ブロックチェーン利用のSteemitでブログ書いて報酬もらおう!


ブロックチェーン技術が様々な分野で使われ始めてきている、というニュースを見たり聞いたりすることが一気に増えてきました。

しかし、一般人にはその技術に頻繁に接する機会は、滅多にないような気がしませんか?

また、ブロックチェーン技術が使われていたとしても、言われなければ気がつかないのではないでしょうか。

ところが、見つけてしまいました。誰でも簡単に、無料でブロックチェーンを利用することになるプラットフォームがありました。

しかも、インセンティブまでもらえるので、ひょっとしたら、ちょっとお小遣いを稼げるかもしれないというプラットフォームです。

そのプラットフォームの名は「steemit」。超簡単に説明をしますと、このsteemitでブログを書いて、評価をされればインセンティブがもらえる、というものです。

では、このsteemitについて、今度は詳しくご紹介します。現在、筆者もアカウントを作っている最中です(この表現に注目)。もしも気に入ったら、あなたも作りませんか?

Steemitとは

Steemitとはブロックチェーン上に展開するソーシャルネットワークのプラットフォームです。

ユーザーはそのプラットフォームでブログを書き、それが評価された場合、ちょっとした報酬をもらうことができます。 もちろん、そのブログは普通にネット上に公開されます。

2018年5月中旬現在は、steemitはベータ版です。

2018年5月中旬現在のsteemitの様子

では、現在、Steemitはどのような雰囲気なのかを、まとめてみました。

英語が9割

Steemitの新着記事を1時間くらい見ていたのですが、使われている言語は9割がた英語でした。他に、その時に見かけたのは韓国語、アラビア語、中国語でした。日本語も少し前に1件見かけましたが、少ないです。

日本語だけで綴っている人もいる

ただし、日本語だけでブログを綴っている人もいました。そして、「もっと日本人が増えたら楽しいのに!」と書いていました。

ちらっと見た感じ、日本人でも日本語と英語で綴っている人が多い気がします。そしてあまり長くない、日記系のブログが多い感じです。

つまり、Steemit内で、読み応えのある日本語の文章を書いている人は少ないということです。

これは英語で書いている人が多い中、日本語で書いていもあまり評価されにくい、読んでもらいにくいということもあるのでしょう。

やはり日本語で書く人がもっと増えたほうが楽しいでしょうね。チップもあげられますしね。

写真だけ投稿している人もポツポツ見かける

また、写真だけ投稿をしている人もいます。写真だけ投稿する人というのは、どの国でもいますよね。

そして、ブロックチェーンには投稿した記録が残りますから、著作権にこだわる人には、とてもよさそうです。

筆者も、ちゃんとした一眼レフで撮ったすごく気に入った写真を、勝手に使われたことがあります。

そして、それを使った先で「これは自分の写真」と言われたら、それがウソだということを証明できない場合が多いですよね?悔しいですよね?

しかし、ブロックチェーンに一度記された記録は永遠に残ります。改ざんも極めて難しいです。ということは、自分のものだという証拠にできるでしょう。

インセンティブが600ドル以上の人もいる

Steemitの魅力というと、やはりあれ!そう、インセンティブ!もう、インセンティブなんていうわざわざ文字数を稼ぐような言葉でいわないで日本語でいいましょう。「報酬」です。

それが、全員の人のが表示されているのです。それを見ると、確かに報酬は得られるのだということがわかります。

ただし、やはり多く報酬をもらっている人は英語を使っています。
ということは、英語で文章を書いてみたいという人にはかなりプラットフォームではないでしょうか。

Steemitに向く記事

永遠に記録が残ってしまってもいい記事を投稿するには最高に向いています。

しかし、一時的な気分で書いてしまう本音ブログなどは、時間が経ったら削除したくなることもあると思います。後で見たら、恥ずかしくなってしまうような記事もあるでしょう。

ブロックチェーン上に記録されてしまったものは削除できない、というのは、個人の都合によっては厄介に感じる時もあるものです。そこをどう考えるかです。

永遠に自分の作品を残して、著作権を守りたいという人には最適でしょう。

Steemitに向かない記事

自分の一時的な感情を綴るような、プライベートな日記記事系は、ブロックチェーンに記録が残ってしまうというsteemitには向いていないでしょう。

また、あまりにも反社会的な記事も向かないでしょう。記事は削除できても、ブロックチェーン上には残ってしまう、ということは絶対に忘れてはいけません。

注意するべきこと

Steemitは普段使っている無料のブログサービスとは違いますので、注意しておかなければいけないことがあります。

登録完了するまでに時間がかかる

普通はブログなどに新規登録をすると、その日のうちに利用可能になりますが、Steemitは少し待たされます。

実は筆者も現在待たされている最中です。「登録が終わるまで少し待ってください」というメッセージが表示されたのですが、1週間から2週間かかりますと書いています。

既にアカウントも持っている方のブログなどを見せていただくと、7日前後待たされたようなことが書いてありました。

すぐに登録を済ますためには、わずかながらお金を支払わないといけないようです。現在のレートでは、それは0.1LTCか、0.0025BTCということです。

ですから、筆者は上のほうで、今、アカウントを作っている最中ですという表現をしました。お金を払わず、待つというほうを選びました。急いでアカウントを作らなければならない理由もありませんから。

パスワードは回復できない

これはちょっと不便、と思ってしまうのですが、Steemitではパスワードを失くしてしまったら、もう回復することはできません。

つまり、パスワードを紛失したら、もうブログを続けて書くことはできないということになってしまいます。これは要注意です。

通貨が3種類あってわかりにくい

実はSteemitでは使われている通貨が3種類あります。これがわかりにくいという声を結構見かけました。

ではこの3種類について、簡単に説明します。

1.STEEM

steemitのプラットフォームで流動性のある基本通貨です。

2.STEEM POWER(SP)

Streemのネットワークでどれだけ影響力があるかを示します。より多くSTEEM POWERを持ってれば、より多く影響力を持てるということです。

しかし、SPは流動性は少ないです。

また、個人の選択によって、「パワーダウン」することができます。これは、自分が持っているSPの13分の1を週に1回STEEMに変える、ということです。

SPパワーが少なくなると、影響力が少なくなります。すなわち、これがパワーダウンです。

3.STEEM DOLLAR(SBC)

STEEM DOLLARS(SBC)は1米ドルに交換可能です。USドルにペッグされた資産ということです。

なお、このSBCには金利が付きます。つまり、持っているだけでお得になるということです。金利は変動するようです。

完全に日本語に訳されているわけではない

ページによっては日本語に訳されているページもあるのですが、 今のところは半分以上のページが、 日本語には対応していません。

ですから、不明な部分は自分で翻訳機能を使って訳さないといけません。しかし、使っているうちにこれは慣れるでしょう。

詐欺じゃないの?という声もある

Steemitはポンジ・スキームという詐欺の一種ではないのかという声もあるようです。

このポンジ・スキームというのは、今いるユーザーに配当を渡すために新しいユーザーを募るということを繰り返し、いつか、配当ができなくなくなり、破綻するというものです。

ですから、このSteemitにすぐに登録したい場合は少々お金を払うのでしたね。つまり、ポンジ・スキームだとしたら、これが、既にいるユーザーの配当として使われるということになるわけです。

そして、企業側は資産を増やすための努力はしないので、そのうち破綻する、ということになるわけです。これが、ポンジ・スキームというものです。

さて、どうでしょうか。ポンジ・スキームなのでしょうか。そのようなことは、ちょっとわからないですね。ただ、明らかなことは2018年5月現在、steemitは現存していて、普通に利用しているメンバーもたくさんいます。

かなり先の未来のことについてはわかりません。というか、仮想通貨そのものが、未来はどうなるかなんて、実は誰もわからないのではないでしょうか。

未来に期待

どうなるかわかりませんが、現時点で報酬を稼いでいる人はいます。もちろん既に上場していますから、稼いだ報酬を売って利益を出すこともできるでしょう。

良い記事を書いて報酬をもらって、トレードで報酬をもらってという楽しみ方ができれば、かなり楽しいプラットフォームになるでしょう。

広告の全く入っていないブログの世界を覗いてみませんか?

くーちゃん

なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

linea