【Token Fund】ICOの投資先に迷わないサービスを提供する会社が誕生

日本の金融庁がICOに関する声明を発表!

日本でも仮想通貨による資金調達であるICOを行う企業が出始めており、数十億円規模の資金を集めたところもある。

ただ、最近になって胡散臭いICO企業も散見されるようになり、2017年10月27日になって金融庁から、「ICOについて:利用者及び事業者に対する注意喚起」という声明が発表された。

金融庁の声明では、ICOで発行された仮想通貨の価格下落や詐欺のリスクなどが説明されており、詐欺コインやインチキICOの可能性がある場合は、所管財務局の担当窓口に電話で連絡をするよう呼び掛けている。

また、金融庁はICO企業向けにもコメントを出しており、「ICOの仕組みによっては、資金決済法や金融商品取引法等の規制対象となります」と述べている。

声明自体はそれほど厳しいトーンと感じないかもしれないが、以前外資系金融機関で金融庁の窓口対応であった私からすると、「ムチャクチャなことをやったら、容赦なく取り締まるからな!」という強い警告をICO企業に対して行っているように感じる。

世界に目を向けると、日本の金融庁と同様にアメリカ、シンガポール、タイ、香港などの金融当局が投資家向けに注意喚起を行っている。

注意喚起だけでは不十分だったのか、アメリカの証券取引委員会(SEC)が2017年9月に2つのICO企業とその創業者を告発した。

告発されたICO企業は、投資家から調達した資金をダイヤモンドや不動産に投資するとしていたが、実際にはそのような手続きがなされておらず、SECの逆鱗に触れて検査が入ったようで、その結果、不正が発覚したようである。

すべてのICOがこのような不正を行っているとは言えないが、ウェブサイトやホワイトペーパーを見ていると、かなり怪しいICO企業もある。

「ICOに興味はあるけど、どうやって見分ければいいんだ!」とお悩みのそこのあなた。心配は無用である。

今ご覧になっている情報サイト「bit-life(ビットライフ)」は、日本を代表する仮想通貨に関する総合ニュースサイトなのである。

ビットライフでは、ほぼ毎日仮想通貨ニュースがアップされており、このサイトを見ているだけでも仮想通貨に関してかなり詳しくなれるだろう。

そして、日本初の仮想通貨評論家である私コインマンの記事がこんなにたくさん掲載されているサイトは他にないため、ビットライフを毎日読むことでICOなどの最新情報に相当触れられることになる。

ICO初心者の方には、10月22日に配信された以下の記事がおすすめである。

また、興味があるICO企業が発行する仮想通貨について詳しく知りたい場合、こちらのサイト右上部分にある「お問い合わせ」から要望や依頼を送ることができるようになっている。

当然ながら、すべての要望や依頼にお応えできるわけではないが、私は日本初の仮想通貨評論家コインマンとしてかなりの数のICO企業を見てきたため、できる限りの情報提供をさせていただくつもりである。

そんな中、「ICO企業が多すぎて選べない!」とお考えの方に参考になるICO企業が登場した。その会社の名は、「Token Fund」である。

ICOの選定はプロにおまかせ

株式や債券、外貨などの伝統的な金融資産において、「自分で選ぶのは面倒であるから専門家にまかせたい」というニーズは従来から存在していた。

このようなニーズに対応する金融商品として登場したのが、皆様ご存知の投資信託である。

投資信託では、金融の専門知識を持つファンドマネージャーが投資先を選定し、顧客から預かった資産を運用する仕組みが採用されている。

今回紹介するToken Fundも、基本的には投資信託と同じであり、ICOの専門家が投資先を選定し、パフォーマンスの向上を目指すというシンプルなものである。

9月6日にこちらの「ビットライフ」で配信された記事「ICOで将来のスーパースターを養成するためのプロジェクトを開始?」の中で紹介したICO企業である「TokenStars」にもToken Fundは投資している。

TokenStarsはウェブサイトやホワイトペーパーが見やすく作られており、この記事を執筆している2017年10月31日まででICOを完了しているが、11月から大手仮想通貨取引所で換金、交換が可能になると説明している注目の仮想通貨だった。

TokenStarsに投資していることから、Token Fundはかなり細かくICO企業を調べていることが分かる。

ICOをしていない仮想通貨の運用会社

Token Fundのウェブサイトとホワイトペーパーを見ていた不思議だったのは、ICOに関する記載がなかったことである。

Token Fundが発行している仮想通貨であるTKNトークンは、ビットコインかイーサリアムで購入可能であるが、特にICO期間というのは設定されておらず、ウェブサイトからいつでも購入可能なようだ。

先程、投資信託の仕組みを紹介したが、Token Fundは既存の投資信託に近く、いつでも買いたい時に購入できる仮想通貨のようだ。

Token FundのTKNトークンを購入することで、複数のICO企業に分散投資することと同じ経済効果を得ることができる。

Token Fundのウェブサイトで、TKNトークンの価格推移がチャート表示されており、2017年4月に10米ドル近辺でスタートしたTKNトークンは、この記事を執筆している11月16日時点、およそ51米ドルで推移している。

約半年で4.8倍になっているわけだが、仮想通貨への投資として非常に優れたパフォーマンスというほどのものでもない。

Token Fundの場合、複数のICO企業に分散投資しているため、1つのICO企業に資金をつぎ込むよりもリスクが抑えられている分、上昇の幅もなだらかになることになる。

Token Fundは投資先の配分などもウェブサイトに公開しており、この姿勢は非常に好感が持てる。

手元にビットコインかイーサリアムがあり、1つのICO企業に投資するのは怖いけれど、複数のICO企業に分散投資できるのであれば挑戦してみてもよいと考えている人にとってToken Fundは向いているかもしれない。

Token Fundの経営陣は投資経験豊富な専門家で固められており、凄腕のアドバイザーも揃っているようである。

また、Token Fundの仮想通貨であるTKNトークンは、ウェブサイトからいつでもビットコインかイーサリアムに戻せるようである。

この点はかなり革新的で、流動性の部分をToken Fundは真剣に考えており、投資信託と同じ仕組みで資産売却ができることになる。

TKNトークンを法定通貨に換金することはできないが、ビットコインとイーサリアムであれば、世界中の仮想通貨取引所でいつでも換金可能であるため、投資家にとっては安心材料の1つと言えるだろう。

コインマン

日本初の仮想通貨評論家「コインマン」として活動する元外資系金融マン。債券ブローカーとしてニューヨークで勤務し、東京では当局対応として金融庁と対峙したリアル半沢直樹。
毎朝4時に起床し、仮想通貨ニュースを執筆する日々を過ごしている。フランスに留学していた親仏家であり、ヨガインストラクターを目指していたヨガマニアでもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする