トレードや投資、イーコマースなどで成功したい人向けの「ValueCash」がICO

2017年からビットコインバブルだとかバブルでないとか言われていますが、仮想通貨の取引をする人が激増しています。そして、多くの仮想通貨の基盤となっている最先端のブロックチェーン技術は様々な業種でも取り入れ始めています。

このブロックチェーン技術を使うことにより、コスト削減と安全性を高めることができるので使えるならば使いたいところでしょう。そして、ブロックチェーン技術そのものはあらゆる分野で取り入れることが可能なのかもしれません。

しかし、現状ではブロックチェーン技術は誰にでも簡単に導入できるものでもありません。ですから、こういう技術を取り入れやすい業種から試行を繰り返しながらビジネスに結び付けICOに挑戦、という動きも2017年は盛んになっています。

そして、今回ご紹介する「ValueCash」はまさにこういう技術を取り入れやすく、また利用する人もそれについての知識が豊富な人が多いという「トレードや投資」分野です。今やこの分野こそ暗号の世界に最も近いところにいると言ってもよいでしょう。

ではこの「ValueCash」はインターネットがなければ生活していけないようなユーザー達をどのように満足させてくれるかだけでなく、なんとなく最近の流れで仮想通貨の世界に入ってきた方でも全く分からないということがないように説明していきます。

ValueCashとは

完全に非中央集権化(分散化)されていて、安全で、暗号によりコントロールされたデジタル通貨です。要するに、ValueCashは中央銀行などで発行されたものではないですし、銀行のポリシーによってさまざまなことが決められたりはしません。

つまり、ValueCashは完全に非中央集権化していますので、需要と供給によって値段が変わります。初めから、これは100円とか500円とか決められて作られるものではないということです。人気があれば高くなりますし、全然なければすごく安くなってしまうでしょう。

そして、ValueCashは無限に発行されるわけではありません。発行数に限りがありますから、需要と供給による価格の変動がダイレクトに表れてしまいます。ですから、人気があれば高騰するわけです。人気がなければ?草コインになるでしょう。それだけです。

以下、ホワイトページに掲載されていた部分をおさらいの意味で掲載します。

●ValueCashは簡単に使用でき、簡単に保管ができる
●政府によるコントロールとか操作はない
●ブロックチェーンの難易度レベルの増加
●大衆の価値観を知ることができる
●インフレーションからの保護
●元来匿名である
●取引手数料が低い
●市場の希薄化
●清算が簡単
●非中央集権化
●人対人での直接取引
●透明化されている
●投資できるものである
●信頼できる

これらのひとつひとつがインターネットを介する取引ではとても役立ちます。なぜならば、商売をする人は余計なコストをかけないで商品化できたり取引ができたりするので利益を得やすくなります。

そして、買う側や利用する側は透明化された取引により安全に、そして安くその商品や技術を手に入れることができます。

では具体的にValueCommerceでは何が売りなのかということをお話しします。

ValueCashのコミュニティーの恩恵を受けられる

ValueCashはトレード、投資、E-コマース(電子商取引)などに興味を持つ人、関連性のある人、ビジネスをしている人などにとって便利な開かれた、透明化されたコミュニティーを保有します。

このコミュニティーで、ブロックチェーンに対して同じような価値観を持つ人を見つけられるでしょう。ですから、商取引の話しなどもとんとん拍子で進んでいく可能性がとても高いでしょう。これが大きなメリットです。

具体的に言いますと、ブロックチェーン技術に懐疑的な人や企業の人に、そのサービスや内容を理解してもらうのは大変です。そのようなことを説明していると、めんどうなだけでななく、稼げるチャンスも逃してしまいます。

ですから、このコミュニティーはとても大切なものになります。ValueCommerceでもこのコミュニティーを成長させたいとホワイトページにつづっています。

そして、これらのすばらしい恩恵はValueCashトークン(XVL)を使うだけで得られるわけです。

「XVL」というトークンについて

ValueCashトークンは「XVL」とつづられますが、このトークンについてホワイトページではこのように書いています。とてもわかりやすくて、期待が持てました。特に2つ目の投資ではないという部分が筆者は気に入りました。ICOを投機と考えている方もいますので、その点に関して明記しているのが、とても真摯だと感じます。

●現在、このホワイトページを作成している段階では仮想通貨ではない

つまり、ValueCashのコミュニティーのメンバー同士では送金したりすることを除いて、コミュニティーの外で商品やサービスに対して利用することはできません。

●XVLは投資ではない

XVLの価値が必ずしも上がるとは言えません。時には下がることもあるかもしれません。もちろん、上がるようにできる努力はしますが、上がるという保証はできません。

●XVLは所有権とかコントロールする権利を証明するものではない

このトークンはどんなコントロールとか、コミュニティーに関することの決定権を与えるものではありません。

こちらのICOの内容は以下のICO通りです

ウエブ

https://www.valuecash.com/

カテゴリー

トレード&投資

全供給量

18,000,000

トークンの価格

フェーズ1:$2.50 / Token
フェーズ2:$3.65 / token

詳細はこの表の最下段の「クラウドファンディング中の割引」参照

クラウドファンディングのスタート

2018年1月8日 16:00 UTC

クラウドファンディングの終了

2018年1月31 16:00 UTC

クラウドファンディング中の割引

2つのフェーズに分かれています。
そして、1と2のに日付が開いているので、実際には3つの期間に分かれている
【フェーズ1:1月8日から17日】
●価格:$2.50 / Token からスタートし$0.10毎に増える
●フェーズ1の最後のプライスは$3.40 / Tokenになる

【フェーズ2:1月22日から1月31日最終日】
●価格:$3.65 / Tokenからスタートし$0.15ずつ増える
●フェーズ2の最後のプライスは$5.00 / Tokenになる

細かく分けられていますが、とにかく少しでも速くトークンセールに参加したほうがお得ですね。

※どちらのフェーズでも最小限のセールは20トークン、最大限のセールは200トークンとなっています。

トレーディングや投資関連でICOをする企業は多いですが、そのコミュニティーの良さは作る側と作られる側の双方のメンバーと力によって変わってくるでしょう。いうなれば、流動的でもあるでしょう。ひとつでも多くこういうコミュニティーを知っておくのも、インターネットを利用して仕事をしていこうと思っている人には良いのではないでしゅうか。

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする