いま一番儲かる仮想通貨はリップルって本当!? リップルについてわかりやすく解説!!

ここ数年で価値が約一万倍まで跳ね上がったのはいいものの、最近になってバブルはもう終わりだと言われるがごとく、どんどん価値を落としているビットコインに打って代わって注目され出した新たな仮想通貨、それが、リップルと呼ばれる仮想通貨です。

ネットでは、「これからはリップルが一番稼ける事ができる。」や「ビットコインに代わる最有力仮想通貨!!」などと、ここ最近で大きな話題を呼んでいます。

ではなぜ、リップルはここまで好印象に注目されているのでしょうか。また、リップルは本当に一番儲かる仮想通貨なのでしょうか。

リップルってなに?

まずリップルとは、Ripple社が開発したプラットフォーム(技術)の事をさします。

そして、私たちがよく耳にするリップルとは、国際送金の際の仲介用通貨として送金手数料を削減する事を目的としておりRipple社とGoogleなどの大手企業が共同出資した事で発行された、限定1000億枚の送金・決済に特化した仮想通貨です。

なんでここまで好印象に注目されているの?

ここまでリップルが好印象に注目されている理由として一番大きいのは、2018年から本格的に国際送金での資金運用がはじまる事です。この情報は複数の大手金融機関から公式に発表されたものなので確実な情報だと言えます。

現在の年間貿易費用は約1500億円で、貿易をするためには貿易国の通貨に自国の通貨を合わせる必要があるので、両替をしなければなりません。その時にかかる両替手数料として毎年60兆円が支払われていました。

しかし、リップルを利用する事によって今まで支払っていた両替手数料の60兆円を削減する事ができ、さらに今まで2日以上かかっていたものが、わずか4秒で送金できるようになります。

さらに、その送金技術がとても高く、信頼が厚い事から様々な分野で活躍をしている多くの企業から将来を期待されており、多くの出資を受けている事も好印象に注目される理由の一つです。

本当に一番儲かる仮想通貨なの?

今回のリップル以上に、好印象に注目されて高騰する仮想通貨が出てくる可能性が無いとも言えないので、100%一番儲かる仮想通貨というわけではありませんが、現時点では一番儲かる可能性が高い仮想通貨だと言う事は確かです。 

リップルは送金・決済に特化した仮想通貨で、その技術を多くの様々な分野で活躍する企業から認められ、そして信頼されています。

そのため、これからリップルを使った海外送金を利用する企業がさらに多くなり、その需要もさらに拡大する事が予想されます。ですが、先ほどもお話しした通りリップルは発行上限が1000億枚と決められているのでこの先、需要がどんどん増えていっても供給が増える事は絶対に起こりません。(もしかするとRippleが発行上限を増やす事があるかもしれませんが、そのような事はめったに起こらないと思います。)

需要だけが増えていった場合、価値はどんどん上がっていくのでこのままリップルが業績を上げていき、どんどん需要を大きくしていけば価値は高騰します。リップルは信頼も厚いので、今思い描いた状況になりやすいと思うので高騰する可能性は高いと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea