【超ビギナー編】今から仮想通貨トレードを始めたい人向けプリテクニカル-1-


数日前、まだ10月下旬に入ったばかりだというのに「冬のボーナス」などという言葉が、Twitterのトレンドに上がっていてびっくりしました。フリーランス生活が長くなってしまい、ごく近い人の中にもボーナスをもらえるという人がいない筆者は懐かしい言葉に感じられました。

そういう時期ならば、自由になるお金が増える方の中には、最近巷で人気のビットコイン投資とやらをしてみたいと密かに思っている方もいるのではないでしょうか。またはアルバイトをするので、ちょっとだけお小遣いに余裕があるから、仮想通貨トレードをしてみたい、と思っている学生さんもいるでしょう。

では、ほとんどトレードの知識のない方に、最初にちらっと頭に入れておいてほしいことを、トレード歴10年の私がさらっとご説明します。

ビットコインがやはり1番人気

これから仮想通貨と親しもうとしている方も、やはり一番気になるのはビットコインでしょう。というよりも、ビットコインくらいしか知らないという人もいるかもしれません。

他の通貨に関しては、取引し始めるようになってから取引を検討しても遅くないでしょうから、ここではまず、ビットコインとイーサリアムを取り上げます。それ以外の仮想通貨に関しては、国内で取引できる場所がまだ多くないので、まずは取引量の多いビットコインのトレードに慣れてからのほうがいいでしょう。

なお、2017年10月末の段階で70万円くらいになっていますので、そんな大金がないという人も多いでしょうが、それは大丈夫です!ほんの数百円からでもビットコインを買えちゃいます。筆者自身ほんの1,000円から実験的にはじめました。

イーサリアムも人気

ビットコインの次に人気がある仮想通貨といえば、イーサリアムです。イーサリアムのほうが好きだという人も多いです。

なお、イーサリアムクラシックとイーサリアムがありますが、取引量の多いほうはイーサリアムです。取引量の多い仮想通貨で取引をしたほうが有利です。筆者はイーサリアムのチャートに魅力を感じた時はイーサリアムのトレードもします。

必要な資金は数百円でもいい?

ビットコインをはじめ仮想通貨は、1以下の単位で購入できるのです。つまり、現在60万を超えているビットコインでさえ、数百円で購入することができるのです。ただし、その最小の購入単位はその取引所によって結構違います。

低資金で取引をはじめたいのであれば、この取引単位が少ない所にまずは口座を作ると良いでしょう。0.0001BTC(ビットコインの単位)から購入できるところもあります。つまり、2017年10月末65万円くらいのビットコインを65円で買わせてくれるということです。トレード初心者は、デモトレードの代わりとして使ってみてもよさそうですね。

実際には、65円くらいで取引をする人はあまりいないでしょう。けれど、0.001BTCなら650円くらいなので、初心者のトレードにはよいのではないでしょうか。資金に余裕があっても、初心者ならば、何回にもわけて購入するというのが筆者的にはおススメです。

数社に口座を作る意味

大抵の人は数カ所に口座を作ることになると思います。レートに結構差があるのです。何回も取引所のレートを見比べてみましょう。

筆者も今、数社のビットコインのレートを見比べていますが、1万円近く違っています。また、仮想通貨の特徴なのですが、値動きが大きいです。このレートの違いを利用して稼いだりする人もいるようです。この方取引方法を「アービトラージ」といいます。

このアービトラージはビットコインの以下のような特徴があってからこそ、利益が出ます。

・振込手数料が安い・・・数十円くらいだと思っておいてよい
・送金に時間がかからない・・・ビットコインで10分くらいで着金する

ただし、ある程度資金がないとあまり大きな差が出ないので、ある程度資金がある人向きともいえます。ただし、自分の口座間で送金の練習をするにはよいでしょう。

また、各取引所や販売所によって、サイトの使い勝手がかなり違いますので、一気に数社利用すると慣れるまでに少々時間がかかるかもしれません。

口座に送金をする際の注意点

このページをここまで読んでくださっている方は今まさに口座を作ろうとしている方か、とりあえず口座は1つ持っているのだけど使っていないという人が多いかもしれません。とにかく口座を作ってください。

資金が少ないので、取引単位が少ないほうがいいという人もいれば、そんなに小さい取引単位で取引をすることはないので、とにかくレートが低いほうがいいという人もいるでしょう。ただし、筆者もよく数社見比べているのですが、常にどこかが高くて、どこかがいつも安いということもない感じです。

口座を作ったら資金を送金してください。取引所とか販売所によっては、特定の銀行の口座から送金すると送料がお得になったりします。各取引所の注意書きをよく読みましょう。なお、クレジットカードで仮想通貨を買うのは手数料が高くなるのでおススメはしません。

ビットコインの買い方

ビットコインであっても、イーサリアムであっても、また、他の仮想通貨でもあっても初心者の場合は基本的には安くなったところを買うということになります。というよりも、安くなって下げ止まったのを確認してから購入するのが一般的に安全だといわれる方法です。

ただし、それまでに株やFXをはじめ様々なトレード経験者でも、下げ止まったと思って買ったら、まだ下げ止まっていなかったということもよくあります。「落ちてくるナイフはつかむな」という証券用語がありますが、まさにそれのことです。筆者はよく、落ちてくるナイフをつかみながら一緒に墜落していきます。

ちなみに2つの投資手法があります。

「逆張り」・・・それまでの流れはそろそろ変わるだろうと推測して、損失が出るのを覚悟して取引をする方法。初心者向きではありません。

「順張り」・・・流れに逆らわず、流れの通りに取引をする方法。高くなりすぎてから買ってしまってその後急落したり、まだ安くなるのに、はやく売り過ぎたりして資金を目減りさせることもあります。

投資方法は自分のライフスタイル、資金、性格に合わせて!

投資経験が全くない方は最初は色々な物を見て知識を取り入れていくことになると思います。また、ネットで色々な方のトレード方法を見て、真似をしてしまうこともあるかと思います。

確かに、投資歴10年の私が思うのですが、最初は上手な方のまねをするのが、上達する一番の方法ではあるでしょう。

しかし、その方のトレード方法が自分の資金や性格には合わないことも多々あります。その方のトレードを真似してトレードして、メンタルがボロボロにやられてしまうこともあるかもしれません。投資は自己責任で行いましょう。自分が真似することを選んだのですから、恨んではいけません。

まずはチャートをじっくりと眺めてみましょう

ビットコインのトレードをこれから始めたい場合、まずはチャートを見て、これまでの流れと、値動きを確認しましょう。ぱっとチャートを見ただけで、すごく高騰しているというのはわかるでしょう。

2017年になったばかりの時、ビットコインは11万円台から12万円ぐらいだった

2017年1月にはビットコインの桁が1つ少なかった時もありました。つまり10円台を割った日もありました。その10か月後には65万円を超えているなんているなんて、想像できたでしょうか?

2017年9月、ビットコインは40万円台半ばくらいから35万円くらいまで下げた

この時は中国で仮想通貨に関する規制があり、ビットコインの価格は暴落しました。
その数日前からレートは下落気味だったのですが、当日はかなりな勢いで下落していきました。筆者はこの時に1回ビットコインを買っています。残念ながらもう持っていませんけれど。
そして、この暴落後、ほんの数日でかなり戻し、10月26日現在では筆者の元にも、数社の取引所からビットコインの価格高騰のメールが届いています。

ここでご紹介したのはたった2点ですが、ビットコインは値動きがとても激しいです。1日のうちで10%くらい前後する時もあります。

まずは、この2017年の値動きだけでもざっと見ておいてくださいね。たった10ヶ月で6倍くらいになったビットコイン、2018年はどうなるでしょうか?更に6倍になるでしょうか?それとも大暴落がくるでしょうか。次のテクニカル2でもう少し細かいチャートの見方を一緒にお勉強しましょう。

くーちゃん
なぜか魔女みたいな人と言われる投資好き女性です。投資歴は10年くらい。株、FX、仮想通貨トレードをします。海外ドラマ、洋画、洋曲、新しい物が好物です。そして、ネットもコラムを書くことも大好きです。よろしくお願いします。