【Cryder】次世代型Uber。タクシーが消える日がもうすぐ来る?

規制が日本をダメにしている

成田空港から都心までの移動手段として、鉄道かタクシーを使う人が多いと思うが、中国人観光客向けにUberのようなサービスを展開している人たちがいることについて、新聞などが報道している。

日本の場合、Uberの仕組みを提供することは白タク行為に該当するため、違法になっている。空港から都心までの移動手段として、決められた金額で指定した時刻に車を用意してくれているため、違法でありながらニーズがあり、取り締まりが難しいという背景があるようだ。

また、中国人観光客向けに中国語ができる運転手がサービスを提供するケースが多いようで、言葉の壁がないことも利用者の増加につながっているらしい。私は以前、金融機関の企画部門に所属しており、当局対応担当者でもあったことから、コンプライアンス(法令順守)意識は大変高いと自負している。

そのため、中国人観光客向けに行われている白タク行為は違法であり、このような行為を容認する気はまったくない。しかしながら、日本政府はこの事実から目を背けるべきではないと考えている。

日本のタクシー業界を守るための規制が時代遅れになっている可能性があり、Uberのようなサービスを求めている人たちが多いのである。日本でUberが提供されていない理由として、以下のような理屈を言う人がいる。

・運転技術の低い人が移動手段を提供することになり、安全面で不安がある。
・どんな人が運転手か分からない車に乗ることは、セキュリティ面で不安である。
・定められた料金で移動できると言うが、追加料金が発生しないか不安である。

Uberの仕組みを日本で容認しない理由として、「何となく不安だ」という理屈があるようだ。しかしながら、各国で展開されているUberの利用状況を見ると、これらの不安のほとんどは杞憂に終わっているケースがほとんどだ。

なぜかと言うと、Uberの運転手は利用者によって評価されるからだ。時間を守らなかったり、道を知らない運転手の場合、評価が下がっていくため利用者が減っていき、業務を続けるのが難しくなってくる。

日本のタクシーは世界的に見ても評価が高めであるが、中には車内がタバコ臭かったり、遠回りをして料金を稼ごうとする運転手がときどきいたりする。

これらの質がよくないサービスに遭遇した場合、利用者はタクシー会社にクレームをすることができるが、電話をしたりする手間があるため何もしないことがほとんどだろう。

Uberの運転手が同じことをすると、評価制度によってすぐに利用客の減少につながるため、競争原理が機能することになる。このようなタクシー業界が抱える問題の解決策を提供する組織がヨーロッパで登場した。
ラトビアにある「Cryder」である。

営利企業ではないから規制は気にしなくてもよい

Cryderが他のICO企業と違うのは、営利企業ではなくプラットフォームの提供者に徹していることだ。真偽は定かではないが、Cryderはウェブサイトの中で「プラットフォームを提供しているだけであるため、政府による規制の影響を受けない」と説明している。

また、サービスを提供する運転手や利用者は、Cryber側に手数料を支払う必要がないともウェブサイト上で説明されている。さらに、車だけではなく、Cryberでバイクのタクシーサービスも受けられるようだ。

フランスに行くと、バイクのタクシーが結構走っている。私自身、大型自動二輪免許を持っており、以前はバイクで東京から箱根に行ったりしていた。車と比べて渋滞の影響を受けにくいため、バイクのタクシーがあればよいと感じていたが、法規制の理由で日本では難しいようだ。

Cryberの使い方はUberと同じ

Cryberで移動手段を提供する運転手は、利用者との決済をCryderが発行する仮想通貨であるCDTトークンで行うことになる。
CDTトークンは仮想通貨取引所で法定通貨に換金できる予定(具体的な取引所名や期日はなし)だが、保有し続けて上昇益を狙うことも可能であるとCryderは述べている。

Cryderは2018年1月にICOを実施し、およそ4,100万米ドル(約46億円)の資金調達を目指している。Cryberを利用する場合、以下のステップを踏むことになる。

1. 現在地から目的地までを入力し、乗車依頼を送信
2. 近くにいるすべての運転手が依頼を確認し、料金を利用者に提示
3. 利用者は一番条件のよい提示を選択
4. 契約が成立すれば、利用者がCDTトークンを支払い
5. 運転手が利用者をピックアップ
6. 利用者が目的地に到着すれば、運転手はCDTトークンを受領

非常に分かりやすい仕組みであり、基本的にUberの使い方と同じである。Cryberは2018年3月からアルファ版のプラットフォームをリリースすることになっており、ICOから2カ月後という比較的早い段階でサービスを開始するようだ。

私の記事の中で、アルファ版とベータ版という言葉が時折登場し、分かりにくいと感じている人がいるかもしれないため、この2つについて補足しておこう。

アルファ版とは、
「ひとまず仕組みを整えたけど、これから更にブラッシュアップしていくからよろしくね」という感じの状態を意味する。
一方のベータ版は、
「ある程度は完成したんだけど、パーフェクトではないところがあるから問題が起こっても許してね」というレベルの状態だ。

段階としては、アルファ版からベータ版に移り、完成版になっていくというイメージだ。2018年3月にCryberがリリースするプラットフォームはアルファ版であり、「とりあえず仕組みを整えたレベル」と考えた方がよいだろう。

法律アドバイザーは今後増やす

Cryderは営利を目的としないプラットフォームであり、政府の規制を受けることなくタクシーサービスを提供するとしている。しかしながら、ウェブサイトに気になる記述があった。「今後の目標」部分に、「法律アドバイザーは今後増やす」と記載されているのだ。

日本に限らず、タクシー業界は規制がかかっている国が多く、いろいろな意味で利権がうずまく世界でもある。Cryberはまずヨーロッパ、中東、アフリカでビジネスを展開し、その後アジア地域に拡大して、最終的には南北アメリカ大陸に進出する予定のようだ。

CryberはICOで調達した資金の大部分をマーケティングに投入し、宣伝、広告に力を入れるとしている。

ビジネスを世界中に拡大する過程において、各国の法規制も確認するのだろうが、「Cryberは非営利でプラットフォームを提供しているだけだから規制は関係ないよね!」と無邪気に振舞っていると、当局が動き出す可能性があるため注意が必要だ。

トークンを大量発行するから流動性の問題なし

Cryderが発行する仮想通貨であるCDTトークンに関して、ホワイトペーパー16ページ目で流動性について説明が行われている。

「Cryberの利用者が増えれば増えるほど、CDTトークンの価値も上昇し、流動性が高くなっていくと考えているよ。4億CDTトークンを発行する予定にしているから、足りなくなることはないと思うし、心配しなくても大丈夫だよ!」

Cryberは結構面白いプラットフォームだと思うが、コンプライアンス面と流動性に関して一抹の不安を感じた。

コインマン

日本初の仮想通貨評論家「コインマン」として活動する元外資系金融マン。債券ブローカーとしてニューヨークで勤務し、東京では当局対応として金融庁と対峙したリアル半沢直樹。
毎朝4時に起床し、仮想通貨ニュースを執筆する日々を過ごしている。フランスに留学していた親仏家であり、ヨガインストラクターを目指していたヨガマニアでもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする