初心者でもわかるシリーズ一覧

仮想通貨とトークンの違いって?

Tokenという英単語を直訳すると、記念品や引換券という意味が記載されていますね。 使われている界隈によってその意味は変わってくるのですが、仮想通貨においては代替貨幣という意味で使われています。 ビットコインなど決まった発行者がいない通貨をカレンシータイプと呼ぶのに対して、各種トークンなどの発行者がいる通貨をアセットタイプと呼んでいます。 つまりトークンという名前の仮想通貨があるわけではなく、少し乱暴ですが新しく作られた電子通貨がトークンであるというと分かりやすいかもしれません。

仮想通貨を持っていると税金はどうなるのか?

投資案件としてだけでなく、最近ではBitcoinで貯金をするなどというシステムも出てきました仮想通貨。他にも仮想通貨を使って現実のお店で買ったり食べたりするという仕組みも整いつつあります。とすると気になってくるのが税金ですね。仮想通貨は、現在使われている硬貨や紙幣などと比べると、数字上のやり取りでしかなく、どこで税金がかかるのかピンとこない人も多いのではないでしょうか?