ギャンブル好きな日本人におススメ!「Betrium」のプレセールからICOまでご紹介

ギャンブルに嫌悪感を持っている人もきっと多いでしょう。あるいは縁がない世界だからということで興味すら持ったことがない人も少なくないかもしれません。しかし、どうも日本人はギャンブル好きな国民のようです。意外に感じる人も多いかもしれません。

今回ご紹介する「Betruim」のホワイトページには、日本はギャンブルの最も大きな市場だと書いてありました。

最近では一時、仮想通貨の取引が世界一多かったというようなニュース記事も見かけました。日本では2017年6月くらいからビットコインの取引をしている人が増えはじめ、12月くらいになって「リップル」が高騰しました。その時期にどんどん仮想通貨投資に投資をする人が増えましたから、仮想通貨取引世界で一番だったというのもわかる気がします。

その他、為替取引をしている日本人も多いようです。この為替取引をしていた人の多くが仮想通貨取引に流れてしまったということもあるのかもしれません。

といっても、仮想通貨の取引も為替取引もギャンブルではないと言う人もいるでしょう。

しかし、他にも日本人はギャンブル好きというのは否定しがたい現象として、近年は縮小傾向ではあるようですがパチンコ屋さんが点在しています。競馬、競輪なども結構行っている人も結構いそうです。Twitterで見かけますから。

つまり、嫌いな人は大嫌いだけども、実は日本人はギャンブル好きな国民というのは否定できない事実ではないでしょうか。

ですから、MITとMIPTの卒業生が開発したというギャンブルと賭け事の「Betrium」のプレセールとICOを取り上げることにしました。

現在の賭博サービスでいくつかの不利な点

2017年、世界的に規制されているギャンブル市場は約533億ドルです。規制されていない市場では1兆円に達するだろうとのことです。すごい金額です。

しかしながら、不利な点もあります。

1.世界的な市場ではなく限られた国でだけできる
2.大抵の賭博サービスでは仮想通貨を全く入れていない
3.高い手数料を取る
4.賭博サービスのいくつかでは自動的に個人の収入から税金が取られる
5.受益者のみに利益をもたらす

仮想通貨を使った賭博市場言われるギャンブル市場にも問題がある

betriumのホワイトペーパーによるますと、仮想通貨を取り入れたギャンブル市場にも問題があるということです。

それらは?

1.イーサリアムブロックチェーンを単純に使っただけの方法では時間がかかりすぎる。プロの賭博氏が満足できるものではない
2.仮想通貨はあまりにも価格変動が激しい

それらの問題を解決するのがbetrium

1.betriumでは世界中から仮想通貨を受け付けることができる
2.非中央集権化したプラットフォームですばやく賭け事の処理ができる
3.仮想通貨の価格変動を安定させることができる
4.最低の手数料とより利益の出るカケを提案する
5.顧客の税金と手数料を最適化する
6.betriumではイベント主催者のためにプラットフォームを提供するので、ブロックチェーン上で自分たちの試合やゲームを作成することができ、それによって、お金を稼ぐことも可能
7.Betriumは他のどのサービスよりも、顧客にとって20%多く儲かる!

アジアはギャンブルや賭け事の大きな市場

アジアと中東:44%
ヨーロッパ:37%
北アメリカ:10%
オーストラリアとオセアニア:7%
南アメリカとカリビアン半島:1%
アフリカ:1%

この結果を見て、アメリカ合衆国を含む北アメリカが意外に少ない気がしませんか?アメリカはスポーツベッテッィングがたった4つの州でしか許可されていなく、それも主にネバダ州だということです。ネバダ州といえば、あの有名なラスベガスがある州ですね。

スポーツベッティングが最も有望?

筆者はギャンブルとか賭け事というのは嫌いではないのですが、スポーツベッティングというものに関しては、正直なところよ知りませんでした。

しかし、このスポーツベッティングが地球上で最も将来性のあるマーケットのひとつだと思われているということです。サッカーなどが人気なのかもしれませんね。皆さんは、スポーツで賭けるとしたら何に興味がありますか?

そして、オンラインベッティングが非中央集権化した暗号ベースの解決策が完全に実証されマーケットだということです。

ギャンブリングマーケットは年々成長している

投資家の皆さんが投資をするにも、そして、実際にBetriumを将来利用してみようと考える場合も、将来的な展望が気になりはずです。このオンラインギャンブルの市場は特に賭け事の市場で年々成長しているということです。

特に上記のスポーツベッティングが成長しているのでしょう。実際にスマートフォンから簡単に賭け事をしたいという人も潜在的にかなりいるだろうと感じます。

ウエブ

https://betrium.co/

カテゴリー

ギャンブリングと賭け事

プレセールのスタート

2018年1月22日から2018年2月14日

トークン(BTRM)の価格:0.0002 ETH (400%ボーナス期間)

ICOの開始と終了

2018年2月28日から2018年3月30日

BTRMの価格:0.000033 – 0.00071 ETH

※プレセール終了してから2週間後にICOが始まります
※ICOはプレセールを除いて3回予定しているようです。2回目までのスケジュールは書かれていますが、3回目については現時点では書かれていません

ギャンブルというと、縁のない人は本当にないと思います。けれど、大好きなサッカーのゲームを見る前に、側にいる人とどっちが勝つか賭けてみたいと思ったことは一度もありませんか?友人や家族とそのような話しになったことはありませんか?

小銭で楽しむ分には、やはりベッティング(賭け事)は多くの人が楽しめる分野ではないでしょうか。今までのデータから自分なりに分析して賭けてみるというのは、基本的には楽しいことだと感じます。

ギャンブリングとか賭け事とかに興味のある人や、自分はしないけれどこの業界は伸びる思っている人は、Betriumに投資してみませんか。

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする