取り扱おうとしているわけです。 なので投資家の皆さんは今後シンガポールと様々な国との共同開発によって誕生する仮想通貨に注目をしていただけたらと思います。 また最後に仮想通貨が今後、日本円やドルのように紙幣で取り扱われるようになれば、仮想通貨ブームというのは更に高まると思います。ですが懸念されている部分も多いため、今後の仮想通貨がどのようになるのか注目をしたいと思います。 まとめ 今回は仮想通貨について紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたようにビットコインが紙幣として試験販売されましたが、実際に世界中で仮想通貨の紙幣が販売される可能性もあります。 そのため、投資家の皆さんも今後どのようになるのか分からないと思いますので、シンガポールとスイスに拠点を置く企業の動向に注目をしてみてはいかがでしょうか?是非参考にしてみてください。
Read More
ノルウェーの仮想通貨取引所、訴訟で敗訴!? 銀行閉鎖になるのか?

ノルウェーの仮想通貨取引所、訴訟で敗訴!? 銀行閉鎖になるのか?

皆さんはノルウェーの仮想通貨取引所で銀行口座閉鎖に対する訴訟が行われたのをご存知でしょうか?今回はそんなニュースについて詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。 ノルウェーの仮想通貨取引所について では早速ノルウェーの仮想通貨取引所について紹介させていただこうと思いますが、ノルウェーの仮想通貨取引所である「ビットミントAS」が金融サービスの大手業者であるノルデアに敗訴しました。 ビットミント創設者であるストゥルレ・スンデ氏は銀行口座が閉鎖されたことに対して訴訟を行っていました。ノルデアは昨年2017年の12月にマネーロンダリング対策やテロリストの資金提供に対するリスクを懸念しており、その対策として近郷口座を閉鎖しました。 また銀行座の閉鎖によってブロンオイスン陶器センターの有限責任会社設立の登記を行う事が出来ないとしていました。 銀行口座閉鎖に対する訴訟の判決について では訴訟の判決について紹介させていただこうと思いますが、今回紹介させていただくように敗訴をしました。その理由として仮想通貨取引所によってマネーロンダリングと犯罪に対しての関連するリスクが上昇すると確信をしたと判決に対して述べています。 またビットミントは今回の敗訴を受けて、裁判所に対して失望をしたと述べており、ビットコインの取引を事実上禁止にしているとも発言しています。更にビットミントは今回の敗訴に対して法には違反をしていないと主張をしており、控訴を行うつもりとしています。 裁判所はストゥルレ・スンデ氏自身がセキュリティの大半を手動で行っている事を指摘しており、セキュリティが万全ではないことを言っています。日本国内でもセキュリティの甘さによって引き起こされた仮想通貨の流出事件ですが、日本国内だけではなく海外でもハッキングによって仮想通貨が流出する事件が相次いでいるというのがあります。 だからこそストゥルレ・スンデ氏が手動で行っているというのは危険であると言っているわけです。またストゥルレ・スンデ氏は現段階でも12万4000ドルを裁判に使っており、金銭的なコストも相当であると述べています。その上で今後控訴を行うのであれば、更なる費用が掛かってしまうというのがあります。 今後どのようになっていくのか新しい情報が入り次第紹介させていただこうと思います。 仮想通貨取引所の銀行口座閉鎖が多くなっている 最後に仮想通貨取引所の銀行口座閉鎖が多くなっているということについて紹介させていただこうと思いますが、先月4月にはチリの仮想通貨取引所が銀行の口座を閉鎖されています。またチリの仮想通貨取引所も同じように訴訟を行っており、此方は勝訴しています。 そのため、一概に仮想通貨取引所の銀行口座が閉鎖されるというわけではありませんが、リスクなどを考えるとしょうがない部分もあるのではないかといえます。日本国内ではそのようなことがないことを祈りたいと思いますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしていただけたらと思います。 まとめ 今回はノルウェーの仮想通貨取引所について紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたようにノルウェーの仮想通貨取引所が銀行口座の閉鎖をされたことに対して訴訟を起こした事について理解して頂けたと思います。 ですが、今回紹介させていただいたように仮想通貨取引所は今後も増加すると思いますが、リスクを考えるとセキュリティを万全にしなければ銀行座の閉鎖が増加する可能性もありますので是非今回紹介させていただいたことを参考に知って頂けたらと思います。
Read More

「いっしょう、いっしょ。」永遠の想いはブロックチェーンに、そして指輪に刻もう!

ブロックチェーンの永遠に記録を残すことができる、そして改ざんすることが難しいという特質を利用した指輪はいかがでしょうか?大切にしたい...

国内仮想通貨業者が登録を断念 !? 規制強化により相次ぐ撤退か?

皆さんは国内の仮想通貨業者をご存知でしょうか? 今回は仮想通貨業者について詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも仮想通...

最高水準のマイニングマシン開発、ビットコイン大好き「REGAIN」がICO!現在ステージ2

「REGAIN」という文字をみると、頭の中に黄色のラベルのドリンク剤がパッと浮かんできた人も少なくないはずです。そして、何となく「元...

リップルのイベントにスヌープ・ドッグが登場!

リップルのイベントに、アメリカの大物ラップスターSnoop doggが参加することが分かりました。 これまで仮想通貨のイベント...

投資と寄付のWPCのICOスタート、TSUMUGIはミャンマーを発展させるか?

貧困に苦しむ人々の現実は、はた目にはなかなか見えにくいものでしょう。もちろん、体がやせ細っていて、身に付けている衣類もみすぼらしく、...

EOSがメインネットをローンチを発表、イーサリアム上のトークン凍結へ

イーサリアムを超える分散型のアプリケーションになるのではないかと人気の仮想通貨EOS(イオス)。 現在はEOSトークンとしてイ...

【ICO】「Project PAI」で自分そっくりのアバターに仕事させる!恋人も探す!

自分にうりふたつの3Dのアバターが分散型プラットフォーム(PAI ネットワーク)で、様々な理由で自分自身ができないことをやってくれる...

イタリアでハッキングされた仮想通貨取引所が破産申請をした?

皆さんはイタリアの仮想通貨取引所がハッキングされたことはご存知でしょうか? 日本国内ではコインチェックがハッキングされましたが...

日本発! 仮想通貨時代の銀行を目指す「Gincoアプリ」が正式リリース

仮想通貨ウォレットというと海外発のものが多くありますが、ここに来て待望の日本発ウォレットが正式リリースされました。 その名もG...

Globatalentで将来性ありのスポーツ選手を見つけて投資! 選手と距離が近いのが最高

「Globatalent」という単語から「全世界の才能」とかなんとかという意味なのだろうと、なんとなく想像するのではないでしょうか。...