警察官が電気泥棒! ウクライナの警察署で4か月間もの間こっそりマイニング

警察に勤める人が、その職場で勝手に4ヶ月間もマイニングをしていていたのが見つかってしまったというなんともおもしろい話がウクライナであったようです。

このニュース記事の出だしは「警察に勤める人」となっていましたので、警察官ではない事務職員などが起こした事件なのかと思ってこのニュースに注目したのですが、警察署に勤める警察官が起こした事件でした。

しかし、警察官がわざわざ自分の職場でマイニングするなんていう常識はずれなことをするのでしょうか?

普通はそんなことはしないでしょうから、どんな裏があるのかと興味を持ってこのニュースを読み進めてみましたので、ご紹介します。

なお、この情報はリヴァン市裁判所の文書ナンバー561/8710/18によって明らかになったと、Finclubはレポートしました。

警察署内でマイニングファームが発見された!

地元のメディアが、警察署内でこのマイニングファンが見つかるまでの4ヶ月間もの間、警察署内で暗号通貨のマイニング行われていたと報道しました。

最近仮想通貨に興味を持ったばかりの方とか、マイニングには興味がないという方ですと、そんなことをして何のメリットがあるのかと思ってしまうかもしれません 。

しかし、マイニングにはそれなりの機材が必要だったりします。その機材が結構置く場所が必要だったりします。また、どんなところに置いてもいいというわけでもなく、それなりの環境が必要です。そして、もうひとつ必要なものがあります。

筆者はマイニングは得意分野ではないのですが、マイニングを行っているという友人はいます。それを見ると、結構場所が必要なだけでなく、機材にほこりがかかってもダメなようです。つまり汚い部屋に放置しておいては駄目だということですね。

しかし、パソコンを使っている人であればわかると思いますが、こういう機会はほこりだらけになりやすいですね。静電気のせい?

そして、発見されて取り外されたものは以下の通り

  • 2つの木のフレーム
  • 特注された8枚のグラフィクスカード
  • 6つの電源装置
  • 2つのハードドライブ
  • 1枚のマザーボード
  • 1台の完全なシステムユニット

あまり大掛かりなマイニング装置ではないような気がしますが、いかがでしょうか?

そして、これらを動かしたら、どのくらいマイニングできたのでしょうか?そして、動かすために必要なあれとは?そう、もうひとつ必要な物のこたえ、それは電気です。

警察官は「電気泥棒の罪」で告発!

勝手にマイニングをした従業員等、つまり、警察官たちはマイニングをするために職場の電気を無許可で使ったことになります。要するに、リヴァン地域の国家警察の管理下にある電気を勝手に使ったという罪で告発されたとのことです。

捕まった警察官は、マイニングには結構な電気代がかかるから職場のを拝借しよう、という魂胆だったのでしょう。

国家警察ならば、ウクライナでもやはり国民の血税から給料が払われ、そして、警察署内でかかる経費もやはり国民の血税から支払われているのでしょう。

ということは、国民の税金を使って、勝手に個人の欲のためにマイニングをしていたといいことです。腹立たしいですね。

しかし、マイニングをすることによって、電気代が急に増えて足が付くとか考えなかったのでしょうか?あるいは考えくてもよいような環境だったのでしょうか?それはわかりません。

ところで、日本でも、会社で勝手に私用のスマホを充電している人はどのくらいいるのでしょうか?それも、会社で許可してくれているのでなければ私用での利用、つまり電気泥棒をしていることになってしまいますが、皆さまはどうしているのでしょうか?

どのくらい電気泥棒したかはわからない

電気泥棒をした警察官達が実際にはどのくらい電気を使ったのかということはわからないということです。

ちなみに、想像ではあるのですが、 これまでの電気使用量から見て、急に電気の使用量が多くなっていれば、なんとなくは不正にどのくらい使われたのかはわかるとは思います。しかし、明確な数値は出せないのでしょう。

また、警察官達が賢く、あまりたくさん電気を使わないようにうまく操作していたりすると、はっきりとした数字は余計に分からないでしょう。そうなると、罪の重さを決めるのも難しそうです。

ウクライナには暗号通貨に関する規制がない

現在のところ、多くの提案はあるにもかかわらず、暗号通貨に関する規制がありません。しかしながら、 ウクライナのナショナルバンクの副総裁であるOleg Churtly氏は、セントラルバンクが暗号通貨について規制をする法案に取り組んでいるということを明らかにしました。

やはり、どの国であっても、最低限の規制は必要でしょう。せっかくのたくさんの可能性のある暗号通貨を良い方向に活かして行くためには、整えるべき法案は早急に整えた方が良いでしょう。

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea