RippleNetにオマーンのドファール銀行が参入、加速するリップルの送金革新!

送金能力に優れた機能を持つリップルは日本でも大人気の仮想通貨の一つです。

リップルが築き上げるRippleNetには3つのプロダクトがあり送金処理を円滑に進めています。そのRippleNetにオマーンのドファール銀行が参加することになりました。今回は、どんどん加速するリップルのネットワーク構築に関して解説していきます。

RippleNetとは

RippleNet(リップルネット)とはリップル社が運営している国際送金のネットワークになります。

銀行向けの「xCurrent」、送金業者向けの「xRapid」、一般企業向けの「xVia」の3つのプロダクトがあり各分野において送金処理をスムーズに行います。簡単にそれぞれのプロダクトについて解説していきます。

xCurrent

xCurrentは金融機関とRippleNetを繋げるソリューションです。国際送金を即時で行い、その過程を可視化しています。銀行同士のメッセージもリアルタイムでできますので取引が成立する前に決済内容の確認や合意が可能になります。

xRapid

xRapidはxCurrentを使う銀行がさらにコストを抑えた送金ができるようにするものになります。

これまでの国際送金は取引をする2つの銀行以外にも仲介させる銀行が必要でした。しかし、xRapidではリップルを中継に使うことで大幅なコストカットや送金時間の短縮を実現させます。

また、従来の国際送金ではノストロ口座と呼ばれる一時的に資金を置いておく口座が大量に必要でした。休眠資本が増える原因でしたがxRapidはその解消に繋がります。

xVia

xViaはRippleNetを使い国際送金をしたい一般企業や中小規模の銀行のためのシステムです。xViaを使うことで簡単にRippleNetに接続すれば円滑な国際送金はもちろん、送金情報を随時チェックできたり、請求書の発行なども可能です。

以上がRippleNetの3つのプロダクトですが仮想通貨の初心者には少々わかりにくいかもしれません。イメージとしてRippleNetは3つのシステムが存在し、私たちや銀行、企業などが繋がるネットワークと捉えてみてください。

RippleNetにより、これまで多くの手数料や時間がかかった問題点を解消してくれるわけです。

ドファール銀行やRippleNetに参加する銀行

魅力的なRippleNetに今回、参加を表明したのはオマーンのドファール銀行です。ドファール銀行は中東でも規模の大きな銀行です。RippleNetに規模のお大きな銀行が参加すれば市民にとって利便性が高まることになります。

ちなみに、RippleNetへは日本の銀行も続々と参加しています。住信SBIなどやはり知名度や規模の大きな銀行が参加しています。

RippleNetへ参加する銀行は世界で100行を突破し今後はますますの広がりを見せていくのではないでしょうか。

リップルは銀行業界に革新をもたらすのか

リップルは「世界中のリアルタイムな国際送金」を理念に掲げプロジェクトを遂行しています。RippleNetの仕組みをみればその理念は理解できると思います。

ドファール銀行はリップルのブロックチェーンを使うことは利用者の大切な時間と資産を守るとの考えからRippleNetへの参加を決めています。確かに、利用する側は「速く、安く」送金したいわけですから銀行がリップルを使ってくれれば非常にありがたいです。

リップルの技術はまだまだ試験段階ですが、ユーザーも金融機関も注目しているのは間違いありません。今後の国際送金に革新をもたらす可能性は高いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea