GACKTさん関与のSPINDLEのICOがもうすぐ始まる!

関連記事:あの有名人も関係してるSPINDLEって?


背景が動くかなり凝ったweb。それは見る人をはっとさせる「SPINDLE」のICOのインフォメーションページ。はっとしているうちに、目が回りそうな感じもあるインパクトが強いページ。スクロールしないと何が出てくるのかわからない感じの粋でハイテクな空間。

ICOにさほど興味がなくても、GACKTさんファンならば、既に一度は見たことがあるでしょう。SPINDLEとは、あのGACKTさんが「大城ガクト」というこれまた芸名みたいな本名で関与をする仮想通貨の投資と運用のプラットフォームです。

早速、どのようなプラットフォームなのか、そしてどのようなことを追及しているのかが気になりましたので、webやホワイトペーパーをチェックしてみました。ちなみに、筆者はガクトさんのファンでもなければ、特別に嫌いでもありません。

SPINDLEとは?

まず、SPINDLEという単語の意味の確認ですが、英和辞典などを見ると「軸」とか「心棒」などと書いてあります。ロックミュージシャンがグループ名にしそうなワードです。

ホワイトペーパーには、たくさんの高層ビルが立ち並んでいる画像が貼ってありました。きっとそれがSPINDLEのイメージなのでしょう。高く、自らそびえ建つ高層ビルは「自立性」のイメージではないでしょうか。「社会構造の反映としてのSPINDLE」というタイトルがホワイトペーパーにありますので、その認識で大外れではないでしょう。

では、そのホワイトペーパーを読んでみて、もう少しSPINDLEとはどういうものなのか、などについてチェックしてみましょう。

概念というのは、過去の経験で培われた観点や思想です。そしてこの概念というのは、管理された社会の理想としばしば衝突するといいます。この概念というのも、同じことに関しても1種類だけではないでしょうし、衝突はあっても不思議はありませんね。

また、その時点では気が付いていないけれど、あとになって間違っていたことに気が付くということもあるでしょう。

それゆえに、概念というのは可謬主義なんだそうです。ちなみに、この可謬主義とは正しいとされている理論であっても、それが研究が進んでからは誤りだと立証がなされる可能性があるということ。知識が絶対に間違いがないものであるとすることは不可能であるということです。よくあることですね。

概念は可謬主義、そして、暗号通貨の概念は分散型自立組織(DAO)を取り囲む環境の中で起きた出来事包含する……。

という仮想通貨に詳しくないとわからないことが書かれたりしています。少し専門的過ぎますし、ここでは重要ではないので、その辺は省略します。

SPINDLEは可謬(かびょう)主義

SPINDLEは可謬主義として定義されていたのだそうです。心棒のSPINDLEと似ています。要するに、「反復」だということです。なんども反復して答えを見つけるよ、とかそういう感じになるのでしょうかね……。

最初から少し難しいことが書かれているホワイトペーパーだと感じました。というよりも、わざわざ簡単なことを複雑な表現にしている感じがします。

SPINDLEのアプリはいつできるの?

ガクトファンだとしたら、はやくプラットフォームも見てみたいでしょうから、そのアプリがいつできるのか気になるのではないでしょうか?

ホワイトページによりますと、ICOが終わったらすぐにサービスを始動しようと思っているので、2018年の早いうちからアプリケーションを作り始めるだろうとのことです。もう作っているのではないでしょうか。

そして、SPINDLEのICOと他のICOとの違いは、ICOが終わってから彼らのサービスアプリケーションを作りはじめるわけではないという点を挙げています。

ちなみに、筆者自身たくさんの企業のホワイトペーパーを読んできましたが、ICOがスタートする前にアプリケーションができている企業も何社も見ています。ですから、SPINDLEが特に機敏な動きをするわけでもないとは感じます。

SPINDLEのプラットフォームを簡単にいうと?

SPINDLEは投資とか運用のプラットフォームです。このプラットフォームはブロックチェーン技術を使っているので透明性が高く、公平で、信頼性があるプラットフォームです。

SPINDLEでの売れ残りトークンは?もしかして焼き捨てないの?

筆者が今まで読んできたホワイトペーパーの9割には、売れ残ったトークンは焼くとかいてありました。しかし、残り1割は「焼かない」と書いていたわけではありません。何も書いていなかったか、筆者が見逃していたかでしょう。

はっきり言えることは、焼かないとはっきりと書いていたホワイトペーパーは今までの所は見たことがなかったということです。

ところが、SPINDLEではトークンを焼くことに関しては、その決断を公表しないそうです。ホワイトペーパーを読むと、焼く必要もないと分析しているようです。簡単にその理由を書いておきましょう。

1.トークンを焼いても焼かなくても、トークンは限られた数しか配当しないので、通貨デフレの状況は変わらないであろう。

2.新しいトークンの価値はICOを通して認識されることでほぼ決まる。ICOの段階での新しいトークン焼いても、効果も影響もないだろう。

3.歴史的な視点からも、通貨の発行が低くても、そして追加で発行されるのが遅くても、通貨の社会的インパクトは減少する。

などの理由から、トークンがあまったら焼こうと考えていないことはわかります。これに関してはケースバイケースなのでは……と思います。というか、企業のプラットフォームが成功していくかしていかないかによって、答えは違ってよいのかもしれません。とにかく、SPIDLEでは焼こうとは思っていないというのがわかります。

プライベートプレセール既に終了!

2017年10月からプライベートプレセールを行っていましたが、これは2018年1月31日で終了しています。ただし国内のみでした。

プライベートセールに参加した人のロックアップ?

もうプライベートセールはかなり前に終わってしまいましたが、既にトークンを持っている方の場合、以下のようなロックアップがあります。このようなことも、次に自分がクラウドセールに参加するかどうかを検討する要素にはなるでしょう。

●プライベートセールに参加した方の場合、暗号通貨交換所にSPINDLEが上場するまでは、取引はいかなる場合も中止。

●暗号通貨交換所の上場したら、プライベートセールに参加した方は所有しているSPDの2/3は暗号通貨交換所で売るのを禁じる。(相対ではこの限りではない)

●上場してから2か月はプライベートセールに参加した方は所有しているSPDの1/3を売るのを禁じる(相対ではこの限りではない)

つまり、プライベートセールで購入すた後はなかなか売ることはできなそうですね……。現時点でSPIDLE トークンを持っていない方には関係のないお話しですね。

ちなみに、2018年4月9日現在、SPINDLEが上場する予定の暗号通貨交換所に関する情報はまだ見かけません。

最近では、ICOをスタートする前に上場する暗号通貨取引所が2件くらい決まっている企業も珍しいわけではありません。筆者は何件も見たことがあります。投資する際の参考になったら、と思ってお知らせしておきます。

SPINDLEのICOの概要

このプロジェクトのタイプ

トークン (SPD)

プラットフォーム

イーサリアム (ERC20)

ウエブ

https://spindle.zone/jp/

カテゴリー

投資

全供給量

10,000,000,000 SPD

クラウドファンディングのスタート

2018年?月?日

※webで確認してください

クラウドファンディングの終了

不明

対応言語

英語、北京語、日本語、ロシア語

SPINDLEのホワイトページを読んだ雑感
ガクトさんが関わるICOということで注目度も高いでしょう。ファンの方ならば投資を検討しているかもしれません。あるいは既に投資済みの方もいるかもしれませんね。

ただし、全額寄付してもよいと思えなければI、COは見送って別の方面でガクトさんを応援するという方法もあります。このICOでは購入制限もあり、そう簡単に誰でもが購入できるというものではありません。

また、購入した後もロックアップが結構しっかりしていて、完全に売ろうと思ってもなかなか売り切るのが難しそうです。気軽に購入して、価値が上がったらはやめに売り切ろうという感じで投資をすると失敗するかもしれません。

あくまでも想像に過ぎないのですが、SPINDLEのトークンを持っていれば、ガクトさんファンなら大喜びするような特別な恩恵は受けられるなんていうこともあるのかもしれません。が、何もないかもしれません。何ともいえません。

ネットの情報では、ファンクラブ限定で稼働通貨プライベートミーティングを行ったりしているようですから、何らかの恩恵があっても不思議ではないですね。

今、仮想通貨市場というのはものすごく変化が激しいです。毎日仮想通貨のニュースをしっかりと見ていても、自分が正しく消化しきれる情報は少ないかもしれません。現在は規制がどんどん厳しくなっている状態です。

SPINDLEの運営が、仮想通貨交換業者としてきちんと登録されるようになるかどうかいうことも、今後は見守っていきたいところです。

寄付をするつもりで投資をするという質実共にリッチな方向けのICO案件かもしれません。

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする