プーチン大統領、仮想通貨に危機感?

プーチン大統領は先日男なわれた政府会議で、仮想通貨には「重大なリスクがある」と発言しました。
ロシア政府の高官は慎重な姿勢の周辺諸国と同じく、仮想通貨バブルに関して厳しい発言もしてきました。
この発言は今後のロシアのデジタル経済にどのような影響を与えるのでしょうか?

政府会議で異例のコメント

10月10日にソチで行われた政府会議には、ロシア中央銀行の重役など経済界の重鎮たちが今後の国内の経済について話し合いました。
その後のメディア対応でプーチン氏は、仮想通貨の可能性を認めつつも重大なリスクがあると発言し、注目を集めました。

プーチン氏がロシアの大統領に就任してから、仮想通貨について直接発言したのはこれが初めてです。

ロイター通信には「仮想通貨の使用に重大なリスクがつきものだ。私は仮想通貨の普及による中央銀行の立場を知っているし、総裁とは何度か話し合いをもったこともある。」といった旨の大統領の発言が掲載されています。

これまでロシアではブロックチェーン研究所を作ったりと、プーチン大統領は仮想通貨やブロックチェーン技術に大きな関心を持っていると報道されてきました。
その反面ではロシア経済を掌握している独裁的な面もあり、彼の意思は大きな影響力があります。
今まで公的な発言控えていたため、その動向に注目が集まっていました。

取引所へのアクセス禁止も?

会議の後にロシア中央銀行第一副総裁であるセルゲイ・シェツェツフ氏は、ロシア政府がビットコインやイーサリアムなど仮想通貨を取り扱う取引所へのアクセスを阻止する考えを表明しました。

取引所へのアクセス自体を規制するとは驚きですが、同氏はこの発言を国内の投資家を守るためにしたものだとしています。
無数の匿名のソースから発行されているものは、信用に足りず犯罪組織の資金源や犯罪行為の温床になりうると考えているようです。

一般市民に悪影響を及ぼさないための措置だというのは詭弁のようにも聞こえますが…
たとえばブロックチェーンがオレオレ詐欺のような犯罪行為に使われたら、犯人の特定が難しくなりますね。
キャンペーンだと偽ってもらった招待状のQRコードを読み取ったらハッキングされてビットコインが全部盗まれた!なんて事も近い将来たしかに起こりそうです。

政府の対応ができるようになってから、本格的に取り入れるというのも一概に悪いとは言えないかもしれませんね。

最近のロシア国内の流れ

先述のようにロシアではブロックチェーン研究所を設立したり、この秋から大学教育にブロックチェーン導入するなど、
仮想通貨およびブロックチェーン技術に関しては高く評価しているようです。

ルーブルの暗号通貨を進めていることもあり、通貨が流出する前に自国経済を安定させたいようですね。
今回の発言は禁止ではなく規制だとしているプーチン大統領は、ロシア中央銀行に利用のための規制枠組みを作成するように求めているそうです。

ただいま法整備とルール作りを進めており、2018年以降のロシア大統領選の前に大きな動きがありそうです。

ロシアの仮想通貨事情は今後いったいどうなる?

周辺国の中国や韓国ではICO規制が強化され、それが現在でも続いています。
さらに北朝鮮による国際的な緊張状態も高まり、資産の安定化を図りたい人が続出している状態です。
だからといって国外への通貨流出が続けば、今度は仮想通貨が原因で新たなキプロスショックが起きてしまうかもしれません。
その面では、今回のロシアの対応は他の国も参考にできる点が多くあります。
国際的には、プーチン大統領の横暴とも言える行動がしばしば話題になりますが、ロシアのような大きな国土があり、様々な民族問題などがある国にはそれほど強い人物が必要なのかもしれませんね。

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする